ジェフ・ダウンズ、エイジア初期を語

この夏、ニュー・ラインナップで、イエスと北米ツアーを行なうエイジアのジェフ・ダウンズが、バンド結成時や初のヒット・シングル「Heart Of The Moment」(1982年)の裏話を語った。
ダウンズは、英国のプログレッシヴ・ロック専門誌『Prog』のインタビューで、「エイジアはもともと5ピースになるはずだった」と話した。「それがレコード会社の希望だった。一時期ジャーニーにいたロバート・フライシュマンをオーディションした。トレヴァー・ラビンも来た。彼は、職にありつけなかったよ。スティーヴ(・ハウ)はセカンド・ギタリストってアイディアは気に入らなかっただろうからね。僕らが、この“もう1人”を探している間、ジョン(・ウェットン)が歌っていて、結局のところ、僕ら、“ジョンは素晴らしいじゃないか。4人のままで行こう”って言い合ったんだ」

ジョン・ウェットン(Vo/B)、スティーヴ・ハウ(G)、カール・パーマー(Ds)、ジェフ・ダウンズ(Key)のラインナップでスタートしたエイジアは1982年にセルフ・タイトルのアルバム『Asia』を発表し全米1位を獲得。「Heart Of The Moment」が全米で最高4位をマークするヒットとなった。

しかし、オープニング・トラックともなった同曲は当初、アルバムに収録するつもりはなかったそうだ。「“Only Time Will Tell”で口火を切るつもりだった。でも、レコード会社から“他にないか?”って言われたんだ。それである朝、ジョンと僕とで“Heart Of The Moment”のアイディアを考えついた。あの曲の骨格は多分2時間くらいで作った」

ダウンズはまた、この曲がヒットしたことで思わぬ問題が浮上したとも明かした。「多くの人たち、マネージメントやレコード会社にとって“金づる”になった。僕らを違う方向へ導こうとしたり、むしり取ろうとする人が現れた」という。

エイジアは、6〜7月にイエス、カール・パーマーズELPレガシー、ムーディ・ブルースのジョン・ロッジと開催する<The Royal Affair>北米ツアーで、ダウンズとパーマーに、ビリー・シャーウッドと元ガンズ・アンド・ローゼズのロン・サールをフィーチャーした新ラインナップでプレイする。一部で創設メンバーのスティーヴ・ハウも参加する。

Ako Suzuki

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。