5月の来日アーティスト おすすめラ
イブ【洋楽】

2019年5月に来日するおすすめの海外アーティストをご紹介します。

PHUM VIPHURIT
バンコク出身シンガーソングライター、プム・ヴィプリット。天性の歌声と爽やかで上質なポップサウンドでアジアのみならず世界でもブレイク中。YouTubeで3700万回もの再生数を誇るヒットシングル「Lover Boy」から1年ぶりとなる新曲を引っさげての来日公演は必見です。
2019年5月8日 (水)
会場:東京 恵比寿 LIQUIDROOM
サポート・アクト:Yogee New Waves
公演ページ
NOEL GALLAGHER’S HIGH FLYING BIRDS
元オアシスのノエル・ギャラガーのソロ・プロジェクト、ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ。2018年には最新アルバム「フー・ビルト・ザ・ムーン?」を携えてサマソニに出演し、史上初めてバンドとソロの両方でフジロックとサマソニのヘッドライナーを務めたアーティストとなったことでも話題を呼びました。今年の単独公演ではさらにパワー・アップしたライヴを見せつけてくれるでしょう。
2019年5月15日(水)
会場:東京 幕張メッセイベントホール
2019年5月16日(木)
会場:愛知 芸術劇場 大ホール
2019年5月17日(金)
会場:大阪 フェスティバルホール
公演ページ
MELVINS
グランジ、メタルをはじめ様々なシーンに多くの影響を与えてきたメルヴィンズ。最新アルバム『Pinkus Abortion Technician』を引っさげて3年半ぶりに来日します。攻撃的かつヘヴィなサウンドをお楽しみに。
2019年5月15日(水)
会場:東京 渋谷CLUB QUATTRO
2019年5月16日(木)
会場:愛知 名古屋 BOTTOM LINE
2019年5月17日(金)
会場:大阪 梅田CLUB QUATTRO
公演ページ
BLACK EARTH
アーチ・エネミーの3rdアルバム「バーニング・ブリッジズ」リリース時のメンバーで構成されたプロジェクト、ブラック・アース。ラウドパーク17にシークレット・アクトとして登場し観客の度肝を抜いたことも記憶に新しい彼らが、「バーニング・ブリッジズ」リリースから20周年を記念してジャパン・ツアーを開催します。メロディック・デス・メタル史に新たな歴史が刻まれる瞬間をお見逃しなく。
2019年5月16日(木)
会場:愛知 名古屋CLUB QUATTRO
2019年5月17日(金)
会場:宮城 仙台RENSA
2019年5月19日(日)
会場:北海道 小樽GOLD STONE
2019年5月21日(火)
会場:東京 渋谷STREAM HALL
2019年5月22日(水)
会場:東京 渋谷CLUB QUATTRO
2019年5月23日(木)
会場:東京 渋谷CLUB QUATTRO
2019年5月25日(土)
会場:熊本 熊本 V1
2019年5月26日(日)
会場:福岡 福岡DRUM LOGOS
2019年5月27日(月)
会場:広島 広島CLUB QUATTRO
2019年5月28日(火)
会場:大阪 梅田CLUB QUATTRO
公演ページ
THE JESUS AND MARY CHAIN
伝説のバンド、ジーザス&メリー・チェイン。轟音フィードバック・ノイズと甘美なメロディの融合で当時のロック・シーンはもちろん、現代のオルタナティヴ・ロックシーン/シューゲイザー・ムーヴメントにも多大なる影響を与え続けている彼らの3年ぶりの来日ツアーに注目です。
2019年5月19日(日)
会場:東京 新木場 STUDIO COAST
2019年5月20日(月)
会場:大阪 Osaka BIG CAT
公演ページ
Kacey Musgraves
今注目のシンガー・ソングライター、ケイシー・マスグレイヴス。第61回グラミー賞にて最多4部門を受賞したアルバム『ゴールデン・アワー』を引っさげ初の単独来日公演を開催します。次世代を代表する歌姫のパフォーマンスをお楽しみに。
2019年5月20日(月)
開催地:東京 LIQUIDROOM
公演ページ
CLEAN BANDIT
イギリス出身エレクトロ・ユニット、クリーン・バンディット。日本文化に影響を受け、デビュー・シングル「ラザー・ビー」はイギリス音楽チャートで初登場1位、4週連続1位を獲得するなど大ヒットを果たし、グラミー賞を受賞。生粋の日本通として知られる彼女達の貴重なジャパン・ツアーは必見です。
2019年5月20日(月)
会場:東京 新木場 STUDIO COAST
2019年5月22日(水)
会場:東京 Zepp Tokyo
2019年5月23日(木)
会場:大阪 Zepp Osaka Bayside
公演ページ
TODD RUNDGREN
プロデューサー兼マルチプレイヤーのトッド・ラングレン。美しく切ないメロディを作り出すメロディメーカーとしてだけでなく、XTCやバッドフィンガー、グランド・ファンク・レイルロードなど数々の有名バンド・アーティストのプロデュースも行っています。音楽経歴50年にわたる彼の集大成となる日本公演をお見逃しなく。
2019年5月22日(水)
会場:東京 すみだトリフォニーホール
2019年5月23日(木)
会場:大阪 NHK大阪ホール
公演ページ
WHY DON’T WE
新世代をリードするボーイズ・グループ、ホワイ・ドント・ウィー。ミュージック・ビデオ総再生回数は2億回越え、インスタフォロワー数は1000万人を突破。日本でも話題となっている彼らの待望のジャパン・ツアーに世界中が注目しています。
2019年5月23日(木)
会場:愛知 Zepp Nagoya
2019年5月24日(金)
会場:大阪 Zepp Osaka Bayside
2019年5月27日(月)
会場:東京 Zepp Tokyo
2019年5月28(火)
会場:東京 Zepp Tokyo
公演ページ
LEON BRIDGES
新世代ソウル・シンガー、リオン・ブリッジズ。レコード会社40社による争奪戦の末デビュー、『SXSW』での「最優秀パフォーマンス賞」や2019年グラミー賞での「最優秀トラディショナルR&Bパフォーマンス賞」を受賞するなど、勢いの止まらない彼の活躍から目が離せません。
2019年5月24日(金)
会場:東京 恵比寿 LIQUIDROOM
公演ページ
ZAZ
現代のフランスを代表する女性シンガー、ザーズ。アルバム・セールスは400万枚以上を記録し、現在世界で最もアルバムが売れているフランス人ミュージシャンの一人に。様々なジャンルをクロス・オーヴァーした待望の新作「エフェ・ミロワール〜心、重ねて〜」を引っさげ、2年ぶりの来日公演を行います。
2019年5月27日(月)
会場:東京 Bunkamuraオーチャードホール
2019年5月28日(火)
会場:東京 Bunkamuraオーチャードホール
2019年5月30日(木)
会場:大阪 NHK大阪ホール
公演ページ
Lauv
最もブレイクが期待される新人、ラウヴ。2017年リリースのシングル「I Like Me Better」が大ヒットし、昨年行われた来日公演も追加公演が急遽決定するほどの大盛況を収めました。現在まで発表した全20曲を網羅した日本独自盤『アイ・メット・ユー・ホエン・アイ・ワズ・18.』もリリースし、さらなるブレイクが期待される彼のジャパン・ツアーをお楽しみに。
2019年5月28日(火)
会場:大阪 Osaka BIG CAT
スペシャル・ゲスト:ビューロー
2019年5月29日(水)
会場:名古屋 Nagoya CLUB QUATTRO
スペシャル・ゲスト:ビューロー
2019年5月30日(木)
会場:東京 マイナビBLITZ 赤坂
スペシャル・ゲスト:ビューロー
公演ページ
TOM MISCH
昨年のサマソニでベストアクトの呼び声も高かった若き才能、トム・ミッシュ。洒脱なサウンドと美声、スタイリッシュなギタープレイ、トラックメイカーとしての非凡な才能で多くのリスナーの注目を引き、昨年4月にリリースされたデビュー・アルバム『Geography』で一気にブレイク。常に時代の先端をいくロンドンにおいて、今一心に期待を集める彼のライブは見逃せません。
2019年5月27日(月)
会場:東京 新木場 STUDIO COAST
2019年5月29日(水)
会場:大阪 松下IMPホール
公演ページ

AndMore!

フェスティバルをテーマにしたWEBマガジン。フェスティバルの最新ニュースや役立つ情報、最新のフェスカルチャーを発信していき、これからのフェス文化をさらに盛り上げてまいります。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着