デイヴ・グロール、ブランディ・カー
ライルとシアトルで路上パフォーマン

フー・ファイターズのフロントマン、デイヴ・グロールとフォーク・シンガーのブランディ・カーライルが週末(4月20日)、米シアトルの街中で即興パフォーマンスを行なった。
カーライルはその前に、グロールとの2ショットをインスタグラムに投稿し、彼と食事を共にしたことを報告。「いまからPike Placeでパフォーマンスするかも」とコメントしていた。

2人はカーライルのギタリストPhil & Tim Hanserothをバックに、15~20分に渡り、ザ・ビートルズの「Let It Be」、フー・ファイターズの「Times Like These」などをプレイしたという。
カーライルによると、彼女はブレイク前、このPike Place Marketでよく路上パフォーマンスしていたそうで、グロールとそれを行なえたのは「私の人生で最もシュールな瞬間の1つ」だったそう。

グロールは2月、長年気になってはいた腕の手術を受けなくてはならず、フー・ファイターズの2公演を延期。来月、その振替公演を開催する。バンドはこの夏、UK/ヨーロッパのフェスティバルに出演する。

Ako Suzuki

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

新着