前作『LAMENT-ラメント-』を
継承した新作
『ALONE/アローン』が完成。
“哀しみ”は、愛と生命力に溢れた
“希望”へ――。

2017年3月のシングル『GAMUSHARA』『WHITE DUST』同時リリース以降モードチェンジを図り、EP連続リリースの3作目『LAMENT-ラメント-』(2018年10月)をもって、遂に一つの到達点に辿り着いたThe THIRTEEN。そんな彼らが、『LAMENT-ラメント-』を継承しながらも、さらにグレードアップしたEP第4弾『ALONE/アローン』を完成させた。前作で描いた“哀しみ”は、今作によって愛と生命力に溢れた“希望”へ。ピアノをフィーチャーし、歌モノに振り切った作品でもある『ALONE/アローン』について、真緒(Vo)と美月(G)にじっくりと話を聞いた。

アンサンブルの響きや空気感のほうを
大事にしたい(真緒)

――前作EP『LAMENT-ラメント-』から約半年ということで、今回もスパンが早いですよね。
真緒:ツアーをやって、従来の曲と合わせてワンマンが構築できた時に、逆にまたこういう曲もできるんじゃないかという更新で曲を作ってきているので、絶えないっちゃ絶えないんですけど、やっぱりスパンは早いので、大変だなというのはありましたね(笑)。

――ただ、『LAMENT-ラメント-』はそれまでと違って、あまりライブを意識した制作ではなかったと言っていましたよね。そういう点で言うと、今回の『ALONE/アローン』はどちら寄りでしょう?
真緒:意識的には『LAMENT-ラメント-』を継承しているほうが強いですかね。EP3作目での自分たちの手応えと、自分が経てきた音楽性の今がこういうことなんだろうなというのが確認できたので、もう一段階肉付けというかグレードアップできたらなという作品が今作かなと思います。
美月:毎回なんですけど、出来上がってこういうインタビューをする時期に、「もう次はないで」って思うんですよ(笑)。

――出し切った感(笑)。
美月:はい(笑)。今、曲を作れと言われても、もう何もないですよという状態になるんですけど、ツアーを回ってライブをやると、不思議とまた出てくるんですよね。そういう意味では、制作の段階ではやりたいことが色々とあって、次から次へとスムーズに進んでいったので、何したらいいんやろかというような苦労はなかったですね。ただ、スパン的には早いしシングルではないので大変でしたけど(笑)。

――今作は、これまでのThe THIRTEENの作品の中で一番すんなり入ってきつつ、大人っぽい作品だなという印象があって。紆余曲折あった今のThe THIRTEENだからこそできた作品だろうなと。
真緒:おっしゃる通りだと思います。

――明るいわけではない

アーティスト

Vif

インタビュー、ライブレポート、アーティストのコメント動画など情報満載! ROCKの総合情報サイトVif