一度聴いたらクセになる!ケツメイシ本気の”お調子者”の威力!

一度聴いたらクセになる!ケツメイシ本気の”お調子者”の威力!

一度聴いたらクセになる!ケツメイシ
本気の”お調子者”の威力!

ケツメイシらしさ全開!

ちょっ!もっかい…!wwww!ウケるーー!
衝撃以外の何物でもありませんでした。カントリーミュージック的なノリで始まるケツメイシの『お調子者で行こう』。
2019年3月から始まったアリーナツアー「荒野をさすらう4人のガンマン」に向け3月20日から配信が開始されたんですが…。やりよる…やってくれました。ケツメはこうこなくっちゃ。
この曲のおすすめポイント?いやいやいや、そんな野暮なこと聞かないでください。
まずはちょっと覗いてみてくださいな。歌詞を読み解いていくだけで、必ず誰でもハマるポイントありますから!
お調子者で行こう
序盤から飛ばしてます。主人公はガンマン(っぽい?)なんですが、とにかくヘタレ。
最初にイメージできたのは、あの方です。稀代のお調子者、高田〇次大先生。テンガロンハットかぶってウェスタンシャツ着て、Tバック一丁で立ってる高田〇次大先生がチラッチラ出てくるんです。(失笑)
どうです?もう、そのものでしょ?冒頭からRYOの軽快なラップで飛ばします♪
このガンマン、一応悪党退治はしてるみたいです。「リアクション重視」で…。たしかに、やってる感出すの大事ですよね。(?)
RYOJIのラップも必聴!
ここの部分は、聴く人の解釈でいいと思うんです。あえて言うなら、”大人の解釈”でしょうね…。(失笑) ここまではRYOJIが担当してます♪
サビの部分♪盛り上げ担当の太蔵のパートです♪急に「Rolling Rolling,Take it eazy & go!」とかカッコイイ英語入ってきます。
2番の頭、ここでラップの担当がRYOJIに変わります♪
ひいきする訳じゃないですが、RYOJIの声に変わると「お、ここから良い事言うのかな?」とか思っちゃうんです。
違いましたね。RYOJIがラップしたってダメなものはダメ…いや!ダメじゃないです(笑)
結局ね~RYOJIガンマンも「ヒーロー気取り」でした。
馬じゃなくてロバに乗る!?
ここからまたRYOのパート…ロバ乗っちゃってます。
小柄なRYOがロバにまたがっている画が想像できちゃって自分でもコワイんです。これが似合っちゃってるからまたコワイ!
これじゃいかんと馬に乗ろうと思案するも、やっぱり勇気が出ず。よっしゃ!それならとポニーの横へ行ってみたRYOガンマン。
腕組みして散々考えたあげく、やっぱり馬はコワイからやめるっていう一連の流れ…。
…の後、考えるのもやめてしまったRYOガンマン。
テキーラかバーボンか…とにかくショットでガンガンやりまくって、とうとう脱いじゃうってオチ。(失笑)
さりげなーく「裸のガンマン」ってワードをぶち込んでくるところがケツメのおもしろポイントです。
この後はサビが4回繰り返されて終わります♪
最後まで「探しものを探して」笑いを誘い…じゃなく、さすらうんですね。
真面目にケツメイシを語ってみる
ここでちょっと真面目に「ケツメイシ」というグループを語ってみましょう。ケツメイシをあまり知らないという方でも、『さくら』の存在はご存知ではないでしょうか?
おじさんでも親しみやすくカラオケで口ずさめ、ラップ部分で失速する。でもやっぱり春になると必ずほろ酔い気分で歌いたくなってしまうのが『さくら』です。
そしてそして!夏といえばビール…からのケツメイシです♪『はじまりの合図』や『よる☆かぜ』、『夏の思い出』なんかは枝豆に並ぶビールのお供といえます♪
RYOJIが優しく切ないヴォーカルで歌い、高音・高速ラップのRYOや低音の魅力の太蔵が盛り上げる!DJ KOHNOがきっちりまとめて最高のケツメイシが出来上がるんですね~♪
今回ご紹介したのは『お調子者で行こう』のような愉快な楽曲ですが、「涙」できるような楽曲もたくさんあります♪
今からでも遅くありません!この夏は「はじまりの予感」してみませんか?
●ケツメイシ「2018ライブダイジェスト」

TEXT 時雨

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen