ザ・ローリング・ストーンズ、最新ベ
ストを記念したポップアップ・ショッ
プ開催

(c)Kevin Westenberg

ザ・ローリング・ストーンズのベスト・アルバム『HONK』の発売を記念したポップアップ・ショップが、4月19日(金)から26日(金)まで東京・六本木ヒルズにて開催される。
『HONK』は36曲入りのベスト・アルバムで、「ブラウン・シュガー」「ダイスをころがせ」「悲しみのアンジー」「イッツ・オンリー・ロックン・ロール」「愚か者の涙」「ミス・ユー」「エモーショナル・レスキュー」「スタート・ミー・アップ」などのトップ10ヒットから、2012年のシングル「ドゥーム・アンド・グルーム」や2016年の最新スタジオ・アルバム『ブルー&ロンサム』に収録のナンバーまでを網羅。デラックス・エディションには近年のツアーからのライブ音源がボーナス収録され、デイヴ・グロールやブラッド・ペイズリー、フローレンス・ウェルチ、エド・シーランとの共演の様子も聴くことができる。
▲ベスト・アルバム『HONK』
リリースに合わせて六本木に登場するポップアップ・ショップでは、『HONK』のCDやLPに加えて、同作のアートワークを使用したTシャツやトートバッグ、“リップス&タン”のキャップやポーチなど、多数のストーンズ関連アイテムが展開されるということだ。
▲『HONK』ポップアップ・ショップ イメージ

また、東京・五反田で開催中の<Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展>でも4月19日(金)より、会場限定商品として『HONK』公式Tシャツおよびトートバッグのライト・ブルー・バージョンの販売が決定。会場でアルバムを購入すると先着でクリアファイルがもらえる限定特典企画も実施される。
▲<Exhibitionism>会場限定カラー『HONK』Tシャツ
▲<Exhibitionism>会場限定カラー『HONK』トートバッグ
▲『HONK』先着購入特典:<Exhibitionism>会場限定クリアファイル

このほか、Instagramでは新たにストーンズの日本レーベル公式アカウントがオープンしている。同アカウントからは今後、リリース情報や<Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展>の最新情報、グッズやファッション、バンドの歴史等についても発信していく予定とのことなのであわせてチェックしておこう。

<ザ・ローリング・ストーンズ『HONK』ポップアップ・ショップ>

開催期間:2019年4月19日(金) 〜 4月26日(金)
場所:東京・六本木ヒルズ 『POP UP SANDZ』
営業時間:11:00-21:00
詳細:http://popup-sandz.tokyo/


ベスト・アルバム『HONK』

2019年4月19日(金)発売
2CD、3CD、3LP、4LP(UNIVERSAL MUSIC STORE限定デラックス)での発売
https://lnk.to/RollingStonesBESTPR

(1) 2CD
UICY-15816/7 ¥3,600+税
※解説付/歌詞対訳付
※日本盤のみSHM-CD仕様

(2)3CDデラックス
UICY-78934/6 ¥4,600円+税
※解説付/歌詞対訳付
※日本盤のみSHM-CD仕様

(3)3LP
UIJY-75112/4 ¥5,700+税
※直輸入盤仕様
※解説付/歌詞対訳付

(4)4LP UNIVERSAL MUSIC STORE限定デラックス
PDCT-5003/6 ¥12,000+税
※解説付/歌詞対訳付
※カラー・ヴィニール
https://store.universal-music.co.jp/product/pdct5003

(5) iTunes
通常:
https://itunes.apple.com/jp/album/1454647478?app=itunes&at=10I3LI
デラックス:
https://itunes.apple.com/jp/album/1454659949?app=itunes&at=10I3LI

収録曲:
CD1
01.スタート・ミー・アップ (H)
02.ブラウン・シュガー (A)
03.ロックス・オフ (B)
04.ミス・ユー (F)
05.ダイスをころがせ (B)
06.ジャスト・ユア・フール (Q)
07.ワイルド・ホース (A)
08.愚か者の涙 (E)
09.悲しみのアンジー (c)
10.ビースト・オブ・バーデン (F)
11.ホット・スタッフ (E)
12.イッツ・オンリー・ロックン・ロール (D)
13.ロック・アンド・ア・ハード・プレイス (K)
14.ドゥーム・アンド・グルーム (P)
15.ラヴ・イズ・ストロング (L)
16.ミックスト・エモーションズ (K)
17.ドント・ストップ (N)
18.ライド・エム・オン・ダウン (Q)

CD2
01.ビッチ (A)
02.ハーレム・シャッフル (J)
03.ヘイト・トゥ・シー・ユー・ゴー (Q)
04.ラフ・ジャスティス (O)
05.ハッピー (B)
06.ドゥー・ドゥー・ドゥー…(ハートブレイカー) (c)
07.ワン・モア・ショット (P)
08.リスペクタブル (F)
09.ユー・ガット・ミー・ロッキング (L)
10.レイン・フォール・ダウン (O)
11.ダンシング・ウィズ・ミスターD (c)
12.アンダーカヴァー・オブ・ザ・ナイト (I)
13.エモーショナル・レスキュー (G)
14.友を待つ (H)
15.セイント・オブ・ミー (M)
16.アウト・オブ・コントロール (M)
17.ストリーツ・オブ・ラヴ (O)
18.アウト・オブ・ティアーズ (L)

CD3
01.一人ぼっちの世界
- ライヴ・アット・プリンシパリティ・スタジアム/カーディフ 2018/6/15
02.ダンシング・ウィズ・ミスターD
- ライヴ・アット・ヘルレドーム/アーネム(オランダ) 2017/10/15
03.ビースト・オブ・バーデン with エド・シーラン
- ライヴ・アット・アローヘッド・スタジアム/カンサス 2015/6/27
04.シーズ・ア・レインボー
- ライヴ・アット・Uアリーナ/パリ 2017/10/25
05.ワイルド・ホース with フローレンス・ウェルチ
- ライヴ・アット・ロンドン・スタジアム 2018/5/18
06.夜をぶっとばせ!
- ライヴ・アット・マンチェスター・イブニング・ニュース・アリーナ 2018/6/5
07.デッド・フラワーズ with ブラッド・ペイズリー
- ライヴ・アット・ウェルズ・ファーゴ・センター/フィラデルフィア 2013/6/18
08.シャイン・ア・ライト(ライトを照らせ)
- ライヴ・アット・アレナ/アムステルダム 2017/9/30
09.アンダー・マイ・サム
- ライヴ・アット・ロンドン・スタジアム 2018/5/22
10.ビッチ with デイヴ・グロール
- ライヴ・アット・ザ・ホンダ・センター/アナハイム 2013/5/18

CD1、CD2収録曲の収録アルバム
(A)・・・アルバム『スティッキー・フィンガーズ』(1971)より
(B)・・・アルバム『メイン・ストリートのならず者』(1972)より
(c)・・・アルバム『山羊の頭のスープ』(1973)より
(D)・・・アルバム『イッツ・オンリー・ロックン・ロール』(1974)より
(E)・・・アルバム『ブラック・アンド・ブルー』(1976)より
(F)・・・アルバム『女たち』(1978)より
(G)・・・アルバム『エモーショナル・レスキュー』(1980)より
(H)・・・アルバム『刺青の男』(1981)より
(I)・・・アルバム『アンダーカヴァー』(1983)より
(J)・・・アルバム『ダーティ・ワーク』(1986)より
(K)・・・アルバム『スティール・ホイールズ』(1989)より
(L)・・・アルバム『ヴードゥー・ラウンジ』(1994)より
(M)・・・アルバム『ブリッジズ・トゥ・バビロン』(1997)より
(N)・・・アルバム『FORTY LICKS』(2002)より
(O)・・・アルバム『ア・ビガー・バン』(2005)より
(P)・・・アルバム『GRRR!~グレイテスト・ヒッツ1962ー2012』(2012)より
(Q)・・・アルバム『ブルー&ロンサム』(2016)より


<Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展 delivered by DHL / official Japan sponsor 才能発掘アプリ Fairchance>

開催会場:東京・TOC五反田メッセ
開催期間:2019年3月15日(金)~5月6日(月・振休)
【平日・土・祝前日】11:00~20:00 *最終入館時間19:30まで
【日・祝日】11:00~18:00 *最終入館時間17:30まで
※会場内展示物の撮影可能(フラッシュのご使用はご遠慮ください)
※2019年4月28日(日)~30日(火)の3日間、平成生まれの方は終日入場無料。必ず身分証明書をお持ちください。
チケット:ローソンチケット、ぴあ、イープラス、会場(一部券種を除く)にて発売
[問]0570-063-050(受付時間10:00-20:00)

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着