『劇場版シティーハンター』興行収入
15億円突破!! 聖地化した新宿でまだ
まだ上映中

公開から2ヵ月以上経った現在もロングラン上映が続いている『劇場版シティーハンター 』は、2/8(金)~4/14(日)の66日間で観客動員数105万人、興行収入15億円を突破したことが明らかになった(動員 1,058,102人 興行収入 1,502,665,440円 ※4/14現在)。
作品のヒットと新宿エリアを中心としたプロモーションで新宿が聖地化し、全国からファンが押し寄せているという。劇中でもその外観が登場し、入口前でアクションシーンが展開されるTOHOシネマズ新宿はファンの間でまさに聖地となり、1館での興行収入が動員62,126人 興収102,853,760円と1億円を超え、全国251館での封切で興収占有率6.8%(※4/14現在)という突出した動員を誇り、現在もロングラン上映中だ。
15億円突破のニュースを受けて、冴羽役・神谷明は
「劇場版シティーハンター は、まずこの作品を蘇らせようとご尽力された方々そして、作品が大好きなスタッフの熱い思いによって生み出されました。
さらに長年この作品を待ち望み、何度も劇場に足を運び支えてくださったお客様が続き、作品を知らない新しいお客様も続いてくださいました。その"シティーハンター愛"の連鎖が大きな結晶となりました。私の夢がいくつも叶いました。本当に嬉しいです。これほど魅力的な作品に携われたことを心から感謝するとともに、この喜びを全てのスタッフ、お客様とともに分かち合いたいと思います。ありがとうございました」
とコメントを寄せている。さらに、原作者である北条司は
「公開1週目はファンだけでも駆けつけてくれたら嬉しいなと思っていましたが、まさかのトップ10入りやら、2ヶ月超えのロングランやら、あらゆる意味で予想を裏切ってくれて嬉しい悲鳴をあげてます、うひょ~(笑) 初めて観てくれた皆さん、何回も来てくれた皆さん、ありがとうございました!!」
とコメントし、改めてファンへの感謝の意を表した。
まだ興行利益が伸びそうな勢いもあり、今後も注目していきたい。
『劇場版シティーハンター 』は現在、上映中。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。