『ボヘミアン・ラプソディ』、世界興
行収益9億ドル突破。日本は国別で第
2位

昨年秋公開されたクイーン/フレディ・マーキュリーのバイオグラフィ映画『ボヘミアン・ラプソディ』の世界的なチケットの売り上げが日曜日(4月14日)、総額9億ドル(約1,008億円)を突破した。
『Box Office Mojo』によると、2億ドル以上がアメリカでの興行収益で、日本が1億1,465万ドル以上(4月7日時点)と国別では2番目に大きな収益を上げたという。アメリカを除き1億ドルを超えた国は日本のみ。クイーンの祖国UKでは7,157万ドルで、韓国(7,615万ドル)に次ぎ4位だった。

映画は3月後半より中国で劇場公開されており、10億ドルを突破する可能性は高いと見られている。中国では初週618万ドルをマーク。公開2週で1,340万ドルに達した。

『ボヘミアン・ラプソディ』は、フレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレックがアカデミー賞、ゴールデングローブ賞、英国アカデミー賞など主要映画賞で主演男優賞に輝いた。クイーン+アダム・ランバートのパフォーマンスがオープニングを飾ったアカデミー賞では、このほか編集賞、録音賞、音響編集賞を受賞した。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。