爆音アワー

爆音アワー

いい音爆音アワー vol.101 「坂本龍
一♪特集(後編)」

いい音爆音アワー vol.101 坂本龍一♪特集(後編)
2019年4月10日(水)@風知空知
坂本龍一特集の後編でございます。
彼くらいになると、猛烈に熱心で異様に詳しいファンが数多くいるようで、私のような中途半端な愛好家が適当なことを言おうものなら、八方から非難の矢が飛んできそう(インディ・ジョーンズ第1作冒頭の、洞窟で黄金像を手に入れた直後のシーンを思い出す)ですが、……前編のときにも書いたように、

(1)繰り返しに耐えるメロディを作らせたらピカイチ
(2)構成音のひとつひとつに説得力がある
(3)ストリングスのアレンジがいい、音もいい

これが教授の三大才能だと思っていまして、それに則して選曲をしております。
ざっくり言ってしまいますと、80年代中後期の彼の仕事がいちばん好きだなぁ。『音楽図鑑』や『未来派野郎』の数曲は、30年経っても古くならないし、まったく飽きません。永遠に不滅なポップミュージックの金字塔だと思います。

福岡智彦 (いい音研究所)

セットリスト坂本龍一ヒストリー(前編からの続き)

1983年3月、YMOのシングル「君に、胸キュン。」リリース。カネボウ化粧品のキャンペーンソング。オリコン2位。
 同年、大島渚監督映画「戦場のメリークリスマス」(5月28日公開)にヨノイ大尉役で出演、デヴィッド・ボウイビートたけしと共演。
 同年5月1日、OSTアルバム『戦場のメリークリスマス』リリース。英国アカデミー賞作曲賞受賞。
 同年5月24日、YMO、6th アルバム『浮気なぼくら』リリース。
 同年10月、YMO、”散解”を発表。
YMO「邂逅 (KAI-KOH)」
この頃から多用されるノイズっぽいアナログシンセ(プロフェット5?)の音が好き♪
∨6th アルバム『浮気なぼくら (NAUGHTY BOYS)』(1983年5月24日発売)収録
作詞・作曲:坂本龍一//編曲・プロデュース:Y.M.O.
レーベル:¥EN(アルファレコード)
アルバムはオリコン1位
1983年12月10日、アルバム『Coda』リリース。
 同年12月14日、YMO、7th & 散開記念アルバム『SERVICE』リリース。
YMO「Perspective」
「繰り返しに耐えるメロディ」の歌モノですね。
∨7th アルバム『SERVICE』(1983年12月14日発売)収録
作詞:坂本龍一、ピーター・バラカン/作曲:坂本龍一//編曲・プロデュース:YMO
レーベル:Y.M.O.(アルファレコード)
アルバムはオリコン5位

高橋幸宏が、当時パーソナリティを担当していたラジオ番組「オールナイトニッポン」のレギュラーだった、三宅裕司率いる”S.E.T.(スーパー・エキセントリック・シアター)”とのコラボレーション・アルバムを作ることを細野に持ちかけ、散開記念アルバムとしてリリースすることとなった。
・坂本自身が「YMOフェイバリット」としてこの曲を挙げている。



1984年8月、MIDIレコード設立。坂本は「School」レーベルを立ち上げる。大貫妙子、EPO、鈴木さえ子が在籍していた「Dear heart」(元RVC)が合流。
 同年10月24日、Schoolより、4th アルバム『音楽図鑑』リリース。
坂本龍一「TIBETAN DANCE」
メロディが5小節で一回りってところが、なんともおおらかでチベタンな感じですな。
∨作曲・プロデュース:坂本龍一
4th アルバム『音楽図鑑』(1984年10月24日発売)収録
レーベル:School(MIDI)
アルバムはオリコン5位

・drums: 高橋幸宏/bass: 細野晴臣/guitar: 大村憲司
・Schoolレーベル第1弾。
・アルバム・レコーディングは1982年10月24日開始。1年8ヶ月を要した。
・LPレコードA面(「SELF PORTRAIT」まで)がYMO散開以前にレコーディングされたもの、B面(「旅の極北」以降)がそれ以降にレコーディングされたもの。
・ジャケットデザイン:奥村靫正(アイデアは立花ハジメ?)/写真:伊島薫
坂本龍一「PARADISE LOST
「繰り返しに耐えるメロディ」の最高峰だと、私は思う♪
∨作詞:坂本龍一、ピーター・バラカン/作曲・プロデュース:坂本龍一
4th アルバム『音楽図鑑』(1984年10月24日発売)収録

・steel drum: ヤン富田/trumpet: 近藤等則/e-guitar: 山下達郎
・同時期に隣のスタジオで竹内まりやがアルバム『VARIETY』のレコーディングをしていた。
坂本龍一 featuring Thomas Dolby「FIELD WORK (LON)」
この時点でトーマス・ドルビーとは、ほんとワールドワイドな人ですね。
∨シングル(1985年2月21日発売) B面は「FIELD WORK (TYO)」
作詞・作曲:坂本龍一、Thomas Dolby/プロデュース:坂本龍一
レーベル:School(MIDI)

・トーマス・ドルビーによるロンドン・ミックス
Thomas Dolby:1958年10月14日、ロンドン生まれ。
1982年3月、1st アルバム『光と物体 (The Golden Age of Wireless)』リリース。続いてリリースされたシングル「She Blinded Me with Science(彼女はサイエンス)」に、""Good heavens, Miss Sakamoto, you're beautiful!""というセリフがある。
坂本龍一「Steppin' into Asia」
タイ語のラップをやっているのは日本人。いい味出してる。
∨シングル(1985年9月5日発売)
作詞:矢野顕子/作曲・プロデュース:坂本龍一
レーベル:School(MIDI)

・タイ語ラップは浅野智子。坂本の「サウンドストリート」にデモテープを送ってきたひとり。当時学生。中身はタイの昔話。
・サビvocal:矢野顕子/bass: 細野晴臣
・フジテレビの秋のキャンペーンソングとして使用された。



1985年10月5日、5th アルバム『エスペラント』リリース。
1986年3月18日、「サウンドストリート」のパーソナリティ、担当終了(5年間)。
坂本龍一「両眼微笑」
ほのぼのポップ。なんでこのタイトルになったのだろう?
∨企画アルバム『DEMO TAPE-1』(1986年4月21日発売)収録
作曲・プロデュース:坂本龍一
レーベル:MIDI

・坂本「サウンドストリート」の2代目テーマ曲。
・「サウンドストリート」の「デモテープ特集」に寄せられた音源の中から優秀曲を選んで収録したアルバム(プロデュース:坂本龍一・矢野顕子)
・アルバムには槇原敬之C.M.C.)「Half」、鄭東和「Old Good Day's Workers」「Cry」、収録
・アルバムのジャケットデザイン:テイトウワ

1986年4月21日、6th アルバム『未来派野郎』リリース。
1986年6月、初のソロ・コンサート「メディア・バーン」を全国24カ所(28公演)で行う。その模様を収録したライブ・アルバム『Media Bahn Live』を9月21日にリリース。
坂本龍一「黄土高原」
「構成音のひとつひとつに説得力がある」曲の代表その1。
∨6th アルバム『未来派野郎』(1986年4月21日発売)収録
作曲・プロデュース:坂本龍一
レーベル:School(MIDI)
アルバムはオリコン5位

・back ground vocals:吉田美奈子
・アルバムタイトルの「未来派」は20世紀初頭イタリアを中心に起こった芸術運動から取られている。
・アルバムは制作に7ヶ月を要した。
・アルバムのレコーディングに入る前に、坂本はレッド・ツェッペリンの全アルバムを聴き直したという。
坂本龍一「G.T.」
「構成音のひとつひとつに説得力がある」曲の代表その2。
∨シングル(1986年3月21日発売)
6th アルバム『未来派野郎』(1986年4月21日発売)収録
作詞:ピーター・バラカン/日本語原詞:矢野顕子/作曲・プロデュース:坂本龍一

・vocal: Bernard Fowler/e-guitar: 窪田晴男/b.g. vocal: 吉田美奈子
坂本龍一「NEO GEO」
教授の沖縄シリーズ。でもバリのケチャ入り。
∨7th アルバム『NEO GEO』(1987年7月1日発売)収録
作曲:Traditionnal, 坂本龍一, Bill Laswell/プロデュース:Bill Laswell & 坂本龍一
レーベル:TERRAPIN(CBSソニー)
アルバムはオリコン8位

・沖縄民謡「耳切り坊主(みみちりぼーず)」にロックを融合した。ケチャは坂本自身がバリ島で録音してきたもの
・「TERRAPIN」はスッポンの意味。ビル・ラズウェル主宰で、アジアの音楽とロック感覚の融合を目指すレーベルとして設立された。本作は第1弾作品。



1987年11月、ベルナルド・ベルトルッチ監督・脚本による映画『ラストエンペラー』公開。坂本は甘粕正彦満映理事長役で俳優として出演し、音楽をデヴィッド・バーン、蘇聡 (Su Cong/コン・スー)とともに担当。これにより87年度第60回アカデミー賞作曲、第45回ゴールデングローブ作曲賞を日本人で初めて受賞(映画はアカデミー賞において作品賞はじめ、9部門で受賞、ゴールデングローブ賞は4部門受賞)
1988年1月21日、OSTアルバム『The Last Emperor』リリース。
坂本龍一「First Coronation(戴冠式)」
ストリングス編曲のすばらしさを存分に見せつけてくれました♪
∨OST アルバム『The Last Emperor』(1988年1月21日発売)収録
作曲・プロデュース:坂本龍一
レーベル:Virgin

・mix: Steve Nye/additional arrangement: 上野耕路、野見祐二
坂本龍一「Where Is Armo?」
映画の壮大さ&アジア感にピッタリでした♪
∨OST アルバム『The Last Emperor』(1988年1月21日発売)収録
作曲・プロデュース:坂本龍一
レーベル:Virgin

1989年、ヴァージン・レコードに移籍。
 同年11月21日、8th アルバム『BEAUTY』リリース。
坂本龍一「安里屋ユンタ」
教授の沖縄シリーズ。でもユッスーの歌入り。
∨8th アルバム『BEAUTY』(1989年11月21日発売)収録
作詞:星克/作曲:宮良長包/編曲・プロデュース:坂本龍一
レーベル:Virgin Japan
アルバムはオリコン14位

・vocal: 古謝美佐子、我如古より子、玉城一美、Arto Lindsay、Youssou N’Dour、坂本龍一
・ヴァージン移籍第1弾
・”ユンタ(結歌)”は労働歌の一種。田植え歌。
・元々は八重山諸島の竹富島に伝わる古謡。これに、三線で節をつけたのが「安里屋節」。それを元に、1934年に星克作詞、宮良長包作曲でレコード化された。「新安里屋ユンタ」とも呼ばれる。



1990年4月、拠点をニューヨークに移す。
1990年、ベルナルド・ベルトルッチ監督映画「The Sheltering Sky」(12月公開)の音楽制作。ゴールデングローブ・作曲賞を受賞。翌91年にOST アルバムThe Sheltering Sky Soundtrack』をリリース。
1991年10月21日、9th アルバム『Heartbeat』リリース。
1992年、バルセロナオリンピック開会式の音楽を作曲&オーケストラ指揮。
1993年2月、YMO「再生」(再結成)を発表。
 同年5月25日、プロデュースを担当した”Aztec Camera”のアルバム『Dreamland』リリース。
 同年5月26日、東芝EMIより、アルバム『テクノドン』をリリース。6月10、11日、東京ドームにて公演。それを収録したアルバム『テクノドン・ライヴ』を8月25日にリリース。
 同年、ベルナルド・ベルトルッチ監督映画「Little Buddha」(12月公開)の音楽制作。翌94年4月6日にOSTアルバム『Little Buddha Soundtrack』をリリース。
1994年、日本国内はフォーライフ・レコードに移籍し、「güt(グート)」レーベルを設立。海外はエレクトラと契約。
 同年6月17日、10th アルバム『Sweet Revenge』リリース。
 同年、お笑いコンビ”ダウンタウン”を中心に、テイ・トウワ、富家哲と”GEISHA GIRLS”を結成。翌年にかけて活動。
坂本龍一「Sweet Revenge」
これをボツにしたベルトルッチ監督とは。
∨9th アルバム『Sweet Revenge』(1994年6月17日発売)収録
作曲・プロデュース:坂本龍一
レーベル:güt(フォーライフ)
アルバムはオリコン7位

・strings指揮:David Nadien ニューヨーク交響楽団の首席ヴァイオリニストだった。坂本は彼が弾く最初の音を聴いただけで腰を抜かしたと言う。
・元はベルナルド・ベルトルッチの映画「リトル・ブッダ」エンディング・スタッフロールのために書いた曲だった。制作中のタイトルは「L.B.」だった。最初別の曲を渡すと「もっと悲しい曲に」と言われ、この曲を書いて聴かせるが「もっと悲しく!」と再びボツに。ところが3回目に持っていった曲は「悲しすぎる、希望がない」と言われ、「希望」のことは聞いてないと激怒。結局5回目でやっとOKが出た。この曲をこのアルバムに収録する際。監督への復讐という意味を込めてこのタイトルにし、アルバムまで同タイトルとした。

1995年10月20日、10th アルバム『Smoochy』リリース。
1997年7月2日、アルバム『DISCORD』リリース。
1998年、国内はワーナーミュージック・ジャパン、海外はSONY CLASSICALに移籍。
 同年11月26日、アルバム『BTTB』リリース。
1999年、製薬会社三共(現:第一三共ヘルスケア)リゲインのCMに用いられたピアノソロ曲「エナジー・フロー」を収録したマキシシングル「ウラBTTB」(5月26日発売)がミリオンセラーとなり、インストゥルメンタルとしては初のオリコンチャート1位を記録。
坂本龍一「energy flow」
何も考えずに5分くらいで作った曲が自身最大のヒットに。
∨マキシシングル「ウラBTTB」(1999年5月26日発売)
作曲・プロデュース:坂本龍一
レーベル:ワーナーミュージック・ジャパン
オリコン4週連続1位、年間4位

・インストゥルメンタルとしては初のオリコンチャート1位を記録。
・オリコン調べでは累計155万枚の売上。
・本作が”癒し系”ブームを引き起こし、翌年、癒し系アルバム『〜the most relaxing〜 feel』、『image』がミリオンセラーとなった。
・本人曰く、「何も考えずに5分くらいで作った曲で、なぜ売れたのかさっぱりわからない」とのこと。



2001年、TBS50周年特別企画番組「地雷ZERO 21世紀最初の祈り」に出演。同番組と連動して、親交の深い国内外のアーティスト達に呼びかけ、”N.M.L. (NO MORE LANDMINE)“を結成し、地雷除去のためのチャリティーソング「ZERO LANDMINE」を制作、4月25日にリリース。18分という長さにも関わらず、オリコンシングルチャートで1位を獲得した(史上最長の1位曲)。
 同年、ボサノヴァトリオ”Morelembaum2 / Sakamoto”を結成し、アルバム『Casa』をリリース。この活動が評価され、翌02年、ブラジル政府より国家勲章を授与された。
2004年2月25日、アルバム『Chasm』リリース。
2006年11月6日、エイベックスと新レーベル「commmons」を共同設立。
 同年、矢野顕子と離婚。
2007年2月、キリンラガービールのCMにYMOとして出演。合わせて「RYDEEN 79 / 07」をリリース。
 同年5月19日、”Human Audio Sponge (HAS)”としてチャリティーライブを行う。
 同年7月7日、地球温暖化防止活動を応援する世界規模のチャリティー・コンサート「Live Earth」の京都・東寺会場にYMOとして出演。
 同年8月22日、”HASYMO(ハシモ)”名義で新曲「RESCUE」をリリース。
2009年3月4日、アルバム『Out of Noise』リリース。
2010年11月10日、”大貫妙子&坂本龍一”名義でアルバム『UTAU』リリース。
2014年7月10日、中咽頭癌であること、コンサート活動などを中止することを発表。
2015年、映画「母と暮せば」(監督:山田洋次/主演:吉永小百合 12月12日公開)の音楽制作で活動再開。本作で第70回毎日映画コンクール・音楽賞を受賞。12月9日、OSTアルバム『「母と暮せば」オリジナル・サウンドトラック』リリース。
2017年3月29日、アルバム『async』リリース。
大貫妙子「Espoir」
このストリングスははっきり言って最高です♪
∨19th アルバム『Ensemble』(2000年6月21日発売)収録
作詞・作曲:大貫妙子/編曲・オーケストレーション・指揮:坂本龍一
レーベル:East World(東芝EMI)


次回の爆音アワーは・・・

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」