【ライヴレポート】ALICE IN MENSWE
AR、michi.とKOJIが「明るい未来が見
えた」

michi.(S.Q.F / MASCHERA)とKOJI(ALvino / La'cryma Christi)によって結成されたALICE IN MENSWEARのFirst Live<Wonderland For The Lost Children>が4月12日(金)新宿ReNYで開催された。先ごろ公開した速報に続き、新たな写真も追加した詳細レポートをお届けしたい。
場内ではステージ上のスクリーンに映し出された、針が逆回転するファンタジックな時計が出迎え、早くも不思議な世界へと迷い込んだよう。そしてフロアには、michi.とKOJIの2人によってどんなケミストリーが生まれ、私たちをどんな世界に連れて行ってくれるのか──期待に胸を膨らませた大勢のファン。アリスが白ウサギを追いかけて不思議の国の穴に落ちたように、イマジネーションを掻き立てるオープニングSEがALICE IN MENSWEARの世界へと誘う。
そこへスチームパンクな衣装で登場したmichi.とKOJI。まさしく童話の中から飛び出したような、長身で美形の王子様系2人の圧倒的な存在感に目を奪われる中、5月15日にリリースされる1stアルバム『Wonderland For The Lost Children』の1曲目「Lost Child」から演奏をスタート。メロウな浮遊感を帯びた幻想的なサウンドと、michi.の伸びやかで透明感ある歌声が会場を包み、さらに深い音の穴へと引き込んでいく。スクリーンにはリリックビデオが流れ、ALICE IN MENSWEARの始まりへの想いを視覚的にも伝えた。

雰囲気は一転、場内はミラーボールが回るきらびやかなダンスフロアと化し、ダンサブルなロックチューン「PILL≠GRiMM」へ。エロティックな歌詞を艶っぽくも小気味よく歌うmichi.。それまで少し様子見していたファンも、その躍動感あふれるサウンドに身を任せて揺らす姿を見て、うれしそうにニコリと笑うKOJI。本能に根差した愛の欲望を描いた「capture -捕食者-」でさらに艶めかしい世界をみせた。
「みんな久しぶり。俺たちの可愛い“alicies-アリシーズ-”ちゃん。新宿ワンダーランドへようこそ。今夜は最後までたっぷり、腰が抜けるまで一緒に楽しみましょう」とmichi.が挨拶し、ビート感の効いた攻撃的な「ワルプルギスの夜」へ。静と動が混在した「GARDEN」では手扇子が自然発生するほどキャッチーなサビでファンを心を掴み、michi.特有の言葉選びで素直な想いが綴られた「天声」は、哀愁を帯びた美しい旋律に乗せて届けられた。

また、「オートマタ -鋼鉄少女A-」ではシューっと音を立てて蒸気が噴き出し、機械音のようなギターが鳴り響くアングラな音世界の中、捲し立てるように言葉を発するmichi.。密室工場で鋼鉄少女が誕生する様を、息を呑むほどの緊迫感を持って表現した。KOJIのギターインストによる「-instrumental-」から、エレクトリックシタールのオリエンタルな雰囲気で始まる「GEARS OF DESTINY」へ。出口の見えない宇宙のトンネルを光のスピードで駆け抜けるような疾走感で聴かせた。そうして物語が展開するように、曲ごとに様々な世界が描かれていった。それは単なる夢物語ではなく、観る者のロマンティシズムやエロティシズムを刺激し、また、それぞれの人生や日常ともリンクする歌詞もある。だからこそALICE IN MENSWEARワールドにどっぷりと浸れる楽しさや魅力に溢れていた。
「こうやって素敵な相棒と一緒にALICE IN MENSWEARをやることになりました。楽しんでもらえたかな? 君たちを骨抜きにさせる作品をたくさん届けたいと思います。これからもよろしく」と言って、本編ラストは2人の心境と共にファンへの想いを綴った「ALFHEIM」で飾った。

アンコールに応え、ステージに再登場した彼ら。「奇遇にも運命的な再開を果たし、こうやって一緒にステージに立つ運びになりました。この日を選んだのは、俺を地獄の底から引き上げてくれたKOJIのハッピーバースデーだから」と言うと、大きな拍手と「おめでとう!」の声が飛び交う。「地獄の底からと言ったのはあくまでも例えね(笑)」とmichi.が言葉を加えると、「俺は引っ張り上げたつもりはないし、共に歩いていこうっていうつもりでいるんだけど。気持ちが落ちてる時に俺とmichi.の描いた未来は、ALICE IN MENSWEARでした。明るい未来が見えたから。michi.の存在に心から感謝しています」とKOJI。さらに、「誕生日に、ここにいるみんなとこんなに素敵な夜を過ごせていることが本当に幸せです。ありがとう」とファンへ感謝の気持ちを伝えた。
そして特に思い入れがあるという、1曲目に演奏した「Lost Child」、アッパーなダンスチューン「PiLL≠GRiMM」の2曲を再び披露。笑顔で2人がステージを去った後、スクリーンにて<ALICE IN MENSWEAR COUPLING TOUR 2019『Down The Rabbit Hole』 with defspiral>の開催を発表し、ファンを喜ばせた。

こうしてALICE IN MENSWEARという物語の1ページ目をファンと共に描き切った彼ら。100年以上経過した今でも世界の国々で不屈の名作として読み継がれている『不思議の国のアリス』のごとく、これから彼らはたくさんの人々に愛される音楽を届けながら、そして終わりのないストーリーを描き続けていくことだろう。

取材・文◎牧野りえ
撮影◎堅田ひとみ

■First Live<Wonderland For The Lost Children>2019年4月12日@新宿ReNYセットリスト

~ Opening ~
01.Lost Child
02.PiLL≠GRiMM
03.capture -捕食者-
04.ワルプルギスの夜
05.GARDEN
06.天声
07.遥カナ航跡
08.ハジマリノウタ
09.オートマタ - 鋼鉄少女A-
-instrumental-
10.GEARS OF DESTINY
11.ラプラスの針
12.GRAPPLER
13.アビエイターズ - 飛行少年A to Z-
14.Pre-TEA PARTY
15.ALFHEIM
encore
en1.Lost Child
en2.PiLL≠GRiMM


■2マンツアー<ALICE IN MENSWEAR COUPLING TOUR 2019 『Down The Rabbit Hole』 with defspiral>

▼出演ALICE IN MENSWEAR / defspiral

7月07日(日) 西川口Hearts
open17:00 / start17:30
(問)サイレン・エンタープライズ 03-3447-8822
7月12日(金) 新横浜NEW SIDE BEACH!!
open18:00 / start18:30
(問)サイレン・エンタープライズ 03-3447-8822
7月27日(土) 大阪MUSE
open17:00 / 17:30
(問)夢番地大阪 06-6341-3525
7月28日(日) 名古屋JAMMIN
open17:00 / start17:30
(問)サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
8月04日(日) 仙台HOOK
open17:00 / start17:30
(問)ニュース・プロモーション022-266-7555
8月12日(月・祝) 赤羽ReNY alpha
open17:00 / start17:30
(問)サイレン・エンタープライズ 03-3447-8822
【オフィシャル先行(抽選)】
エントリー期間:4月13日(土)12:00~4月24日(水)23:59
受付URL:http://eplus.jp/defalice/
制限枚数:各公演お1人様4枚まで
※e+会員登録[無料]が必要
■1stアルバム『Wonderland For The Lost Children』

2019年5月15日リリース
GAD-0001 3,000+税
※リバーシブル 2way ジャケット仕様
01. Lost Child
02. PiLL≠GRiMM
03. capture -捕食者-
04. GARDEN
05. 天声
06. ハジマリノウタ
07. オートマタ -鋼鉄少女-
08. Pre-TEA PARTY
09. GEARS OF DESTINY
10. ALFHEIM
All songs by 作詞:michi. / 作曲:KOJI / 編曲:高山和芽
Except 「GEARS OF DESTINY」b0作詞:michi. / 作曲:KOJI, michi. / 編曲:高山和芽


■1stアルバムリリースイベント開催

5月19日(日) 東京・渋谷ZEAL LINK
open12:30 / start13:00
6月02日(日) 東京・Brand X (池袋)
start19:00
6月08日(土) 愛知・fiveStars (名古屋)
open12:00 / start12:30
6月09日(日) 大阪・大阪 ZEAL LINK
open14:00 / start14:30
※参加メンバー:michi. / KOJI
※内容:トークライブ
▼イベント参加布方法
実施店舗の参加券配布店舗にてイベント対象商品をご購入の方に、CD1枚につきイベント参加券を1枚差し上げます。
イベント入場方法は、店舗、会場によって異なりますので、実施店舗の注意事項をご確認ください。

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。