ヴィニー・ヴィンセント、6月に一夜
限り60人限定の公演開催

昨年12月、今年2月と2度ほど公演を中止したヴィニー・ヴィンセントが、6月に米ナッシュビルで小規模なライブを開くことを発表した。
会場は60人のみ収容可能で、チケットは300ドル(約34,000円)。購入者は翌日のミート&グリートにも参加できるそうだ。6月7日の一夜限りで、Mike WeeksとChuck Whiteが出演するという。

ヴィンセントは当初、30年ぶりのフル・パフォーマンスとなる公演を2018年12月に開催予定だったが、2月に延期。その後、開催10日ほど前に完全中止が発表された。この公演にはカーマイン・アピス(Ds)とトニー・フランクリン(B)、ヴォーカリストはロバート・フライシュマンが降板しジム・クリーンが参加する予定だった。

アピスは当時、公演を楽しみにしていたが、「ヴィニーとプロモーターの間で何かあったんだ。何かが起きているのは気づいてた。彼とプロモーターは多くのことで意見が一致していなかった。でも、俺はいつも、もしヴィニー、または誰かがこれをしくじったら、またチャンスがあるかどうか、わからないって思ってた。だって、これは彼のカンバックだ。すでに1度キャンセルしてる。もし再びキャンセルしたら、みんな、もうどうでもよくなる。“チケットなんか買わないよ。やらないんだろう。何か起きるんだろう”って、言われるだろ」と話していた。

また、昨年秋、ヴィンセントがFour By Fateのパフォーマンスに参加したときの映像を見て、フル・パフォーマンスができるのか不安を感じたとも続けた。

今回、60人限定とのことで、ファン・イベントのような趣になるのではと推測される。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。