BACK-ON、“らしさ”と“進化”をみ
せたツアーファイナル

BACK-ONが4月7日に渋谷 WWWで、ワンマンツアー<CHOP KICK TURN TOUR>ファイナル公演を行った。
今回のツアーは3月6日に配信されたデジタル EP「CHOP KICK TURN」のリリースツアーで、東京をファイナルとして4都市で開催された。ファイナル公演の会場はファンで埋め尽くされ、ステージには背面を覆うBACK-ONロゴの入った幕が。更には普段とは違う機材の配置に、開始前からファンの期待値は高まっていく。

開演時間を迎えて流れたのはSEではなく、カンフー映画のワンシーンのようなセリフ。不意を突かれたファンは一瞬戸惑いをみせる。しかし、すぐに低音が響くSEに切り替わり、ファンが手拍子する中メンバーが姿を現した。

1曲目はカバー曲「WILD THING」。3月6日に配信となったデジタルEP「CHOP KICK TURN」でも1曲目に収録されており、映画『メジャーリーグ』のテーマソングだ。KENJI03(Vo&G)が煽りを入れつつTEEDA(MC)がベースを弾き、観客の手拍子の中、会場全体が大合唱。曲途中、テンポチェンジからTEEDAのラップが入ると観客は飛び跳ね、盛り上がりを見せる。
KENJI03はギターを、TEEDAはベースを置き、「Departure」では2MCで会場を盛り上げる。今回のツアー全公演でサポートを務めた誇太朗のドラムから始まった「TELL ME」、そしてここ最近ではライブ定番となった新曲「Switch」を披露。曲が終わったあとのMCでは前述のEPに関しての2人の思いが語られ、そしてツアーファイナルということでTEEDAが客席に降りて、ゲームの曲をオマージュし
たシーケンス、KENJI03のカッティングが鳴り響くギター、そしてドラムのビートの中、TEEDがラップを披露する。

途中で曲を止めて観客へ「いける?」と煽りをを入れたあと、KENJI03がギターをおいて、パッドを使ってリズムを響かせる。誇太朗と息を合わせた演奏の中、TEEDAのラップで観客との掛け合いで会場は一体感を見せる。続いてメドレーで「イマジニ」へと続き、KENJI03とTEEDAのラップが掛け合い、ヒップホップをベースとするセクションではBACK-ONのジャンルレスな幅広さを感じさせた。

KENJI03が「いこうぜ渋谷!」と煽りを入れて続いたのは「Wannabe」だ。こちらもEPに収録された SPICE GIRLS のカバー曲である曲のもつポップさに、更にロック・ヒップホップを混ぜ込んだBACK-ONらしいサウンドで客を圧倒する。そして「Laugh now」「フタリダイアリー」「Misty rain」と間髪入れずに立て続けに披露し、琴のイントロが印象的な「Clown」へ。前半は中国語で後半は日本語と、世界で活躍しているBACK-ONらしい演出だ。

KENJI03の「もう一発いこうぜ」という煽りで始まった「Carry on」では、イントロから会場全体に合唱が起こる。更に「STRIKE BACK」とライブが終盤に向かって攻め続ける曲が続く。続いて『ガンダムビルドファイターズ』のオープニングとして有名な「ニブンノイチ」を披露。この曲中では IKE(SPYAIR)がスペシャルゲストとして登場。会場はさらなる盛り上がりを見せる。嬉しいサプライズで会場の盛り上がりがピークの中、最後に「セルリアン」を演奏し、観客と大合唱の中、終了。

アンコールのコールのあと再び登場したBACK-ONは、「愛言葉」を演奏。本編の温度とは打って変わったロックバラードの演奏に、ファンはこの瞬間を焼き付けるように聴き入る。演奏を終えたMCでTEEDAが、5月から7カ月連続で新曲映像を配信することを発表し、さらには年内にはフルアルバムを発売することへも言及。KENJI03は「これからも全力で」と意気込みを語り、今後の意気込みと感謝の気持ちを込めてアンコール最後に演奏されたのは「Flower」。「次のワンマンで会いましょう」と約束し、BACK-ONの“らしさ”と新しいことに挑み続ける“進化”を見せたライブは大成功で終了した。

写真◎Satria Khindi

セットリスト

1. WILD THING
2. Departure
3. TELL ME
4. Switch
5. RAP~イマジニ
6. Wannabe
7. Lough now
8. フタリダイアリー
9. Misty rain
10. Clown
11. Carry on
12. STRIKE BACK
13. ニブンノイチ
14. セルリアン

アンコール
15. 愛言葉
16. Flower

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着