SF9、アルバム『ILLUMINATE』を携え
て2度目のZeppツアー完走!「みなさ
んとのすべての瞬間を大切にします」

韓国出身の9人組ダンスボーイズグループ・SF9が、4月2日のZepp Tokyoを皮切りに、2度目となるZeppツアー『SF9 2019 ZEPP TOUR“ILLUMINATE”』を開催し、5日のZepp Nambaでファイナルを迎えた。

これは3月20日にリリースし、オリコン週間合算アルバムランキングと週間アルバムランキングで3位(4月1日付)を獲得した日本2ndアルバム『ILLUMINATE』の発売を記念したツアーで、初日の東京公演では7月9日に東京・中野サンプラザでの初のファンミーティング開催がサプライズ発表された。
ライヴは、アルバムにも収録されている日本4thシングル曲「Now or Never -Japanese Ver.-」からスタートしたが、キレキレのダンスにオープニングから9人の気合が感じられる。“Are You Ready?”というジュホの叫び声で始まった「Play Hard -Japanese Ver.-」は彼の自作曲。フィヨンのラップ、テヤンのダンスブレイク、そしてジュホの「もっと熱くなれ!」という言葉でフロアの熱気は一気に高まった。
韓国活動をケガで休養していたジュホはファンに向かって「ただいまー!」と大きな声で挨拶をして復帰を告げると、暖かく大きな歓声が彼を迎え入れてくれる。まだまだ日本語がスムーズではない彼らだが、トークはすべて通訳を介さずに日本語で頑張った。盛り上がってくると、ジェユンが「落ち着いて!」とメンバーたちをたしなめて笑いを集めるまでに。
トークが終わるとスパニッシュギターのイントロに乗って「僕の太陽-O Sole Mio-」がスタート。フラメンコのようなダンスがファンを魅了する。「マンマミーア!」ではメンバーたちの愛嬌が炸裂。コミカルなダンスで盛り上がりも最高潮に達して、ファンの応援コールもひと際大きく聞こえた。
続くトークでは、韓国で大ヒットしたドラマ『SKYキャッスル』に出演したチャニの話題になり、ブームとなった彼の「トンカツ丸投げ」というセリフを生で実演させられると、メンバーたちも大騒ぎ。そのあまりの盛り上がりぶりにフィヨンが「ここ、熱くて温泉みたいですね」と言って、会場を爆笑させた。
中盤は、ソロやユニットによるスペシャルステージで彩られた。トップバッターを務めたのはチャニ。Troye Sivanの「Fools」のカバーでしなやかなダンスを披露したが、普段のかわいい末っ子のイメージから一変して、大人っぽさを見せつけた。ジェユンとテヤンのユニットは、ジャスティン・ビーバーのバラード曲「Nothing Like Us」を力強く歌い上げたが、ジェユンのハニーボイスとテヤンの切ない歌声のコンビネーションは最強。SF9が誇るメインボーカル・インソンは、尾崎豊の「I LOVE YOU」を日本語で熱唱。その歌の力に引き込まれ、思わず聴き入ってしまう。その静けさを打ち破ったのが、ヨンビン、ジェユン、ダウォン、テヤン、フィヨンのユニット。なんとこの5人は、嵐の「One Love」に挑戦。イントロから期待に満ちた「ワー」という歓声が起こり、サビではフリまでコピーして会場を沸かせた。
テヤンのソロステージは、ジュホと一緒に作ったというオリジナル曲「Rose’s」を初披露。そのセクシーな歌声とダンス、そして衣装でファンを魅了した。ヨンビンとフィヨンのユニットは、ラッパーらしく2MICでふたりで作ったオリジナルのHIP-HOP曲を初公開。インソンとロウンのユニットは、あいみょんの「マリーゴールド」をカバーしたが、ステージの左右に立って交互に歌っていたふたりが、最後はセンターで向き合って力強い歌声を響かせ、歌い終わったあとにちょっとホッとした表情でハグをしあっていたのが印象的だ。
後半は日本2ndシングル「Easy Love -Japanese Ver.-」からスタートしたが、ピアノとストリングスでクラシック調にアレンジされた新しいバージョンだったのがとても新鮮。ジュホの自作曲「LIFE IS SO BEAUTIFUL -Japanese Ver.-」を歌い終わるとフィヨンがひとりだけステージに残り、「Put your hands up!」と客席を煽ってから始まったのは、1980年代レトロクラブサウンドにアレンジされた韓国語曲「Just On My Way +4 Step」。ヨンビンとチャニのラップからどんどん楽しいムードで盛り上がっていき、そのままダウォンが「Are You Ready?」とフロアに問いかけると、組体操のような複雑なダンスが見どころの「Jungle Game -Japanese Ver.-」になだれ込む。とにかくダンスが激しいこの曲が終わったあとは、メンバーたちもヘトヘトだ。
息を整えながら、「たくさん応援してくれたから、120%の力で頑張れました」(ロウン)、「今日は本当に熱くて、楽しくて、幸せでした」(テヤン)と感謝の言葉を述べると、本編の最後となるアルバムのリード曲「Enough -Japanese Ver.-」に突入。SF9史上もっともセクシーというこの曲では、つい先日まで韓国で活動していた最新曲ということもあり、この日最大級の応援コールが沸き起こり、ラストにふさわしい盛り上がりを見せた。
「SF9!」という声援に迎えられたアンコールでは、電車ごっこのように9人が連なりながら登場したが、その最中にダウォンがチャニのほっぺたに突如キスをして会場を湧かせる。メンバー全員で歌詞を書いたファンソング「Dear Fantasy -Japanese Ver.-」でアンコールに応えたが、歌いながらサインボールを会場に投げ入れたり、誰かの先導したダンスをマネして見せたり、自由な雰囲気でステージの先端ギリギリまで行きファンの近くへ。「Let’s Hang Out」では「僕と遊ぼう」という歌詞通りにヨンビンがダウォンに飛び乗ったり、楽しそうなわちゃわちゃぶりを見せてくれた。
「みんなー、アンコールありがとうございます!」とヨンビンが叫ぶと、「みなさんのおかげで幸せでした。いつも応援してくれるみなさんに、僕たちからプレゼントがあります」ともったいぶるインソン。するとモニターに「緊急告知」の文字が映し出され、サプライズで7月9日に東京・中野サンプラザでの初のファンミーティング『SF9 Japan 1st Fanmeeting 〜Dear Fantasy〜』の開催が発表されると、会場から大きなどよめきが起こる。「僕たちのことをもっと知ってもらえる楽しいファンミーティングをするつもりなので、遊びに来てくださいね!」とロウンが笑顔を見せた。
最後に「大きいパワーをもらって幸せです。僕の心がFANTASYに伝わったら嬉しいです」(ロウン)、「大きい声で応えてくれて、本当に力になります」(ジュホ)、「いつもみなさんのために頑張ります!」(テヤン)、「またみなさんに早く会いに来たいです」(チャニ)、「これからもずっと一緒だよ!」(ヨンビン)、「いつもそばでキラキラ光ってくれてありがとう」(フィヨン)、「みなさんとのすべての瞬間を大切にします」(ダウォン)、「もっと仲良くなりたいです。みなさんは、僕たちの奇跡です」(ジェユン)、「みなさんがいてくれるからステージに立てます」(インソン)とひとりずつ感謝を述べて、彼らの日本デビュー曲「Fanfare -Japanese Ver.-」でアンコールを締め括ったが、曲に入る前から「暑い、シャワーしたい」と前フリしていたダウォンが歌いながら水をかぶると、ロウンやジュホもダウォンに水をかけて満面の笑顔。最後は「今日、たくさん来てくれてありがとうございます。僕たちも本当に幸せです。また会いましょう!」というリーダーのヨンビンの号令で9人が手を繫いで深く礼をした。
ジュホを中心に楽曲を制作し、テヤンを中心に振り付けを自分たちで手掛けるものも増え、アーティストとしての成長が著しいSF9。一方で韓国では、その仲の良さを「ビーグル犬がじゃれているよう」と例えられるアイドルらしさもある。何よりも多彩な音楽と確かなパフォーマンス力、そして彼らが生み出すポジティブなパワーが見るものをも笑顔にしてくれる。そんな楽しさに溢れたライヴだった。
写真/ヤマダマサヒロ
<セットリスト>
1.Now or Never -Japanese Ver.-
2.Play Hard -Japanese Ver.-
3.Unlimited -Japanese Ver.-
4.僕の太陽-O Sole Mio-
5.Be My Baby -Japanese Ver.-
6.マンマミーア!
7.Fools / Troye Sivan<チャニ> 
8.Nothing Like Us / Justin Bieber<ジェユン+テヤン>
9.I love you / 尾崎豊<インソン>
10.One Love / 嵐<ヨンビン+ジェユン+ダウォン+テヤン+フィヨン>
11.Different -Japanese Ver.-
12.PHOTOGRAPH -Japanese Ver.-
13.Rose’s<テヤン>
14.Zeroff<ヨンビン+フィヨン>
15.マリーゴールド/ あいみょん<インソン+ロウン>
16.Go back in Time
17.Roar -Japanese Ver.-
18.Easy Love -Japanese Ver.-(Arrange Ver.)
19.Shadow
20.LIFE IS SO BEAUTIFUL -Japanese Ver.- 
21.Just On My Way + 4Step Ver. (Arrange Ver.)     
22.Jungle Game -Japanese Ver.-
23.Enough -Japanese Ver.-
-アンコール-
EN1.Dear Fantasy -Japanese Ver.-
EN2.Let’s Hang Out -Japanese Ver.-
EN3.Fanfare -Japanese Ver.-
オフィシャルサイト:http://sf9-official.jp/

ランキングBOX

“気になる人の気になるランキング”をテーマに、様々な分野の著名人へ直撃した「MY BEST3」を紹介!オリジナルのランキングインタビュー記事をはじめグルメなどのトレンド情報やエンタメなどのストレートニュースなども毎日配信中です。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着