未完成アリスの有栖川塁、ソロシング
ルを発売。これ、J-POPとして勝負し
たほうが話題になるんじゃねぇ?!

現在、47都道府県ツアーの真っ最中。未完成アリスのヴォーカリストとして活動中の有栖川塁が、このたび1stソロシングル『Last Letter』を6月5日に発売することになった。理由は、2月に行われた「Starwave総選挙」で総合1位を獲得したことから…という名目もあるが、有栖川塁のファンならご存じだろう。彼がツイキャスを通し、自宅のピアノを弾きながら歌を披露する姿を放送をしていたことを。
有栖川塁にしてみれば、ピアノを用いて楽曲を作ることも、弾き語りで歌を届けるのも、日常として当たり前にやっている表現の手段。普段は未完成アリスというバンドとして活動をしていることから、それを出す必要性がなかったと言ってしまえば、そうなる。でも、有栖川塁のツイキャスを観ている人たちの間では、「もっと歌を聞きたい」「音源として形に残して欲しい」という要望はあったこと。その想いに応える理由と、彼自身の中にも有栖川塁自身の本質を成す音楽性を形にして残したい気持ちがあったことから、今回のリリースへ結びついた。幾つもの偶然が重なってとはいえ、それも、必然を成すために生まれたことだったと想像してしまう。
このたび、『Last Letter』のMV SPOT(https://www.youtube.com/watch?v=pLdQSmOjJWc)が公開になった。忌憚なき意見として述べさせていただくなら、この音楽性ならヴィジュアルシーンではなく、J-POPの世界で勝負したほうが、反響が大きいのでは?!という想い。
哀切さを抱いたピアノの旋律の上、愛しき人の幸せを願うように、有栖川塁は『Last Letter』を暖かな声を魅力に歌い紡いでゆく。なぜ、タイトルが『Last Letter』なのか。なぜ、主人公は最愛の人へ「最期の言葉」を送ったのか。その答えは、『Last Letter』のMV SPOTをご覧になっていただければおわかりになるだろう。
ヴィジュアル系らしいドラマ性を持ちながらも、ジャンルや世代を越えた人たちの心にも涙を導く珠玉のバラード作として『Last Letter』は完成している。あのエキセントリックで毒々しくもポップな表情を魅力にしている未完成アリスの本質には、こういう面も隠されていることも、この機会に知っていただけたら幸いだ。
有栖川塁は、1stシングル『Last Letter』の発売に先駆け、2日前となる6月3日(月)渋谷Malcolmを舞台に行われる「Dark Ambition Exposed Vol.103〜アコースティックスペシャル〜]と題したイベントライブへ出演、今回のシングル曲たちを披露してくれる。音源ではピアノ演奏を主軸にしていたが、ここではアコースティックギターの演奏に乗せて歌を届ける形になりそうだ。CD作品とはひと味違う魅力を体験出来るように、この機会にぜひ触れていただきたい。
47都道府県ツアーの合間を縫いながら、未完成アリスの有栖川塁が示した今回の一つの行動。未完成アリスとは対極?を成す音楽性が、今後どのように未完成アリスへ反映されるのか。それとも、反映されずにソロ作品として形を重ねてゆくのか。その先のことも楽しみになってきた。
TEXT:長澤智典
「Last Letter」MV SPOT

有栖川塁 twitter
未完成アリス twitter
未完成アリス Web
https://mikansei-alice-official.amebaownd.com/
★インフォメーション★
有栖川 塁 1st Solo Single「Last Letter」2019年6月5日発売
「最後に君に伝える言葉を考えてみた…」
もしも君を残して空に溶けてしまうのなら、僕は最後にどんな言葉を君に伝えるのだろう…。等身大の想いを、ピアノ弾き語りによって奏でられる旋律と言葉に込めた未完成アリスVocalist有栖川 塁のソロデビュー作。
型番:SWAR-001
発売元:Starwave Records
販売元:FWD Inc.
価格:1,620円(税込)
CD収録曲:
1. Last Letter
2. If…
3. Last Letter(Instrumental)
4. If…(Instrumental)
ご購入方法:
オンラインショップでのご購入
https://starwave.official.ec
全国のCDショップでのお取り寄せ:
全国のCDショップにて取り寄せが可能です。取り寄せをされる時にはお店のほうに「流通 FWD Inc.」「アーティスト名 有栖川 塁」「タイトル名 Last Letter」「型番 SWAR-001」をお伝え下さい。
INFORMATION:
CDに関する問い合わせ先 E-MAIL: info@starwaverecords.jp
★LIVE情報★
2019年6月3日(月)渋谷Malcolm
[Dark Ambition Exposed Vol.103〜アコースティックスペシャル〜]
Starwave Records presents
OPEN 18:00 / START 18:30
前売 3,500円 / 当日4,000円 (※D代別)
ボーカル出演:
YUKI(LIRAIZO)
DaISUKE DARK SIDE(THE SOUND BEE HD)
有栖川塁(未完成アリス)
Kakeru(Scarlet Valse)
Izumi(ex-シュヴァルツカイン)
ギター演奏:
ユダ(ex-シュヴァルツカイン)
佑(ex-LIV’ERT)
【チケット】
■A:eプラス (チケット発売日2019年4月13日10:00〜)
■B:当日券
※バンド予約無し
入場順:整理番号順

Myuu♪

フェスティバルをテーマにしたWEBマガジン。フェスティバルの最新ニュースや役立つ情報、最新のフェスカルチャーを発信していき、これからのフェス文化をさらに盛り上げてまいります。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」