【インタビュー】DROP DOLL x 福山翔
大、映画『JK☆ROCK』で音楽への情熱
が燃え上がる

福山翔大主演映画『JK☆ROCK』が4月6日から全国にて公開される。同映画は、自身が所属していたロックバンド「JoKers」の解散をきっかけに音楽の道を挫折した福山演じる海江田丈が、初心者で結成された女子高生バンド・DROP DOLLへの指導を通して音楽への情熱を取り戻していくという青春物語だ。今回BARKSでは福山とDROP DOLLの対談を敢行。福山の高校時代の話や役者論、女優活動と音楽活動を並行させるDROP DOLLの強みなど、映画にまつわるエトセトラを語ってもらった。

■とにかく家で映画ばっかり観ていました
■福岡という田舎で毎日もやもやしていて(福山翔大)

――『JK☆ROCK』は福山さんとDROP DOLLがメインキャストの映画ですが、DROP DOLLのみなさんは福山さんにどのような印象を抱きましたか?

チヒロ:福山さんには孤高のオーラがあって、ちょっと怖い印象がありました(笑)。でも最初の読み合わせの時、福山さんはすごい迫力で演じてらっしゃって、ご一緒できることがわくわくに変わりましたね。実際の撮影中にいろいろとお話させていただくようになって、面白い方だというのを知って。ちょっと自分と同じ匂いを感じましたね(笑)。

福山翔大(以下、福山):ええっ、そう?(笑)

チヒロ:福山さんの高校時代のエピソードに、勝手に親近感を抱きました(笑)。

――どんなエピソードか気になりますね(笑)。

福山:制服のシャツを出してたら、学校から原稿用紙3枚分の反省文を書くように言われて……。その作文は「なぜシャツを出したのか」という問いから始まるんですよね(笑)。勝手に出てきただけだけど!?と思いながら、それを世界規模の話へと広げていったという、くだらないことなんですけどね(笑)。

ユイナ:福山さんは撮影の合間にいろんな話をしてくださって、その話がすごく引き込まれるんです。場を和ませてくださったりするだけでなく、お芝居のアドバイスもたくさんしてくださいました。監督さんとの会話を見ていて、お芝居に対してすごくストイックな方だなと思いましたし、すごく優しくて魅力的な方ですね。女優としても学ぶことが多かったです。

ユキノ:ミステリアスな人だなと思っていたんですけど、実際はとても気さくな方でした。私、LUNA SEAさんが大好きなんですけど――。

福山:僕が撮影の合間にLUNA SEAの「LOSIER」を鼻歌みたいに口ずさんでいたら、(ユキノが)今までに見たことがないくらいときめいていて(笑)。

DROP DOLL:あはははは!

福山:そしたらLUNA SEAが大好きだったという(笑)。そういう一面があるんだ、とびっくりしましたね。

ユキノ:福山さんと私に共通点はないと思っていたから、私から話しかけることはないんだろうなと思っていたんです。だから「えっ!? LUNA SEAが好きなんて、仲間だ~!」って気持ちでいっぱいになってひとりで興奮していました(笑)。

ユイナ:「LUNA SEA好きなんですか!?」って、あの時のユキノはめっちゃ積極的だったよね(笑)。

ユキノ:我を忘れて話しかけちゃいました(笑)。同じLUNA SEA好きとして親近感を抱いております!
▲福山翔大

――福山さんはDROP DOLLにどんな印象をお持ちですか?

福山:やっぱりこの3人はふだんから一緒に活動しているだけあって、本読みの段階から3人のグルーヴがあるな、それぞれの持っているカラーも全然違うなと感じていたんです。僕の演じる海江田 丈という人間は3人それぞれに指導していかないといけない立場なので、どういうコミュニケーションを取るべきなのか、敢えて取らないほうがいいのか、そのへんを探りながら交流をしていきました。3人はとても活発で、等身大の女子高生。本当に役のまま。だから(ユキノが)いちばんミステリアスだと思っていたんです。

――ユキノさんが演じるリナは、クールですよね。

福山:だから「ROSIER」の一件は驚きでした(笑)。そこで「自分はどんな高校生活だったかな、どんな高校生だったかな?」と考えたりして。だから反省文の話をしたんだと思う(笑)。

――福山さんはどんな高校生でしたか?

福山:とにかく家で映画ばっかり観ていました。同世代の俳優たちは東京でオーディションを受けたりしているなか、僕は福岡という田舎で毎日もやもやしていて……友達と遊んだりすることが悪いことだと思っていたんです。高校1年生で「高校3年間で映画を1200本観られなかったら俳優に向いてない」というノルマを立てて。今思えば「遊べよ!」って感じなんですけど(笑)。

DROP DOLL:あはははは!

福山:でも自分にとってはその時間が大事だったのかな。なんでそれができたかというと、同世代への反骨心もそうだけど、映画を観ることが楽しかったからだと思います。映画を観ることに打ち込んだ高校生活でしたね。

――音楽映画の登場人物を演じるうえで、どんなことを大事にしようと思われましたか?

福山:NHKドラマ「You May Dream」でシーナ&ザ・ロケッツの鮎川 誠さんを演じさせていただいた時は、実在する鮎川さんに自分自身を寄せていったんですけど、今回はオリジナル作品ということで、とにかくかっこよく映らないとこの映画が破綻してしまうと思って。どれだけかっこよく、どこまで本物のミュージシャンとして見えるのか――ONE OK ROCKさんの動画や、海外のアーティストさんのライブ映像をYouTubeでいろいろ観て研究しましたね。誰を模すかというよりは、それぞれのアーティストの立ち姿を見ていったというか。
▲チヒロ(Dr&Vo)

――福山さんに本当にバンド経験ないのか疑わしいレベルのパフォーマンスでした。

福山:全っ然、まったくなんです(笑)。鮎川さんを演じた時に初めてエレキギターに触れたので。

ユキノ:海江田 丈は実在する人物なんじゃないかと思うくらいですよね。

ユイナ:かっこいいよね。「Are you ready!?」って言っているシーン、思わず「Yeah!!」って返しそうになりましたもん!

チヒロ:心の中では「Yeah!!」ってしっかり叫んだよね。福山さんはめちゃくちゃ頭を振っていて、クビ大丈夫かなあ……でもそこがロックらしいなと思って。

ユイナ:迫力のある男らしさが、映像からもバン!と伝わってきますよね。

福山:いやいや(笑)。3人は楽器を持った瞬間に豹変するんですよ。スイッチが入るというか。あれはすごく不思議だし、その姿を見て「ああ、ミュージシャンの方はこうなんだな」と感じましたね。楽器を持つことで安心する部分もあったりするんじゃないかなって思うんだけどどう?

ユイナ:ああ、それはあるかも(笑)。持って演奏するものだから、自分の一部になっている感覚はあるかな。

ユキノ:楽器を持ってると自分が強くなれる気はするよね。

福山:やっぱり! すごく生き生きしてるなと思ったんだよね。

チヒロ:チヒロもスティックがないとドラムの音が出せないし。

ユイナ:うん。楽器がないとDROP DOLLとしていられないからね。

チヒロ:だから福山さんも「安心する部分がある」と感じてくださったのかな。バンドをやっている人間としても、すごくうれしいです。バンドをやっていて良かったって思いますね。
■映画の撮影に入る前からリアルにバンド活動をしているから
■そのリアルさやグルーヴ感が出たらいいなと思っていたんです

――DROP DOLLが結成されたきっかけの映画というのが、『JK☆ROCK』なんですよね。

チヒロ:そうです。だから3人ともこの映画への想いは強かったですね。

ユキノ:映画の撮影に入る前からリアルにバンド活動をしているから、映画にもそのリアルさや3人のグルーヴ感がちゃんと出たらいいなと思っていたんです。だから3人ですごく話し合いました。

ユイナ:音楽映画は演技だけでなく歌や演奏で伝えられる部分は大きいと思うんです。演奏シーンは誰かの心に響くように、気持ちを込めて歌いましたね。実際にバンドとして活動してきたDROP DOLLならではの魅力が出せていると思います。練習シーンも、実際に私たちが音を出して撮影しているんです。

――ということは、ユキノさん演じるリナが怒りの感情表現でスラップをするシーンも?

ユキノ:そうです! 自分の感情が溢れすぎてベース演奏で語る子なんて、なかなかいないですよね(笑)。でも口答えするのではなくベースで返すのがリナらしいのかな、リナなら腹を立てたらこう弾くかな……というのを自分なりに何パターンか考えて、監督とも話し合ってスラップに落ち着きました。
▲ユイナ(G&Vo)

――DROP DOLLが歌う『JK☆ROCK』の主題歌「シークレットボイス」も映画の世界観が表現されている曲だと思います。

ユキノ:《ひとりじゃ見れない景色があるから》という歌詞のとおり、ひとりじゃできないことも大切な仲間が一緒にいれば成し遂げられる――それが『JK☆ROCK』の世界観にマッチしていると思います。エンドロールでこの曲が流れると、感動が倍増する!

チヒロ:映画の主題歌でもあり、私たちの等身大でもあるよね。この3人がいるからバンドができるし、この3人でしか見られない景色があるし。

ユイナ:そうだね。この曲を初めて聴いた時に、1曲のなかで気持ちが不安から決意へ変わっていってるなと思ったんです。映画をまるまる1曲に詰め込んでいる感じがすごくして。聴いた自分も「これからもっと頑張っていこう!」という決意が固まった曲なので、聴いてもらう人にはそういうふうに思ってもらえたらいいなって。

福山:あの曲には理屈じゃない本能的なクライマックス感がありますよね。自分のカットのために実際に3人が演奏してくれたシーンでは、グッときました。3人は何回も何回も演奏してくれて。疲れるだろうに。

ユイナ:(笑)。演奏するたびに気持ちが膨らんでいきました。

――DROP DOLLは3人全員しっかりボーカルを取るところも強みですよね。

ユイナ:3人で歌うとそれぞれが得意な部分を担当できるから、一人ひとりの良いところだけを聴かせられるのはすごくいいですよね。

チヒロ:だからこそDROP DOLLの歌は3人にしか歌えないものになっているよね。

――音楽と演技、どんなところが似ていると思いますか?

DROP DOLL:感情第一!!
▲ユキノ(B&Vo)

――3人全員揃いましたね。それはDROP DOLLとして動き出したから気付いたことでもありますか?

チヒロ:そうですね。この映画で改めて演技は言葉や表情、音楽は歌と演奏で感情を伝えるものだと実感しています。3人の心がつながっていると演奏も良くなるし。

ユイナ:想いがいちばん大事だよね。見せ方で印象が変わるのも、お芝居も音楽も同じだと思う。

ユキノ:音楽も演技も生ものというか。どちらも理屈とか技術とかだけじゃないところに、魅力があると思います。

福山:ミュージシャンではない僕が言うのもおこがましいんですけど、ギターをジャーン!と弾くのと、ポロンと弾くのと、みたいなニュアンスの違いは、芝居とも共通してるのかなと感じたりします。ボソッと言った一言が印象に残ったりもするので、その緩急は共通してるのかなと感じたりしますね。

――みなさんの今後の活動も楽しみにしています。

福山:今回初主演を務めたことで、自分が真ん中になってもっと作品を作りたいという欲が湧きました。「音楽作品と言えば福山がいるよね」くらいになれるといいな(笑)。せっかくギターを始めたので、これからも続けていきたいですね。ゆくゆくは曲作りとか……。

DROP DOLL:おおお~っ!!!(笑)

福山:(笑)。趣味のなかでも精度を上げられたらと思いますね。

――DROP DOLLのみなさんも、映画公開が本当の意味でスタート地点ですよね。

ユキノ:映画公開に向けて、周りの方々のおかげで楽しいことでいっぱいで、毎日きらきらしています(笑)。同年代の子でバンドの音楽を聴いたりバンドをやる子が少ない気がするので、『JK☆ROCK』やDROP DOLLをきっかけにして、「高校生の女の子でもバンドは楽しめるよ」ということが伝えられたらと思いますね。みんなにバンドを好きになってほしい!

ユイナ:ずっと『JK☆ROCK』のために走ってきて、とうとう公開されるから、今はわくわくしかないです。今まで私たちのために力を注いでくださった方々に恩返しをしたいし、ここからさらに踏み出していこうという気合いも入っています。これからもこの青春をDROP DOLLに捧げたいです。

チヒロ:現役高校生で映画に出て、その主題歌を担当できて、おまけにコミカライズまでされるなんて、本当に夢のようで最高だなと思います。これからもバンドと女優を並行させていきたいし、この3人でDROP DOLLをやっていきたいですね。

取材・文●沖 さやこ
リリース情報

「シークレットボイス」
2019年4月3日(水)発売
TKCA-74782 \1,000(込)
【収録内容】
M1.シークレットボイス
M2.宇宙-ソラ-
M3.シークレットボイス(Instrumental)
M4.宇宙-ソラ-(Instrumental)

映画『JK☆ROCK』

映画『JK☆ROCK』
2019年4月6日(土)新宿バルト9他 全国ロードショー
福山翔大 山本涼介 小林亮太 熊谷魁人
早間千尋(DROP DOLL . チヒロ) 結那(DROP DOLL . ユイナ) 三宅ゆきの(DROP DOLL . ユキノ)
吉本実憂 金井勇太 橋本マナミ 若旦那 吹越 満
本田博太郎 / 高島礼子 / 西村まさ彦
監督:六車俊治 脚本:谷本佳織 音楽:遠藤浩二 音楽指導:横川雄一
主題歌:「シークレットボイス」(DROP DOLL)徳間ジャパンコミュニケーションズ
製作総指揮:影山龍司 プロデューサー:岩城レイ子 プロダクション統括:木次谷良助
制作協力:東映東京撮影所 配給・宣伝:ファントム・フィルム 宣伝協力:マンハッタンピープル 音楽協力:デビュン
製作:KAGEYAMAJUKU ENTERTAINMENT
(c)2019「JK☆ROCK」ビジネスパートナーズ

ライブ・イベント情報

映画『JK☆ROCK』特別企画
<DROP DOLL主題歌ライブ!>
2019年4月3日(水)15:00より新宿PePe前広場にて公開直前イベントを開催!
西村まさ彦×若旦那ロックなトークショー
DROP DOLLによる映画『JK☆ROCK』主題歌「シークレットボイス」のミニライブを開催。

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。