音楽+漫画+映像+小説。新生真空ホロウが新作で挑む境地とは!

音楽+漫画+映像+小説。新生真空ホロウが新作で挑む境地とは!

音楽+漫画+映像+小説。新生真空ホ
ロウが新作で挑む境地とは!

真空ホロウ】左から、MIZUKI、松本明人、高原未奈
『たやすくハッピーエンドなんかにするな』リリース!

──初めましてUtaTenです!よろしくお願い致します!
全員:よろしくお願い致します!

──ニューアルバム『たやすくハッピーエンドなんかにするな』は、衝撃的なタイトルですね!まず、このタイトルを付けられた意図をお聞かせください!
松本明人:最初に『おんなごころ』っていう曲が出来上がったので、そこから女性の心を歌っていくという所に指針を向けていったんです。それで、どういう女性の心を歌っていくかという方向性を決めているときに出会ったのがごめんさんという漫画家さんで。僕が直接、メールでオファーをしたところ「ぜひ!」とお返事をもらえて、そこから始まりました。
彼女の描く世界が、女性の恋愛や日常なんですけどなんだか救われないとか、日々に満足がいかないとか、そういったものを書いていたんです。僕が歌いたい情緒だったり、ある年代に刺さるリアルタイムな心情など、そういったものを歌おうと思って作っていきました。全ての作品が完成したときに、みんなで決めてこのタイトルにしました。
──今作では「ハッピーエンド」がキーワードになっていたりするんでしょうか。
松本明人:そうですね。「ハッピーエンド」っていうキーワードだけ摘まむと、幸せだったりするんですけど、「ハッピーエンド」に対しての皮肉感みたいなものも捉えられたりする。だけど、この作品自体全て相手がいるお話しなんですね。“自分の想いばっかりで良かった思い出にしないでよ!”っていう女性のメッセージがあるんですよ。あなたの恋愛は終わったかもしれないけど、私はあなたに対しての恋愛は終わってないからねという想いが込められています。

──その想いを聞いて、曲を聴くとまたイメージが変わりますね!良い意味で1回じゃわかりきれない曲が多い気がします。
松本明人:心情が込められているものが多いので、その人の気持ちが強すぎるから+して、漫画というものと、CDには小説も付いているので様々なメディアミックスで楽しんでもらえるようになっているんじゃないかと思います。

──作詞家の矢作さんは、よく制作でご一緒される事が多いんですか?
松本明人:元々、僕の10年来の知り合いなんです。前作の時に、歌詞のディレクションをしてもらっていたんですけど、前作から女性目線に切り替える準備段階だったんです。なので、女性の作詞家さんと一緒に制作することになって、今回は振り切ってみました。

──歌詞の作り方をお伺いしたいのですが、最初絵からインスパイアを受けて書かれるのですか?
松本明人:最初絵があってから歌詞を作ります。実はライブのときに、ごめんさんの絵が出てくるんですけど、それが本格的な漫画になっていまして。その漫画はライブでしか見れないんですよ!

──ライブでしか見れないんですね!もったいない…(笑)
全員:(笑)

──じゃあ、ライブに絶対行かなきゃいけないですね!!
松本明人:はい!ぜひお願いします!!

──その漫画は、今回のツアー全部に出るんですか?
松本明人:そうですね!ごめんさんの既存の絵にどんどん曲を書いていったんですけど、既存のものに書いた曲に、僕が新しい歌詞がついてアレンジされて、更にそこに新しい絵がついている流れになっています。

──今後も、ごめんさんと一緒に作品を作ってみたいなと思っていますか?
松本明人:僕は一つのアイコンになれれば良いなと思うので、一緒に出来たらいいですね。

──矢作さんと書いた歌詞について、皆さんにここはこういう思いで書いたんだよ!と共有されたりはするんでしょうか。
松本明人:チーム全体のグループLINEがあるんですけど、そこであーだこーだ言いましたね。

──「心の骨が外れる音を知っていますか?」というフレーズがとても気になりました!心の骨が折れるという言い回しもあり得るなと思ったのですが、なぜこのようなフレーズに仕上げたのでしょうか?
松本明人:なんで、外れるだと思いますか?(笑)

──わからないです…!!私、そもそも心の骨折れてないですし!!(笑)
全員:(笑)

松本明人:説明しますね。主人公には安心できる相手がいるんです。そしてその相手の元に帰ったときだけ、骨抜きになるような安心感が得られていて。心の骨が外れる音は聴こえてはいないけど、骨抜きにはなっていたと。
だがしかし、その相手を失ってしまったことによって、自分の凝り固まっている精神的な状態に気付くんですよね。そして、今まではあの人のおかげで、心の骨が外れていたんだと辿り着くことができるんです。

──骨が外れるは良い意味なんですね。
松本明人:そうです。脱臼じゃないです(笑)答え的なものは、CDについてくる小説に載っているので、そちらもぜひチェックして欲しいです。

──皆さん的には、小説を先に読むのか、曲を先に聴くのか、どちらがおススメですか?
MIZUKI:曲です。その後に小説を読んでもらって、また曲を聴いてもらうのが良いかなと思います。
高原未奈:私も同じくです。
松本明人:悩ましいですね。絵を見ながら曲を聴いて、どういう事なんだろう?って思ったら小説を見て欲しいです。

──アウトロのコーラスも思い出を振り返るのにちょうどいいです!
MIZUKI:ありがとうございます!!

極寒の地で半袖!究極のMV撮影
──『ただ今日を消化するために生きています。』のお話しに行きますが、前奏と間奏に入っている低めの音が良かったです!
松本明人:ピアノの音ですね。めちゃくちゃ音をジャガジャガにして、歪ませているんですよ。そういう音にしたからピアノという概念がないのかもしれないですね!

──『ただ今日を消化するために生きています。』の音に対してのこだわりを教えてください。
高原未奈:その言って頂いたピアノと音とのバランスが難しかったです。あんまりベースを出しすぎたりすると、気持ち悪くもなっちゃうので。調整しました。イントロも結構複雑で、メインで鳴っているギターリフや、ピアノの音もあるんですけど、私とドラム、私とギターのグルーブも違うんですよね。

──忙しいんですね…
全員:(笑)
高原未奈:結構情報量が多い風にはなっていると思います。
MIZUKI:でも、インパクトを付けたいという想いからああいう音の形になりました。

──間奏のギターソロもとても耳に残りますね!あれを歌いながらやるのは凄いですね!
松本明人:ありがとうございます。ギターは一人しかいないので、弾くしかない(笑)

──ライブでどんな風にされるのか、楽しみですね!
松本明人:この曲が、ライブ全体の肝になりそうですね。

──この楽曲はライブをイメージして作られたんですか?
松本明人:こういうテイストの楽曲が我々にはなかったんですよ。だからこそ、これを押し出していいものなのか?と凄く悩みました。でもなんだかんだセカンドリードになった曲です。

──「干からびたカサブタ崩れた今では」という歌詞があって、なんだか痛そうですが、同曲のイラストの女の子の人物像はサバサバしてそうですね。
松本明人:この女の子は強くいたいんですよね。不感症って見せていたいんだけど、いちいち気になるし、人がいなきゃ成立しない。だけど一人が好き。すごくめんどくさい子です(笑)

──女の子にありがちですよね(笑)
松本明人:そうですね。でも凄く未来を見据えていて、本当はこうありたいんだ!っていう気持ちをちゃんと持っています。ただその気持ちが上手く吐き出せない人ですね。

──病んでますね(笑)
全員:病んでる(笑)

──MVでは、シーンが路上や、屋上、最後空き地などの変わったところで演奏されていますが、あの場所を選ばれた理由は?
松本明人:あれは完全に監督が決めてくれました。内容的には女性と男性のダンサーが踊り合うシーンがあって。サビでは女性が出てこないんですけど、そこで一つの答えが見えるんですよね。誰かっていうものがいないと、自分は成立できないという事を表現しているんですよね。
──MVのダンスで、Dメロの「だけど時々泣きたくなる」の所はめちゃめちゃエモーショナルですね!!あそこは泣けます!
松本明人:泣けますよね。
MIZUKI:ダンサーさんの表情がすごいです!

──この曲に限らず、Dメロで曲が急に変わると思ったんですけど、そこに対してのこだわりはあるんでしょうか?
松本明人:もうそこに力を入れた所はあります。歌が主軸としてあって、3人の音があって、ただ聴いていたらただ流れていくだけになってしまうんですけど、そこである一つのスパイスを入れることによって、楽しみが増えるんですよね。そこをプロデューサーの高慶さんとは話し合いましたね。

──作曲は、主にみなさんが担当されたんでしょうか?
松本明人:そうですね。

──このメロディーは日本人が絶対好きな感じだと思います!
松本明人:ありがとうございます。僕は今回、歌謡と演歌を入れ込みました。歌録りしたときは、ジュディ・オングさんを想像しましたね(笑)

──すごいですね(笑)ジュディ・オングさんまで入っているんですね!
全員:(笑)

──では、MVの撮影秘話を教えてください!
MIZUKI:寒かったですね。-2℃とかですもん。
高原未奈:大寒波が来たときに撮ったので、昼でも-2℃とかで…。私たち半袖だったので、寒かったです。
MIZUKI:ちなみに、空き地と言って頂いた場所は樹海です(笑)

──えええ!!
MIZUKI:めちゃくちゃ寒かったですよ!雪が降ってました。

──雪は科学の技術で消されたんですか?
松本明人:いや、たまたま止んだんですよ。

──そうだったんですね!撮影お疲れ様でした!!
MIZUKI:ありがとうございます!脊髄から震えました…(笑)

──そのぐらいの寒さじゃ、指とか動かないですよね。
高原未奈:もうプルプルしてて、勝手に指が震えていました。
松本明人:本当に血が凍っていくんですよ。

──この経験からまた曲が生まれそうですね(笑)
松本明人:(笑)ただ、死にそうですけどね!

一番大人な女性を描いた『水縹-mihanada-』

──3曲目の『水縹-mihanada-』は、大人チックな楽曲ですね。
松本明人:そうですね。このアルバムの中で、一番精神的に大人だと思います。

──矢作さんとどういう風に制作されたのでしょうか?
松本明人:この曲は、歌詞が変わる前の段階で仮の歌詞を僕が書くんですよ。そのときに既にこういう歌詞の内容で。そこをもっとドロッとさせてくれた感じですね。

──仮歌詞は全て書かれているんですね。女性目線が得意なんでしょうか?
松本明人:そうですね。メンバーの中でも女子力が一番高いって言われるんですけど…。でも根本で性別は女性ではないので(笑)
全員:(笑)

──松本さんの中にあった女性像のすり合わせはかなりされたんですね。
松本明人:詞が先に来た曲以外はそうですね。『あのね』、『ただ今日を消化するために生きています。』『おんなごころ』は全部詞が先ですね。

──詞が先行とは少し意外でした。
松本明人:やってみたかったっていうのがあって。作曲家でのスキルをどういう風に表現できるかっていうのを考えたくて。『おんなごころ』は最初歌詞として来ていた訳じゃなくて、詞として来ていたんですよね。
セリフが入っているのをメロディーにつけて、男性女性の歌い方で分けた所から、詞先にしたんです。

共感の嵐!『おんなごころ』

──『おんなごころ』では、女性、男性で歌い分けられますよね。あの男性のフレーズを歌われている低い声、結構ドキっとしました!(笑)しかもあそこまで低い声って、収録曲では他にはないですよね。
松本明人:そうですね。他は女性に振り切っている所があるかもしれないですね。

──女性的には、男性の所を歌われている松本さんどうですか?
高原未奈:すごい、音域が広いのでそこが良いなとは思いました(笑)。

──シンプルですね(笑)。でも、オクターブを歌い分けるとなるとキーの調整とか大変ではなかったですか?
松本明人:そうですね、こういう歌詞で暗いメロディーだとただ暗い曲になってしまうので、明るくするためにもともと作っていたキーよりも上げて仕上げたんです。
MIZUKI:この部分はドラムとベースも使い分けていて、ドラムが女性、ベースが男性のところで演奏しているんです。
高原未奈:この曲ができた2年前に作ったリリックビデオの方ではそうではなかったんですけど、今回のアルバムでストリングスも加わっていて、第1ヴァイオリンが女性でチェロが男性っていう風に音も厚くしています。

──おぉそれはエモいですね!!やっぱり『おんなごころ』の歌詞はすごく情景が浮かびますよね。経験ありません!?
MIZUKI:ありますあります!

──「そんなことないよ」じゃないよってねぇ…でも私の勝手なイメージですけど、松本さんは「そんなことないよ」って言いそう(笑)。
MIZUKI&高原未奈:(爆笑)
松本明人:僕めちゃくちゃ考えてしゃべりますよ(笑)!この曲が出来てからはさらに考えるようになりましたし。
全員:(笑)
松本明人:逆に相手の突き話し方もわかるようになりましたね、「そんなことないよ」って言えばショックになるんだって。

──怖い!!その使い分けができるようになってしまったんですね!
松本明人:そんなことないですよ(笑)
全員:(笑)

──わ、突き放されました(笑)。女性お二人にこの曲を受け取った時の印象を伺いたいです。
MIZUKI:私まさにこの経験があるんですけど、私の場合は「もうちょっと太ったくらいがちょうどいい」の方を言ってもらえたんですよ…

──それはデキる男ですね!!!
全員:(笑)
MIZUKI:なので共感はしました!
高原未奈:私は経験はないんですけど、「そうじゃないのよ」っていうのは…
松本明人:太らないからねぇ
MIZUKI:確かに!
高原未奈:(笑)1番の歌詞はちょっと経験したことないんですけど、2番の歌詞はわかりますね。

──「わたしのこと、嫌い?」の部分ですよね。嫌い?って聞くってことは女性としては確信持っていますよね、きっと。
松本明人:うん。
高原未奈:嫌い?って聞けないですもんね。
松本明人:別れを言って欲しい派かもしれないですよね。
MIZUKI:あー、なるほどね!
高原未奈:どっちみち「そんなことないよ」は腹立ちますよね(笑)。

──確かに!この質問に対する「そんなことないよ」はナシですよね〜。
MIZUKI:ダメですね〜。
松本明人:もう冷めてますよね。

『なんてことないね』

──では続いて『なんてことないね』について伺っていきます。この曲で歌われている恋が終わるシーンと「平成最後ばっかうるせーんだよ」と言うパンチワードが融合したきっかけを知りたいなと思ったんですが…。
松本明人:平成最後のって色んなところでそればっかり言われて、なんだか自分に区切りをつけられているような気持ちっていうところが恋の終わりとリンクしたってことですよね。

──表現が具体的だけど叙情的な感じもあるし、この歌詞は面白いですね。
松本明人:この曲は僕の曲先行だったんですけど、ここにこの言葉がハマったのでパンチワードになったかなと。
「平成最後ばっかうるせーんだよ」っていうワードが印象に残りがちですけど、実はそこだけじゃなくてっていうところも読んで頂きたいです!

松本作詞曲がボーナストラックに
──ボーナストラックを収録された経緯についても聞かせてください。
松本明人:ボーナストラックは過去の曲なんですけど、2018年にメンバーそれぞれのバースデー月にやった企画で各々が表現したい楽曲をグッズに付けてプレゼントしたんです。
収録したのはリマスターしたものなんですけど、この3曲は『たやすくハッピーエンドにするな』のテーマ性とは違ってくるので、今回ボーナストラックとして収録しました。

──ちなみにどの曲がどなた?
松本明人:実はメンバーに担当カラーがありまして。
MIZUKI:私が担当カラー黄色で『ズーフィリズム』です。
高原未奈:私が赤で『ドリップ』です。
松本明人:僕が余りの青で『仮想行列』です。
高原未奈:私たちはお互い好きな色を。

──本当に”余り”だったんですね(笑)。
全員:はい(笑)。

──『ズーフィリズム』の「迷鳴ヒツジ」って漢字もまたこれうまいこと言いましたね!
松本明人:ありがとうございます(笑)。

──『ドリップ』で歌われている「コーヒーカップ」は何かの例え?
松本明人:これは…エッチな曲ですね(笑)。
──あ!!!!そういう感じですか!色々語れないくらいエッチです?
松本明人:エッチです(笑)。この曲自体が、セックスと"G"のことを歌ってます。

──フアッッ!!!(笑)
松本明人:その相性が良くなかったっていう曲ですね。

──高原さんの曲…そういうイメージで作られたんですね!
高原未奈:(笑)
MIZUKI:ま、大人って事ですよね(笑)!

──(笑)。続いて『仮想行列』について。これは「シンドロームホーンテッドハート」なんて言葉、よく出てきたなって思いました!
松本明人:こういう造語を作るのが好きなんです。でも造語ばっかじゃ伝わらないよって言われて最近はやめてるんです(笑)。
MIZUKI:ハハハ(笑)!!!
──「ホーンテッドハート」って、どういったイメージなんですか?
松本明人:僕、ディズニーランドが好きなんですよね(笑)。

──やっぱり!!!!このメロディーやアレンジ、ディズニーランドみたいに楽しくなれますよね!
松本明人:良かったです!この曲は、本当は楽しくなりたいけど、楽しくなる勇気がない引きこもりの曲ですね。

最後に…
──では、真空ホロウにとってどんな1枚になったか、お聞かせください。
MIZUKI:私は真空ホロウに加入して初めての作品なので、これをスタートとして今作でツアーまでの間にも真空ホロウが広まったらいいなと思っています。
高原未奈:私は加入して2枚目なんですけど、私が加入した前作から女性目線の歌詞っていうところに舵を切っていて。今作はさらにその女性目線というところがテーマとしてはっきりとした1枚になったので、メンバー3人にもなりましたし、私にとってもスタートな1枚という感覚です。
松本明人:メンバーが増えたことで、より様々な武器が揃ったタイミングで、女性が書く女性に伝わる歌詞であったり、それを視覚化できる漫画があったり小説があったり。だから僕はそこで歌を人に届けるということにより専念できたアルバムになりました。
歌詞を大事に読んでもらいながら聴いてもらえると思うし、ライブでも感情や情景を歌で伝えるというところに重きを置きつつ、ライブでしか見られない漫画もあるのでどれ程人に届くのだろうとすごく楽しみです。
新たなスタートでもあるので、楽しみですし、どうかハッピーエンドにしたいですね!

──上手い!!!!(笑)インタビューは以上です、ありがとうございました。
全員:ありがとうございました!
TEXT 愛香
PHOTO 片山拓
プレゼント応募について
Twitterで応募するとサイン入りチェキをUtaTenをご覧の方に抽選でプレゼント!!
【応募方法について】
(1)UtaTenのTwitterアカウント(@utaten)をフォローをします。
(既にフォローしていただいている方はそのままで!)
(2)UtaTenのページにあるこの記事上下のツイートボタンからツイート。
※入力されている内容は消さないようにご注意ください!(追記はOK!)
(3)応募完了となります。応募締め切り後、当選者の方にDMにて当選の旨をご連絡致します。
※応募完了後であっても、該当のTweetの削除、UtaTenのフォローを外した場合、その時点で応募対象外となります。
Follow @utaten
Tweet
【応募締め切り】
4/14 21:00まで
【当選の通知方法】
締め切り後に抽選を行い、当選者には@utatenからDMにてご連絡いたします。
※ご自身のTwitterアカウントのDM設定をご確認ください!!

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」