【レポート】<DREAM STAR AUDITION
>、1億円とTV冠番組を獲得したグラ
ンプリはD-CRUNCH

K-POP新人アーティストを対象としたオーディション<DREAM STAR AUDITION 2019 in JAPAN>の最終審査が3月16日、舞浜アンフィシアターにて開催された。
ファイナルステージ出演者はIN2ITD-CRUNCHAWEEKIMFACTLimesoda、VANNERYeimOH SEH WOONGの全8組。グランプリアーティストには活動費1億円が支援されるほか、日本デビューおよび日本でのTV冠番組が与えられるという豪華特典が用意されている。

その1次審査には100組を超える韓国新人アーティストが集結。この日行われるグランプリ審査は、審査員と有料チケット来場者の投票をもとに決定するもの。各アーティストは自らの魅力を存分に発揮するべく、グランプリの座を争う。
開演は16時。場内が暗転するとシンフォニックなSEが流れ、ステージ上のスクリーンに出演アーティスト8組が映し出された。その後、ステージ中央円形リフトがせり上がり、全出演者が姿を現すといったサプライズなオープニングに、ファンは大きな歓声を上げた。そして、この夜のMCを務めるApeaceのウォンシクとヨンウクの登場が会場に火を点ける。

トップバッターは神戸出身の韓国女性アーティスト、Yeim。「먼저 말해줘 (先に言って / JPN Ver.)」のイントロと共にスクリーンに紹介VTRが流れ、鮮やかな赤いミニワンピースを身に纏ったYeimが歌いながらステージへ。韓国デビューを目指して渡韓後、見事目的を果たし、日本のステージに立つのは初めてという彼女。韓国デビュー曲であるバラード「길모퉁이 (道の先)」を想いを込めて歌い上げ、透明感ある美しい歌声を場内に響かせた。
続いては、“歌で胸を響かせる歌手”のOH SEH WOONG。「日本に初めて来ました。みなさんにお会いするのが楽しみで、昨日は眠れませんでした」と練習したという日本語で自己紹介をした後、観客ひとりひとりに語りかけるように甘い歌声で「너만보여」を聴かせた。歌い終えた本人が、「いかがでしたか?」と問いかけると客席から大きな拍手が。最後に本人のリクエストで観客がスマフォのライトを点灯。灯りがゆったりと揺れる中、「그밤 (He's night)」を伸びやかな歌声でしっとりと歌った。

3人組ガールズユニット、Limesodaが3組目。白いシャツにチェックのミニスカート姿で登場した彼女たちは、E-Girlsの「Follow Me」のカヴァーからステージをスタートさせた。続いては、キャッチーなメロディが印象的なデビューアルバム収録曲「zzz」をハツラツとしたパフォーマンスでキュートにキメる。さらには、KARAの「Jumping」「ミスター」のメドレーや、AKB48の「ヘビーローテーション」といったナンバーで、最後まで客席を笑顔にさせた。
日本での活動開始から4年目を迎えた5人組ボーイズグループ、INFACTの登場には黄色い歓声が飛ぶ。「今日は最高の公演を準備しましたので、みなさん、たくさんの応援をお願いします!」とイサン。「次の曲は、みんなのことです」との曲紹介でシングル「빛나 (The light)」から、タイプの異なる3曲を披露。“インパクトのある活動をする”という覚悟と、“I'M FACT=本物の音楽を聞かせる”という意味を盛り込んだグループ名通り、観客に強烈なインパクトを与えた。

アイドル育成型サバイバル番組『PRODUCE101』シーズン2に出演したヨンジンが所属するボーカルダンスグループがAWEEKだ。白いシャツにジーンズという爽やかな衣装で登場した6人は、とびきりの笑顔を振りまきながら新曲「보면 볼수록 (The More I See)」をパフォーマンス。観客の手拍子を誘って披露した嵐の「Only One」ではひとりずつ歌い繋ぎ、ぞれぞれの魅力をアピールした。ラストはオリジナル曲「One Love」で爽やかさとカッコよさを兼ね備えたステージを観せた。
2018年2月に韓国でデビューを果たしたばかりの新人ボーイズグループがVANNERだ。「Bang Bang Bang」で野性味溢れるパフォーマンスを展開した後、「ミッキーとミニーのいる夢の国の、ちょーっと隣でたくさんの方々とライブをすることができて光栄です」とアシアン。ラストはデビュー曲「Better Do Better」を、この日初披露となる日本語バージョンでパフォーマンスした。デビューしたばかりとは言え、2018年は日本で200回もの公演を行ってきた彼らだけに、5人のエネルギーとパワーが漲るステージとなった。

D-CRUNCHは、出演者の中で最多メンバー数の9人組ボーイズグループ。デビューシングル「0806」ではメンバー全員が作詞、作曲、ダンス作りに参加し、次世代“自主制作アイドル”としての姿を見せた。音楽的能力の高さはもとより、1曲目の「Dance+Palace」から目を見張るほどのシンクロ率の高いダンスで客席を圧倒。ボーイズグループEXOやガールズグループのTWICEの楽曲をキュートに披露するなど、エンターテインメント性を持ち合わせた魅力ものぞかせた。
韓国バラエティー番組『少年24』によって選出されたIN2ITは、6人全員が白いスーツで登場。オーディションのラストを華やかに演出する。すでに日本で400回のステージを踏んでいるだけであって、持ち時間の中で実力を十二分にアピール。ラストに披露されたバラード「Tomorrow」ではメンバー全員がステージから客席に降りて、観客とハイタッチしたりアイコンタクトを交わしながら歌い歩くなど、サービス精神旺盛のライブとなった。

全アーティストのパフォーマンスが終了すると、投票時間へ。来場者は“良かったと思うアーティスト”に自身のスマフォで投票、これに審査員の投票数が合算される。その集計結果を待つ間、メンバー全員身長180cm以上のダンスボーカルグループにして、本日の司会を務めた2人が所属するApeaceがパフォーマンス。赤と黒を基調とした「Never Ever End / Always」の衣装でキメた彼らは、「Veil」など全3曲を披露。先輩アーティストらしい堂々としたパフォーマンスで会場を盛り上げた。
そして、<DREAM STAR AUDITION 2019 in JAPAN>のラストは出演者全員がステージに再登場、いよいよグランプリの発表となる。緊張感あふれる空気の中、鳴り響くドラムロールが高揚感を煽り、審査員長がグランプリ受賞者の名前を告げた。選ばれたのは、D-CRUNCHだ。

「この震えをどうやって表現すればいいかわからないですけど……」と喜びを表しながら、スタッフやファンへの感謝の気持ちを語った。そして、「これからも、成長していくD-CRUNCHとなります!」と今後の意気込みを力強くコメント。
最後は出演者全員で記念撮影を行い、今後の期待を込めた大きな拍手が客席から全アーティストに贈られて全3時間を超えるオーディション<DREAM STAR AUDITION 2019 in JAPAN>の最終審査が終了した。

取材・文◎牧野りえ

■<DREAM STAR AUDITION 2019 in JAP
AN>

3月16日(土) 舞浜アンフィシアター
open15:00 / start16:00
▼最終オーディション出演アーティスト
D-CRUNCH / AWEEK / IMFACT / Limesoda / VANNER / Yeimt(ソロ) / OH SEH WOONG(ソロ)
※残り1組は発表調整中
▼チケット
前方VIP席 7,500円(税別)
SS席 4,500円(税別)
A席 3,000円(税別)
※有料チケット1枚につき1ポイントとして投票出来ます
主催:OLE-star Japan / ダイヤモンドブログ
(問)レキップ・トロア 03-3470-8388

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着