ヒグチアイ×松島直子、コラボ描き下
ろし漫画公開

『月刊IKKI』(小学館)で連載され人気を博した「すみれファンファーレ」などで知られる漫画家の松島直子が、ヒグチアイの楽曲「最初のグー」にインスピレーションを受けて描いた読み切り漫画が公開された。

◆漫画画像

同曲「最初のグー」は、無類のマンガ好きであるヒグチアイが、⼤好きな少年マンガをモチーフにした曲を書きたい、という想いからできた楽曲であり、昨年2018年6月発売の2nd ALBUM『日々凛々』に収録されたナンバーだ。闘ったり傷ついたりするヒーローを、かたわらでいつも⾒守るヒロインのような視点で描かれており、少年マンガがそうであるように、かっこよく⽣きるために必要なことを教える。

スタッフ間で、「いつかヒグチアイの楽曲からマンガが生まれたら」と話していた中で、二人がふとしたきっかけで出会い、今回松島直子が筆を取る事となったという。
  ◆  ◆  ◆

■ヒグチアイ コメント

「最初のグー」は少年漫画の主人公を、隣で見ている同級生の女の子や母親、の目線で曲を書き始めました。
ヒグチアイらしくないね、と一番言われるこの曲に一番勇気をもらっています。
今回、漫画を描いてくださった松島直子さんには、曲の詳細はあえてお伝えせずに感じたままに描いて頂きました。
新しい視点から「最初のグー」のドラマを広げてくださり、〝凛〟の中に優しさを足してくださいました。
そして、わたしのわがままを最後まで聞いてくださり、感謝しかありません。
本当にありがとうございました。

  ◆  ◆  ◆

また先日、ヒグチアイが“好きな人”を招く自主企画シリーズ<好きな人の好きな人>の開催が発表された。4月30日(火・祝)という平成最後の日に、“唯一無二の声を持つ先輩”として招かれたのは、Salyu山田将司(THE BACK HORN)の2組だ。その異色の組み合わせに、サブタイトルは“声明”と名付けられた。チケットのオフィシャル先着先行が、本日より受け付けられる。


■イベント開催に寄せて

誰もが持っていて、誰も持っていないもの。空気や空間を超えて、するりと滑り込む声。
光速で向かってくるのに柔らかく包むようなSalyuさんの歌声は、歌うもの全ての憧れで、何度も生活に光をくれた。
マイナス100度で燃え続ける山田将司さんの歌声は、まだ大人になれなかったわたしに正義と儚さを教えてくれた。
肩を叩くのか頬を叩くのか。人生に必要な声がある。そこにいつでも帰れる幸せをわたしは知っている。
あなたの内側を覗きにきてください。
── ヒグチアイ

  ◆  ◆  ◆

■<HIGUCHIAI presents 好きな人の好きな人 - 声 明 ->

2019年4月30日(火・祝) 渋谷CLUB QUATTROOpen 17:30 / Start 18:00
出演:Salyu / 山田将司(THE BACK HORN) / ヒグチアイ
info:SOGO TOKYO 03-3405-9999

オフィシャル先着先行:3/15(金)18:00~3/22(金)23:59
http://eplus.jp/seimei430/

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。