むぎ(猫)

むぎ(猫)

むぎ(猫)、
メジャーデビュー直前に
スペシャル番組を緊急配信

3月20日にデビューアルバム『君に会いに』を発売する沖縄在住の猫のミュージシャン・むぎ(猫)が、発売直前の3月18日(月)に『むぎ(猫)、はじめてのスペシャ』と題し、メジャーデビュー直前スペシャル番組をスペースシャワーTV LINE LIVEとビクターLINELIVEにて生配信することが決定した。

むぎ(猫)とはどんな猫なのか、好きなものや嫌いなものから、デビューに向けての意気込み、アルバムの制作話、初の全国ツアーに関してなど、この配信を見ればデビュー直前のむぎ(猫)のことがよくわかる内容となっている。トークだけでなく、スペシャ内のロビーにてミニライブも行なうのでお見逃しなく!

また、沖縄・タワーレコード那覇リウボウ店が本気で惚れ込んだ沖縄アーティストとコラボする人気企画『NO OKINAWA, NO LIFE.』ポスターに登場することも決定。同ポスターは、3月19日(火)から同店店頭にて掲出がスタートし、タワーレコード那覇リウボウ店にて『君に会いに』をご購入した方から先着で同ポスターと同柄のポストカードがプレゼントされる。4月6日(土)には同店主催アルバム発売記念イベントの開催も決定しているので、気になる方はぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。

さらに4月2日(火)より、エフエム沖縄の番組『blank』にて、火曜日パーソナリティを担当することが決定! こちらも併せて注目してほしい。

『むぎ(猫)、はじめてのスペシャ』

配信日時:3月18日(月)19:00~
出演: むぎ(猫)  司会:三原勇希

■スペースシャワーTV LINE LIVE
https://live.line.me/channels/52/upcoming/10848462

■ビクターエンタテインメントチャンネル LINE LIVE
https://live.line.me/channels/520/upcoming/10839348

【むぎ(猫) レギュラーラジオ番組『blank』】

放送局:エフエム沖縄
放送時間:毎週火曜日10:40~10:55
■公式HP https://www.fmokinawa.co.jp/program/blank/

アルバム『君に会いに』2019年3月20日発売
    • 【初回盤】(CD+DVD)
    • VIZL-1547/¥3,500+税
    • 【通常盤】(CD)
    • VICL-65132/¥2,500+税
    •  
    • <収録曲>
    • ■CD
    • 1.木の下で -instrumental-
    • 2.君に会いに
    • 3.猫と学校
    • 4.夢から醒めた夢
    • 5.無視できない虫
    • 6.ギフテッド
    • 7.CとDと
    • 8.るすばん天国
    • 9.四輪駆動の飛び出し坊や
    • 10.流れ星
    • 11.ちいさなうた
    • 12.小さな庭 -instrumental-
    • ■DVD※初回限定盤のみ
    • 『Wonder Nyander 2018 東京編 at 東京キネマ倶楽部 2018.11.01』
    • 全6曲 (40分収録)
    • 1.四輪駆動の飛び出し坊や
    • 2.ギフテッド
    • 3.るすばん天国
    • 4.夢から醒めた夢
    • 5.天国かもしれない
    • 6.どんなふうに
むぎ(猫)
『NO OKINAWA, NO LIFE.』ポスター
アルバム『君に会いに』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」