3月8日(金)@東京・Zepp Tokyo photo by 青木早霞

3月8日(金)@東京・Zepp Tokyo photo by 青木早霞
内田彩が3月8日に東京・Zepp Tokyoにて単独ライヴ『AYA UCHIDA LIVE 2019 ~Take it easy~』を開催した。 この日は新曲「Sign」「Candy Flavor」を含む全17曲を披露した。

キャンディやくまのぬいぐるみ、ハートのバルーンで彩られたステージに、バンドメンバー、そして真っ赤なワンピース姿の内田が大歓声で迎え入れられ、新曲「Candy Flavor」でライヴをスタート。キュートなダンスで同曲を初披露すると「みんな、いくよー!」とリードし「What you want!」を続けていく。「みなさんこんばんは!『AYA UCHIDA LIVE 2019 ~Take it easy~』へようこそ!」と挨拶すると、昨年夏以来となるライヴに緊張していたと明かし、会場を埋め尽くしたファンに感謝。そして「テイクイットイージーなので、肩の力を抜いて気楽にいこうというテーマです」と話しながらも「もう暑い!?」と序盤からの盛り上がりを振り返った。

「Floating Heart」で手にしたバルーンを「Everlasting Parade」でバンドメンバーに贈ったり、「So Happy」では曲中にジャンケンを挑んだり無邪気なライヴを展開。そしてホワイトデーを目前に「キックとパンチどっちがいい?」を会場へプレゼントし、「いざゆけ!ペガサス号」「Holiday」とアットホームな空間を作っていった。中盤では衣装を替え、新曲「Sign」を初披露。世界観たっぷりに切なく届けると、そのまま「Sweet Rain」「Ordinary」と続けて魅了していく。そしてラストスパートを宣言し「SUMILE SMILE」「Say Goodbye, Say Hello」で本編を終えた。

アンコールは「うっちー!」コールに導かれ再登場。「まだまだ盛り上がっていけるかー?」と「ドーナツ」でロックに再開すると、シンガロングを沸き起こした「キリステロ」で会場を赤く染め上げた。その後改めて発売したばかりのニューシングル「Sign/Candy Flavor」の話になると、「TVアニメ『五等分の花嫁』のキャラクター・一花について、同じ長女として「自分が声優目指した頃と重ねて見ちゃう」と明かす。そしてデビューアルバムから「アップルミント」を披露し、最後に歌ったのは「Merry Go」。回るタオルや鮮やかなペンライトに包まれながら、会場いっぱいの笑顔でライヴを締めくくった。

なお、『AYA UCHIDA LIVE 2019 ~Take it easy~』は、3月30日にZepp Nambaで開催予定。

photo by 青木早霞
【セットリスト】
1.Candy Flavor
2.What you want!
3.Floating Heart
4.Everlasting Parade
5.So Happy
6.キックとパンチどっちがいい?
7.いざゆけ!ペガサス号
8.Holiday
9.Sign
10.Sweet Rain
11.Ordinary
12.SUMILE SMILE
13.Say Goodbye, Say Hello
<ENCORE>
EN01. ドーナツ
EN02. キリステロ
EN03. アップルミント
EN04. Merry Go

『AYA UCHIDA LIVE 2019
~Take it easy~』

3月30日(土) Zepp Namba
17:00開場/18:00開演
<チケット>
7,000円(税込)
※3歳以上有料
※東京公演、大阪公演 共通
※3歳以上有料
3月8日(金)@東京・Zepp Tokyo photo by 青木早霞
3月8日(金)@東京・Zepp Tokyo photo by 青木早霞
3月8日(金)@東京・Zepp Tokyo photo by 青木早霞
3月8日(金)@東京・Zepp Tokyo photo by 青木早霞
3月8日(金)@東京・Zepp Tokyo photo by 青木早霞

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。