3月7日@マイナビBLITZ赤坂

3月7日@マイナビBLITZ赤坂

シド、
メンバーズクラブ限定で
横浜アリーナ公演の
PREVIEWライブを開催

3月10日(日)に横浜アリーナ公演を控えるシドが、同公演のPREVIEWライブ『ID-S限定 SID 15th Anniversary GRAND FINAL at 横浜アリーナ ~その未来へ~ PREVIEW』を3月7日(木)マイナビBLITZ赤坂にてメンバーズ限定で開催した。

今回のライブは直前での情報解禁にも関わらずチケットが完売。会場が熱気に満ちる中、台北・香港・上海・北京の4都市を巡るアジアツアーを完走したばかりの彼らがステージに立った。ヴォーカルのマオは、“ただいま、東京!”とアジアツアーを無事終えて帰ってきたことを日本のファンに報告。“久しぶりの日本でのワンマンライブ…少し緊張するね”とこぼす場面も。ドラムのゆうやは“一皮も二皮も剥けて帰ってきました!”と、ツアーでの成長ぶりを伺わせる。久しぶりの日本でのワンマン公演、さらにはメンバーズクラブ限定ライブとあって、ライブは大盛況の中“みんな、横浜アリーナで会おうな!”とマオが締め括り、幕を閉じた。

いよいよ、3月10日(日)に横浜アリーナ公演を実施するシド。バンド結成15周年、メジャーデビュー10周年というアニバーサリーイヤーの集大成であることはもちろんだが、シドとファンにとっては、2011年の東北地方太平洋沖地震の被災状況を受け中止となってしまった横浜アリーナ公演のリベンジという意味合いも持つ。

そして、『SID 15th Anniversary GRAND FINAL at 横浜アリーナ ~その未来へ~』と題されたライブタイトルには、“その先の未来も共に歩んでいこう”とファンに向けたメッセージも込められている。様々な想いを胸に、今回のライブに挑む彼ら。どんなライブになるのか…期待して当日を待とう!

当日、横浜アリーナの会場ではシングル「その未来へ -SID 15th Anniversary GRAND FINAL at 横浜アリーナ 会場限定盤-」も販売される。「その未来へ」は、2018年にリリースされた自身初のミニアルバム『いちばん好きな場所』の収録曲でありながら、今回の横浜アリーナ公演のタイトルにも冠されている、シドの15周年を象徴する大切な楽曲の1つ。今回の会場限定盤は、数量も完全限定。当日はAM11:00より販売となるので、ファンは見逃すことのないようにチェックを!

また、当日会場にてシドのCD/DVD/Blu-rayを¥1,500(税込)以上の購入で、「その未来へ -SID 15th Anniversary GRAND FINAL at 横浜アリーナ 会場限定盤-」のジャケット写真柄ステッカーが付与されるとのこと。こちらも会場限定盤と併せてゲットしてほしい。

『SID 15th Anniversary GRAND FINAL at 横浜アリーナ ~その未来へ~』

3月10日(日) 神奈川・横浜アリーナ
OPEN 17:00 / START 18:00
<チケット>
全席指定¥7,500(税込)
※未就学児童入場不可
※チケット一般発売中

3月7日@マイナビBLITZ赤坂
3月7日@マイナビBLITZ赤坂

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」