撮影:山口 真由子

撮影:山口 真由子

【SUPER JUNIOR イェソン】ロングイ
ンタビュー「1stアルバムと日本ソロ
ツアー」への想い【写真満載】

日本でもソロアーティストとして活動するSUPER JUNIORのイェソンが、1st Full Album『STORY』を2月20日にリリース。これまでの全シングル曲の他、イェソンが制作に携わった7曲の新録曲を収録した本作について語ってもらった。

SUPER JUNIORのイェソンが、日本では初となるFull Album『STORY』を2月20日にリリースした。今作にはこれまでイェソンがリリースした2枚のシングルの収録曲の他、新録曲を7曲収録。しかもその新録曲にはすべてイェソンが作詞・作曲、または作詞という形で制作に携わり、自身の想いを込めたもの。日々、イェソンが感じてきたことを“ストーリー”にし、楽曲という形にして届けてくれた。
この記事の完全版を見る【動画・画像付き】
1年以上に及んだ制作期間で感じたことや、制作のディテールなど、2月20日からスタートした3度目の日本ツアーの準備の合間を縫って、一つ一つの質問に丁寧に答えてくれた。
“Y’s STORY”でありながら、同時に皆さんのストーリーになりうるもの――日本での1st Full Album『STORY』が2月20日にリリースになりましたが、これはいつごろから準備を始めていたんですか?
2017年の秋冬くらいから始めていました。そのときから“STORY”というコンセプトも決めていて、それに合う曲を自分で作ったり、他の方にも作って頂いたりしました。曲は他の方に作ってもらっても、歌詞は自分で書くようにしたり、とにかくコンセプトに合わせて完成度を最大限に上げるようにして行きました。
それから、僕のメリットとして、一つのジャンルだけでなく、さまざまなジャンルの曲を表現できるところをお見せしたいとも思ったので、できる限り多くの曲に挑戦してみたりもして。そんなことをしていたら、こんなに長い時間が過ぎてしまいました。
――コンセプトを“STORY”にしたのはなぜですか?
以前から曲作りをしながら、僕の話をしたいって思っていたんです。僕が経験した話だったり、僕が話してみたいストーリーだったり、僕が込めたいと思っていた感性だったり。そういうものを集めて、僕のストーリーに仕上げたいって。
ただそうは言っても、僕の独り言のようなものではなくて、皆さんに共感してもらえるようなストーリーにしたかったというのもあります。“Y’s STORY”でありながら、同時に皆さんのストーリーになりうるものを目指しました。
例えば、1曲目に収録されている「もしかしたら僕らの物語~そして僕ら~」は、メインテーマは“僕”になるんですけど、タイトルに“もしかしたら僕らの”だったり、副題として“そして僕ら”と入れて、僕のストーリーであると同時に、皆さんのストーリーとなりますようにという祈りを込めました。
それぞれの曲でどんな愛を表現するのかが重要――今回の新録曲の中で、イェソンさんが作詞・作曲の両方を手がけている曲が4曲(「Because I Love You ~大切な絆~」「いま会いにゆきます ~If You~」「そんな日は ~その痛みさえ愛するよ~」「染まったんだ ~初恋~」)あります。
以前、曲作りの方法として、メロディから思いついて作るもの、先にテーマを考えてそれに合わせた曲を作るなどの方法があるとお話をされていましたが、今回はどのような曲作りの仕方をしたのですか?
メロディを先に思いついて、そこから曲作りをする場合は、僕が歌いたい歌に限られるんですね。ですから、今回は先ほども言いましたように先にテーマを決めていたので、それに合ったものを作るという方法でした。そして、そのテーマの下で、さまざまジャンルの曲にする必要性を感じていました。
例えば、「Because I Love You ~大切な絆~」であれば、僕がやりたいと思っていたジャズ調の曲になっていて、「いま会いにゆきます ~If You~」、「染まったんだ ~初恋~」はミディアムテンポのスウィーティな曲。これは僕が特に好きなジャンルなので、2曲入っています。
それから、「そんな日は ~その痛みさえ愛するよ~」は、アルバムの中に1曲くらいは悲しい歌があってもいいのかな?と思って作りました。そんな風にジャンル分けをしながら、どんな愛の形を表現するかということを重視していました。
――“愛の形”について歌うというのは最初から決めていたのですか?
そうですね。というか、それはある意味で当然だとも思っていて。人が持っている感情の中で一番大きな割合を占めるのが“愛”だと思うんです。それは男女の愛に限らず、いろんな形の愛を含むのですが、今回はそれぞれの曲でどんな愛を表現するのかが重要だと思っていました。
――4曲それぞれについて、具体的にどんなことを思って作って行ったのかを教えてもらえますか?
2曲目の「Because I Love You ~大切な絆~」は、まず僕がジャズ調の曲をやってみたいと思っていたので、その曲の雰囲気に合う歌詞を考えました。それで僕自身はもう10年以上感じたことのないような恋のトキメキを(笑)。
ただ誰もが一回は感じたことがあるであろう感性を入れることにしました。
3曲目の「いま会いにゆきます ~If You~」は男女がお互いに恋に落ちて行く過程を美しく表現した曲になっているんですけど、これは最近できた曲で。日本でアルバム活動やコンサートをやることを思いながら、皆さんに会いたい、会いに行けるんだという切実な気持ちを頭の中でストーリーとしてふくらませました。なのでこれは、僕とファンの皆さんとの歌でもあります。
8曲目の「染まったんだ ~初恋~」はピュアな初恋の曲になっていて、自分自身も知らないうちにそれまで感じることのなかった不思議な感情にとらわれて行く、恋に染まって行く様子を表現しました。
ただここで言う初恋とは、もう記憶にもほとんど残っていないような、小さな子供の頃に経験する初恋ではなくて。今の皆さん、すべての年齢の皆さんが、真に恋ができる相手が現れれば、それはその人との“初めての恋”になりますよね。そういう恋に染まって行く感情を皆さんに伝えたいと思って書きました。
そして、6曲目の「そんな日は ~その痛みさえ愛するよ~」は、このアルバムで唯一、切ない気持ちで恋をする歌になってます。恋に落ちて、その上で感じる痛みや辛さは、そのままに受け止めて、恋をするという話です。
恋をすると、ときにはその相手がいないと死んでしまいそうなくらいに辛い気持ちになることもあると思うんです。そういう気持ちを表現したかったし、その痛みを感じながら、相手の幸せを願いたいという想いを書きました。
ドンへ&ウニョクとのコラボは?
ドンへ&ウニョクとのコラボは僕から提案しました――今回の新録曲は、イェソンさんが作曲した以外の3曲(「もしかしたら僕の物語 ~そして僕ら~」「For Dream ~夢を目指して~」「Happiness ~幸せなことはいつもそばにある~」)も、すべてイェソンさんが作詞していますが、他の人の曲に歌詞をつけるときと自分の曲のときとはやはり違いますか?
かなり違いますね。自分の曲に歌詞をつけるときは、曲が完成してからつけるというより、メロディを作っている段階から、この部分にはこの歌詞が合うかな?とか、並行して書いているところもあって。例えば「Because I Love You ~大切な絆~」だったら、曲のアレンジをしているときに、このメロディには一目惚れのトキメキが合うんじゃないかな?て思って。
そういう風に自分の曲はイメージ合わせて作りながら変えて行けるので自由度が高いんですけど、提供して頂いた曲だと、完成したものに合う歌詞を考えなくてはいけないので。
――やはり自分の曲に歌詞をつけるより難しいんですか?
なんと言うか、自分の曲より神経を使う気がします。アルバムの曲を選択するときは、これはエンディングに合うかな?とか、先行公開するのにいいかな?とか、コラボするのにいいかな?とか、そういうことも考えながら選んで行くんですね。
けど、作って頂いた曲だと、例えば、歌詞はエンディングにいいんだけど、メロディはエンディングの感じじゃないなとか、そういうズレが出てくるんです。
そんなとき、自分の曲だったら合わない部分を調整したりすることができるんですけど、頂いた曲だと曲を修正することはできないので、そこは難しいところだなって思います。
――「For Dream ~夢を目指して~」では、SUPER JUNIORのメンバーのドンへさん、ウニョクさんとコラボしていますが、これはどういう経緯だったのですか?
これはコラボすると決める前に作詞は終わっていたので、一人で歌うこともできる曲ではあるんですけど、出来上がってみてコラボに合うんじゃないかなと思って、そうすることにしました。ただ悩んだのは誰とコラボするかってところで。
最初は日本活動をあまりしていないメンバーとする方がいいのかな?とも思ったんですけど、やはり日本で出す曲ですし、日本でユニット活動をしているドンへ&ウニョクとすることにしました。しかも二人とは練習生時代をともにしてきたので、歌詞の内容からも、そんな二人とがいいんじゃないかと思って、僕から提案しました。
――ラップパートはウニョクさんが歌っていますが、そこは最初はどうなっていたんですか?
曲を頂いた時点から、そのラップパートは入っていました。なので僕一人で歌おうと思っていたときからあったものです。この曲ではウニョクがラップしてますけど、「Happiness ~幸せなことはいつもそばにある~」にも少しラップは入ってますし、もちろん僕でもできましたよ(笑)。
愛を含めて、いろんな感情を歌いたい
愛を含めて、いろんな感情を歌いたい――今作は改めて全体を通して聴いてみると、ラブソングが多いですよね。
そうですか 新しい7曲のうち、4曲はラブソングではないですよ。ラブソングに偏らないように頑張ったんですが。
――男女の恋愛ソングという意味のラブソングではなく、愛について歌った歌が多いなと。
今回の歌の中の恋や愛は、本当はファンの方と僕をつなげてくれるものと重ねて書いています。新録曲にすべてサブタイトルをつけさせてもらったのにもそういう意味がこもっていて。
「Because I Love You ~大切な絆~」であれば、一目惚れというモチーフを使ってはいますけど、これは単なる男女の愛に限らず、僕をどこかで見たファンの方が、僕に一目惚れしてくださったという意味も入っています。
ファンの方は今回のイェソンは恋愛の歌が多いなと思う方もいらっしゃるとは思うのですが、必ずしもそれだけではないとお伝えしたいです。僕は愛を含めて、いろんな感情を歌いたいと思っています。
――今回は3曲MVを作られていますが、すべて昨年末にプラハで撮影されたそうですね。
今回はアルバムのテーマが“STORY”ですし、MVはロケの方が表現が上手く伝わるだろうと思って、まずは場所を探すところから始めました。日本のどこかで撮ることも考えましたし、他の海外の都市も候補には上がったんですが、冬の感じがある美しい都市がいいということでプラハになりました。
プラハはホントにキレイなところで、行ってみたらすごく好きになりました。ただ早く日が沈んでしまうので、朝早くから撮影をしなくちゃいけなかったり、監督さんがせっかくプラハまで行くんだから、最大限やってみようってことで、ホントに帰りの飛行機に乗る3時間前とかまで撮影をしていて。残念ながらそこまで街を楽しむ余裕はなかったですね。
――イェソンさんが気に入ってるシーンがあったら教えてください。キスシーンもありましたけど(笑)。
個人的にキスシーンは好きじゃないんですよ。ホントですよ。だってホントに好きな人としかできないので(笑)。
――わかりました(笑)。
気に入ったシーンはホントに多すぎて、全部良かったんですけど、ある日、雪が降ったんですよ。とても寒かったんですけど、そのお陰で山から街を眺めるシーンがとても素敵だったと思います。
それから、世界的にも美しい橋として有名なカレル橋という場所でも撮影させてもらったんですけど、ホントに絵の中の世界のようでした。
川には白鳥とか、いろんな種類の鳥もいて。自然と建物とが調和していてとても美しかったです。
――そして、この「STORY」を持って、日本で3回目となるソロツアーも開催されますね。
今回はこれまでの2回のツアーとはまた違った雰囲気になると思います。前回はオーケストラと一緒にやって、通常のコンサートではあまりない2部構成にしたりしたんですけど、今回は会場もスタンディグですし、もっと熱狂できるものになると思います。
全体として喜怒哀楽が入っていて、最後はハピネスになれるようにと考えています。スタンディングで皆さんの脚が疲れてしまうと思うと申し訳ないのですが、その分楽しいものにしますので、ぜひ来てください!
実は今回収録された曲以外にも、かけらを含めるともう何百という自作曲を持っているというイェソンさん。今回はその中から、“STORY”というコンセプトに合うものをセレクトしたに過ぎず、まだまだ出したい曲はたくさんあるとのこと。意欲的に音楽と向き合うイェソンさんの今後がますます楽しみです。
アルバム情報
■Album「STORY」
[CD+DVD] AVCK-79551/B ¥3,780(税込) [CD+Blu-ray]AVCK-79552/B ¥4,536(税込)
[CD]AVCK-79553 ¥2,700(税込)
収録曲
01 もしかしたら僕の物語 ~そして僕ら~
02 Because I Love You ~大切な絆~
03 いま会いにゆきます ~If You~
04 For Dream ~夢を目指して~
05 愛してるって言えない
06 そんな日は ~その痛みさえ愛するよ~
07 Splash
08 染まったんだ ~初恋~
09 Let Me Kiss
10 雨のち晴れの空の色
11 Happiness ~幸せなことはいつもそばにある~
ツアー情報
■SUPER JUNIOR-YESUNG Special Live『Y’s STORY』
2019.02.20 (水) Zepp Fukuoka
2019.02.27 (水) Zepp Osaka Bayside
2019.02.28 (木) Zepp Osaka Bayside
2019.03.06 (水) Zepp Nagoya
2019.03.07 (木) Zepp Nagoya
2019.03.13 (水) Toyosu PIT
2019.03.14 (木) Toyosu PIT
チケット受付URL
SUPER JUNIORオフィシャルサイト

ウレぴあ総研