50周年を迎え、
今も語り継がれる伝説の
ロックフェス『ウッドストック』

『Woodstock: Music from the Original Soundtrack and More』(’70)/V.A.

『Woodstock: Music from the Original Soundtrack and More』(’70)/V.A.

1969年8月15~18日、ニューヨーク郊外で開催されたロックフェスが『ウッドストック 音楽と芸術の祭典(Woodstock Music and Art Festival)』で、今年はちょうど50周年となる。これまで、79年、89年、94年(25周年)、99年、2009年と記念フェスが開催されてきていて、2019年はこれまでで最も大きな節目となるだけに、大掛かりなフェス(もしくはツアー)が開催されると思われる。現時点では、まだ出場アーティストは発表されていないが、過去の例を参考にすると当時の関係者だけでなくオルタナティブ系やヒップホップ系のアーティストが出演する可能性も少なくない。フェスの日程は8月16~18日に予定されており、残念なことに同じ日程でサマーソニックがあるので何らかの影響があるかもしれない。そんなわけで、今回は『ウッドストック』のサウンドトラックを取り上げようと思う。当時、コンサートの模様を収録したドキュメンタリー映画は映画館で公開されたし、サウンドトラックも3枚組(4,500円)というボリュームでリリースされたことを考えると、このフェスが現代と変わらない商業戦略を持っていたことが窺い知れる。

ロックフェスの誕生

今では世界中で大きなロックフェスが開催されている。何万、何十万というオーディエンスを楽しませるだけでなく、飲食、トイレ、治安など、フェスを取り巻くシステムも安定していて、すっかり安全なお祭りとして定着した感がある。そもそも野外音楽フェスはどこで始まったのだろうか。おそらく、1954年に始まった『ニューポート・ジャズ・フェスティバル』(アメリカ、ロード・アイランド州)が野外としては最初期のフェスである。スタートからしばらくはジャズのアーティストだけしか出演しなかったが69年(『ウッドストックフェス』の開催年)には、ロックやブルース、R&Bのアーティストも登場し、ジャンルを超えたアーティスト同士の交流はポピュラー音楽の発展にも貢献したと言えるだろう。

『ニューポート・ジャズ・フェスティバル』を範にした『ニューポート・フォーク・フェスティバル』は1959年に始まっている。このふたつのフェス、主催はどちらもジャズのプロデューサー・プロモーターとして知られたジョージ・ウェインで、ジャズの関係者ではあるものの、良い音楽を広めたいという意志のもと、さまざまなフェスをスタートさせている。他によく知られているものでは、『ニューオリンズ・ジャズ&ヘリテイジ・フェスティバル』(70年~)や『プレイボーイ・ジャズ・フェスティバル』(59年~)などがある。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。