sukekiyo、音源映像集『INFINITUM』
を5月発売+5公演の国内ツアー開催

DIR EN GREYの京が率いる5人組バンドsukekiyoが5月24日、音源映像集『INFINITUM』をsukekiyo公式通販サイトにてリリースすることが発表となった。音源映像集のリリースは2017年6月の『ADORATIO』以来、約1年11ヵ月ぶりとなる。
ラテン語で“無限”を意味する“インフィーニートゥム”が冠された音源映像集『INFINITUM』は、“無限に広がる可能性”というテーマを持つもの。数量限定でリリースされる公式通販限定盤は3枚組となっており、本編ディスク(音源/Blu-spec CD2)に<sukekiyo 二〇一八年公演 「マニアの詩姦」 -漆黒の儀->会場限定盤として発表された楽曲「kisses」の再録ヴァージョンを含む、新曲全13曲を収録する。

特典ディスク(音源/Blu-spec CD2)にはコラボレーション楽曲を複数曲収録。ディスク1および2ともに原音に忠実な高品質CD規格“Blu-spec CD2”を起用するなど、音の品質に重きを置いた作品集として届けられる予定だ。さらに特典映像(Blu-ray)には、最新楽曲のミュージックビデオに加え、2018年11月15日に東京国際フォーラムで開催された<sukekiyo 二〇一八年公演 「マニアの詩姦」 -漆黒の儀->の模様が収録されるとのこと。

sukekiyoは5月31日の新潟公演を皮切りに国内ツアー<sukekiyo TOUR2019「FORTY」>を開催することも発表となった。同ツアーは、新潟、愛知、大阪、福岡、東京といった5公演の規模で行われるものとなる。sukekiyo公式モバイルサイト「sukekiyo online」会員を対象としたチケット先行受付は2月19日(火)12:00より。

■音源映像集『INFINITUM』

2019年5月24日リリース
【公式通販限定盤 ※数量限定 3枚組(2Blu-spec CD2+Blu-ray)】
PZSK-030~032 ¥7,500 (tax out)
▼公式通販受付方法
2019年2月19日(火)12:00より公式通販サイト「GALAXY BROAD SHOP」にて受付開始
https://www.galaxybroadshop.com/artist/sukekiyo/


■<sukekiyo TOUR2019「FORTY」>

5月31日(金) 新潟LOTS
6月04日(火) 愛知・名古屋ReNY limited
6月05日(水) 大阪・UMEDA TRAD
6月07日(金) 福岡・スカラエスパシオ
※席種:スタンディング
6月27日(木) 東京・中野サンプラザ
※席種:「我心」/「是空」/通常指定席
※open18:00 / start18:30(※全公演)
(問)NEXTROAD 03-5114-7444
▼チケット
・スタンディング ¥6,480
・「我心」 ¥8,500
・「是空」 ¥8,000
・通常指定席 ¥6,480
【「我心」及び「是空」について】
※official mobile site sukekiyo online会員・京online会員のみご購入いただけるオリジナル特典付き特別チケットです。
※「我心」は1F指定席前方、「是空」は2F指定席前方となります。
※オリジナル特典は当日、会場の指定窓口にてお渡し致します。
【sukekiyo online先行受付】
受付期間:2/19(火)12:00〜3/3(日)23:59
【京 online先行受付】
受付期間:3/18(月)12:00〜3/24(日)23:59

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着