「TOKYO ART BOOK FAIR: Ginza Edit
ion」銀座で開催、約150組が出展

「TOKYO ART BOOK FAIR: Ginza Edition」が、2019年3月8日(金)から4月7日(日)まで、銀座ソニーパーク(Ginza Sony Park)にて開催される。
2009年、アート出版に特化した初めてのブックフェアとしてスタートした「東京アートブックフェア」。毎回、国内外の出版社やギャラリー、アーティストら約350組が出展し、2万人以上を動員するアジア最大規模のアートブックフェアだ。開催期間が1ヶ月に及ぶ新たな試みとなる今回は「公園」をテーマに、アートブックの魅力を多角的に紹介する。
期間中の毎週末は、入れ替わりで25〜30組ずつ合計約150組の出展者が参加する「Exhibitor Booth」が登場。それぞれのテーブルでは、各出展者が来場者と直接コミュニケーションを取りながら、印刷物の魅力を伝えてくれる。
平日は、週末のブース出展者より出展料として10冊ずつ集めた、約1500冊を超えるアートブックがストックされた全長12メートルに及ぶ「Art Book Vending Machine(アートブック販売機)」を設置。販売機でキーワードを選ぶと、それに紐づく一冊が受け取り口から出てくるという、「東京アートブックフェア」ならではのユニークな企画だ。
また、週替わりで4つの展覧会も同時開催。アーティストデュオ・OK-RM、現代美術家・河井美咲、写真家・ホンマタカシ、そして映画監督、アーティストのミランダ・ジュライが、印刷物にまつわる作品の展示を行う。
そのほか、公募の中から「東京アートブックフェア」がセレクトした国内外の個性豊かなアートブックやZINE約500タイトルの展示販売を行う「ZINE’S MATE SHOP」も復活。初年度の2009年から2015年まで毎年開催されていた人気コンテンツで、一般書店には流通しないレアなアートブックに出会える。
【開催概要】
「TOKYO ART BOOK FAIR: Ginza Edition」
開催期間:2019年3月8日(金)〜4月7日(日)
時間:10:00〜20:00
※3月8日(金)は17:00〜21:00
※会期中無休
入場料:無料
会場:銀座ソニーパーク(東京都中央区銀座5-3-1)

新着