映画『嘘八百』続編が2020年新春公開
へ、中井貴一×佐々木蔵之介が幻の茶
器を巡って再びタッグ

映画『嘘八百』の続編製作が決定。前作につづき、中井貴一×佐々木蔵之介をW主演に迎え“開運お宝”コメディを描く。公開は2020年新春を予定している。
映画『嘘八百』は、中井貴一演じる目利き古物商・小池則夫と、佐々木蔵之介演じる陶芸家・野田佐輔がタッグを組んで、一攫千金を狙う“開運お宝”コメディ。2018年1月に公開され、話題を呼んだ。
人気作の続編は、大阪・堺に加え古都・京都まで舞台を広げ、新たなストーリーを綴る。利休の茶の湯を継承し「天下一」と称された武将茶人“古田織部”の幻の茶器を巡って、小池則夫と野田佐輔が再び集結。知的好奇心をくすぐる骨董トリビアを交えながら、ユニークな物語を描き出す。
また、シリーズ最新作にはマドンナ役で、昨年映画『ラブ×ドック』に出演した、広末涼子の参戦が決定。2人と幻の茶器に深く関わってくる着物美人の「志野」役を演じる。
監督・脚本は、前作に続き武正晴と今井雅子のコンビだ。
映画『嘘八百』続編
公開予定時期:2020年新春
監督:武正晴
脚本:今井雅子、足立紳
出演:中井貴一、佐々木蔵之介、広末涼子