山下久美子

山下久美子

山下久美子、還暦記念ツアー開催
&50代最後を飾るライブDVD発売決定

山下久美子が還暦を記念してのライブツアー『山下久美子 The Sweet Sixty ☆Special Rockin'Live』を2月17日の名古屋ブルーノートからスタートさせる。

1980年に「バスルームから愛をこめて」でデビューすると、「赤道小町ドキッ」などのヒットを連発し、その過激なライブパフォーマンスから“総立ちの久美子”の異名で一斉を風靡した山下久美子。そんな彼女が1月26日にめでたく還暦を迎えた。2005年以降は一時期活動を縮小していたものの、2013年に大澤誉志幸とのコラボレーションアルバム『& Friends』のリリースをきっかけに完全復活。徐々にライブの本数も増やし、再び“総立ちの久美子・健在!”と言われる程のエキサイティングなライブパフォーマンスを見せている。

その歌声やパフォーマンスは還暦を迎えた2019年も変わらず、“これが還暦を迎えた女性アーティストのライブか!?”と驚くこと請け合いのライブツアー『山下久美子 The Sweet Sixty ☆Special Rockin'Live』が、いよいよスタート。まさに“総立ちの久美子”を知る世代にはオールタイムベストのような選曲と、圧倒的なパフォーマンスと伝説の“CANDY VOICE”が響き渡ることとなるライブに期待してほしい。

そして、そのツアーを記念して久しぶりとなるライブ映像作品『山下久美子 Love(ハート)You Live☆“Sweet Rockin' Best of Live 2018”』の発売も決定! 2018年6月に収録された、正に還暦直前の50代最後を飾る記念すべき作品で、“Best of Live”のタイトル通り、デビュー曲「バスルームより愛をこめて」、そして「赤道小町ドキッ」「こっちをお向きよソフィア」「シャンプー」「宝石」「情熱」「Stop Stop Rock'n' Roll」、さらには35周年記念アルバムに新曲として収録された最新曲「Din-Don-Danホラ胸が鳴る」まで全19曲、約107分にも及ぶ熱いライブを収録。ぜひこちらもチェックしてみよう。

『山下久美子 The Sweet Sixty
☆Special Rockin'Live』

2月17日(日) 愛知・名古屋ブルーノート
1st.開場 16:00/開演 17:00
2nd.開場 19:00/開演 20:00
詳細:http://www.nagoya-bluenote.com

2月23日(土) 東京・渋谷 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
開場 17:15/開演 18:00
詳細:http://www.pleasure-pleasure.jp/index.php

3月02日(土) 大阪・ビルボードライブ大阪
1st.開場 15:30/開演 16:30
2nd.開場 18:30/開演 19:30
詳細:http://www.billboard-live.com/
DVD『山下久美子 Love(ハート)You Live☆”Sweet Rockin’ Best of Live 2018″』2019年2月20日発売
    • TEBI-48556/¥4,444+税
    • <収録曲>
    • 1.秋ラメきれない Night Movie
    • 2.LOVER ステッカー
    • 3.情熱
    • 4.宝石
    • 5.酒とバラ
    • 6.次の駅に着いたら
    • 7.スープ
    • 8.ベジタリアン
    • 9.いっぱいキスしよう
    • 10.シャンプー
    • 11.LOVER MAN
    • 12.時代遅れの恋心
    • 13.赤道小町ドキッ
    • 14.ちょいまちBaby なごりのキスが
    • 15.こっちをお向きよソフィア
    • 16.Stop Stop Rock'n' Roll
    • 17.LOVIN' YOU
    • Encore
    • 1.バスルームから愛をこめて
    • 2. Din-Don-Dan ホラ胸が鳴る
    • (全19曲収録 約107分)
    • ※2018年6月29日 Mt. RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて収録
    •  
    • なお、 ライブ・アルバムのように音だけ聴きたい!という方向けに音源のみの配信も展開されております。 各配信サイト、 サブスクリプションサイトにて既に配信中です。
山下久美子
DVD『山下久美子 Love(ハート)You Live☆”Sweet Rockin’ Best of Live 2018″』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。