『ボヘミアン・ラプソディ』、英国ア
カデミー賞で2部門受賞

日曜日(2月10日)、ロンドンで第72回英国アカデミー賞(BAFTA)が開催され、クイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』が2部門を受賞した。
今年、このカテゴリーをほぼ総なめ状態のラミ・マレックがここでも主演男優賞に輝き、もう1つは音響賞を受賞した。『ボヘミアン・ラプソディ』は、『女王陛下のお気に入り』の今年最多12部門に次ぎ、主演男優賞、撮影賞、英国作品賞、音響賞、衣装デザイン賞、メイクアップ&ヘア賞、編集賞の7部門で候補に挙がっていた。

マレックは、クリスチャン・ベール(『バイス』)、スティーヴ・クーガン(『僕たちのラストステージ』)、ブラッドリー・クーパー(『アリー/ スター誕生』)、ヴィゴ・モーテンセン(『グリーンブック』)と競い、主演男優賞を手にした。
『ボヘミアン・ラプソディ』同様7部門にノミネートされていたレディー・ガガ&ブラッドリー・クーパー主演の『アリー/ スター誕生』は作曲賞に輝いた。ガガは、同日開催されたグラミー賞に出席するため、この場にはいなかったが、受賞の知らせに涙する画像をTwitterに投稿し、「@BAFTAで作曲賞を受賞するなんて信じられない」「ファンのみんな、ありがとう。すごく愛してる」とつぶやいた。
第72回英国アカデミー賞(BAFTA)では、『ROMA/ローマ』が作品賞と監督賞(アルフォンソ・キュアロン)を、主演女優賞は『女王陛下のお気に入り』のオリヴィア・コールマンが受賞した。『女王陛下のお気に入り』は今年最多の7部門を獲得した。

Ako Suzuki

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。