「事務職」が上手に“給与アップ”す
る方法は? キャリアカウンセラーに聞
いた

今の仕事、給与が上がらないかな……と思っていませんか? 特に事務職などで頭打ちを感じることも多いのではないでしょうか。そこで働く20代女性が給与をアップするのための方法を、キャリアカウンセラーの方に伺いました。

あなたは今のお仕事の給与に不満を感じていませんか?
この記事の完全版を見る【動画・画像付き】
給与アップといってもなかなか今の環境ではむずかしそうと思っている方も多いかもしれません。
しかし、給与アップは、やり方によっては実現可能なのです。
今回は株式会社キャリ・ソフィアの代表で、キャリアカウンセラーの木山美佳さんに、給与アップの具体的な方法を教えていただきました!
20代女性事務職だけど給与アップはできる?20代の女性で、会社の事務員というケースで考えた場合、給与アップはどのくらい期待できるのでしょうか?
木山美佳さん(以下、木山)「特に事務職系の評価はむずかしいと言われています。これまでは、多くの企業では『定量評価』といって、数値化できる指標での評価が大部分を占めていました。
一方、事務職のほとんどは、定型業務といって決まったパターンでの仕事であったり、営業職などの補助的な仕事も多く、個人のパフォーマンスを数字で表しにくいのです。
しかし最近は、定量評価だけでは不十分であるとし、評価の仕方を改善する企業も増えてきました。
具体的には、定量では評価しきれない、例えば『チームのムードメーカー』、『他者への協力』など数値では測れない、『定性評価』といわれる部分、つまり数値化できなくても、貢献できていることを評価しようという動きも出てきています。
もし入社前であれば、就職、転職しようとしている会社の人事評価制度について調べ、定性評価が採用されているか、されていればどんな項目が問われるのかなども、知っておくことをおすすめします」
定型業務の仕事をしている方は、まずは、自分の数字では計れない強みを見つけて、評価につながるように伸ばしていくのもよさそうです。
今の職場で給与アップするには?もし、今務めている職場で給与アップを狙うなら、どのような方法があるのでしょうか。木山さんは次の方法を挙げます。
1. 資格手当をもらう
木山「社内での給与アップの方法としては、資格手当などがあります。
企業によっては、業務に必要な資格を取得すると給与に加算される制度を取り入れているところがあります。そういった制度がないか、確認してみましょう」
2. 管理職を目指して着実に昇格する
木山「管理職を視野に入れて、着実に昇格していく方法もあります。
実際、総合職と一般職が設けられている企業は、事務系の多い一般職の昇格が難しいこともあります。いまは女性活躍の流れもあり、総合職への転換を推奨している企業も多いので、職種が変わったり、転勤があったりする可能性はありますが、検討してみるのも一つの方法です」
3. 社内検定制度があれば挑戦する
木山「企業によっては、社内検定制度を取り入れているケースもあります。
厚生労働省が認めると『認定社内検定』になるということもあり、今後、導入する企業は増えていくと思われます。
もし社内に制度があるようであれば、積極的に挑戦することで昇給につながる可能性も高くなるでしょう」
自分の市場価値に注目!
自分の市場価値を地道に上げていく方法も給与アップを実現することは、なかなか簡単とは言いがたいのが現実です。
ここは長期戦! 普段からコツコツ積み上げていく戦法を取るのも有効だそう。具体的には、どんなことを行っていけば良いでしょうか?
木山「女性は変化することの抵抗などから、現状維持派が多い傾向にありますが、給与アップを狙うのであれば、自分自身を変化させていく必要があります。
具体的には、スペシャリストとして資格や能力アップに取り組むなどして自分自身の市場価値を上げていくこと。また、管理職になることを視野に入れて、そのベースを作っていくなどです。
結婚や出産といったライフイベントが起きやすい30代に入る前に、 さまざまな経験を積み重ねていく『前倒しキャリア』は、以降のキャリアアップにつながります。
20代はさまざまな可能性を秘めている世代ですので、ぜひチャレンジして欲しいと思います」
転職したら給与アップはできる?今の職場の給料に不満があり、他に移ればもっと待遇がよくなるのでは? と考える方もいるでしょう。
給与アップをねらって転職するのはありなのでしょうか?
木山「転職などで現状より給与の高い企業へ移ろうとする場合、シビアですが、市場価値が高くなければ、なかなか大幅なアップにはつながりません。
特に定型業務のスキルのみでは、今後、業務が自動化されていく傾向にあることもあり、難しいでしょう。
やはり、専門的知識や経験など、企業が欲しい人材になるためのスキルを身につける必要があります。
昨今は、副業などを認めている企業も徐々に増えてきましたので、『本業プラス副業』で収入をアップさせようと考える人もいますが、実際問題、すぐに副業で稼げるようになることはそれほど多くはないようです。
副業に力を注ぎすぎて、本業と副業のバランスを崩すと、かえって両方ともうまくいかなくなることもありますので、副業で収入を増やしたい方は、将来、起業を目指すなど、長期目線で地道に考えるほうがよいと思います」

すぐにできる給与アップの方法を実践してみるのと共に、長期的な視野で自分の市場価値を高めていくことを意識しながら、日々の仕事に取り組んでいくのもいいのではないでしょうか。
特に数字では計れない、自分だけの強みを見つけ伸ばしていくことは、労働市場で勝負できる力を身につけることにつながるでしょう。
【取材協力】木山美佳さんプロフィール
大手人材会社にて研修講師・キャリアカウンセラーなどを経験。有名サイトでは660人の登録キャリアカウンセラーのうち、西日本ランキング5位を取得。航空系研修会社にて研修講師として、多種多様な企業の研修・講演および大学におけるなどで多数の実績を持つ。2011年より株式会社キャリ・ソフィア代表。キャリアコンサルタント。

ウレぴあ総研