ハイ・オン・ファイア、グラミー受賞
に「好きなことやってて賞なんていら
なかったのに」

開催中の第61回グラミー賞で最優秀メタル・パフォーマンスに輝いたハイ・オン・ファイアが、TV中継されなかった受賞シーンをインスタグラムで公開した。

ステージに上がったフロントマンのマット・パイクは、「ワオ、なんて旅だ。自分らが愛することをやってて、俺ら、アワードは本当に必要としていなかった。21年が経ち、とうとうこれを手にした。(レコーディング・)アカデミー、ありがとう」と話した。
View this post on Instagram

WOW! Thanks everyone for all of your support! #grammys

???????????????? ???????? ????????????????さん(@highonfireband)がシェアした投稿 -

ハイ・オン・ファイアは昨年10月にリリースした8枚目のスタジオ・アルバム『Electric Messiah』のタイトル・ソングで同アワードを受賞した。グラミー唯一のこのメタル・カテゴリーには今年、彼らのほか、ビトウィーン・ザ・ベリード・アンド・ミー「Condemned To The Gallows」、デフヘヴン「Honeycomb」、トリヴィアム「Betrayer」、アンダーオース「On My Teeth」がノミネートされていた。
View this post on Instagram

Here we are! #grammys

???????????????? ???????? ????????????????さん(@highonfireband)がシェアした投稿 -

候補の発表があった際、ハイ・オン・ファイアのドラマー、デズ・ケンセルは「受賞するかしないかは問題じゃない。音楽に人生を捧げてきた俺らのハード・ワークや犠牲が認められたのが光栄だ」と、ベーシストとジェフ・マッツは「興奮してるなんてものじゃない。俺ら、このアルバムの曲作りとレコーディングにたくさんの汗と眠れぬ夜を注ぎ込んだ。こういう形で努力が認められるなんて素晴らしい」と、コメントしていた。

Ako Suzuki

■番組情報

『第61回グラミー賞授賞式』
放送日:2019年2月11日(月・祝)よる10:00 [WOWOWライブ] ※字幕版

[リピート放送]
『第61回グラミー賞授賞式』
放送日:2019年3月31日(日)午後3:00 [WOWOWライブ] ※字幕版

特設サイト: https://www.wowow.co.jp/music/grammy/

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。