クリス・コーネル、グレタ・ヴァン・
フリート、グラミー・ロック部門受賞

現地時間2月10日(日曜日)、米ロサンゼルスで開催中の第61回グラミー賞にて、グレタ・ヴァン・フリートが2017年秋に発表したEP『From The Fires』で最優秀ロック・アルバムを受賞した。

同部門には彼らの作品ほか、アリス・イン・チェインズ『Rainier Fog』、フォール・アウト・ボーイ『M A  N   I    A』、ゴースト『Prequelle』、ウィーザー『Pacific Daydream』が候補に挙がっていた。
また、アークティック・モンキーズ「Four Out Of Five」、クリス・コーネル「When Bad Does Good」、FEVER 333「Made An America」、グレタ・ヴァン・フリート「Highway Tune」、ヘイルストーム「Uncomfortable」がノミネートされていた最優秀ロック・パフォーマンスは故クリス・コーネルへ贈られた。コーネルはこれまでサウンドガーデンで2度グラミー(1995年にサウンドガーデンの「Spoonman」で最優秀メタル・パフォーマンス、「Black Hole」で最優秀ハードロック・パフォーマンス)を受賞しているが、ソロでは初めてだった。
最優秀ロック・ソングはセイント・ヴィンセントの「Masseduction」が、最優秀メタル・パフォーマンスはハイ・オン・ファイアの「Electric Messiah」が受賞した。

最優秀ロック・ソングにはセイント・ヴィンセントほか、グレタ・ヴァン・フリート「Black Smoke Rising」、トゥエンティ・ワン・パイロッツ「Jumpsuit」、ブリング・ミー・ザ・ホライズン「Mantra」、ゴースト「Rats」が、最優秀メタル・パフォーマンスには、ビトウィーン・ザ・ベリード・アンド・ミー「Condemned To The Gallows」、デフヘヴン「Honeycomb」、トリヴィアム「Betrayer」、アンダーオース「On My Teeth」が候補に挙がっていた。
Ako Suzuki

■番組情報

『生中継!第61回グラミー賞授賞式』
放送日:2019年2月11日(月・祝)午前9:00 ※二カ国語版(同時通訳) [WOWOWプライム]

『第61回グラミー賞授賞式』
放送日:2019年2月11日(月・祝)よる10:00 ※字幕版 [WOWOWライブ]

特設サイト: https://www.wowow.co.jp/music/grammy/

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。