人生の新たな出発のお供に!嵐の「門出を祝う名曲」5選

人生の新たな出発のお供に!嵐の「門出を祝う名曲」5選

人生の新たな出発のお供に!嵐の「門
出を祝う名曲」5選

嵐の曲には「門出を祝う曲」が多い!

ラブソングはもちろん、友情や青春を歌った曲など、その楽曲の幅はとても広い嵐。
嵐の名曲を詰め込んだこちらの記事も、ぜひご覧ください!

【特集】世界に愛されるアイドル・嵐。本当に聴いてほしい隠れ名曲9選!

さてさて、「新たな門出」というと、卒業をイメージする方も多いのではないでしょうか?
卒業は、これからの新たな生活のスタート地点であり、人生の節目のタイミングでもありますよね。
実は嵐の楽曲には、そんな「新たな門出」を祝う曲がとても多いのです!
そして、その曲はどれも名曲。
今回は、そんな新しい人生の出発に聴きたい・贈りたい曲を5曲ご紹介します!
ワイルド アット ハート
画像引用元 (Amazon)

「ワイルド アット ハート」は、2012年3月7日にリリースされました。
メンバーの松本さんが主演を務めたドラマ「ラッキーセブン」の主題歌にも起用されました。
卒業などに焦点を当てたものではありませんが、新しいスタートを切ろう!という人にぜひ聴いてほしい一曲です。
新しいことを始めるときには、誰でも不安がついてきますよね。
そんなときにも、「背負い込みすぎたら捨ててゆこうぜ」とまで!
無理する必要はない。
「一度きりの人生」なので、自分の思うように、好きなように、自分らしく進んでいこう!という前向きな気持ちにしてくれます!
サクラ咲ケ
画像引用元 (Amazon)
「サクラ咲ケ」は、2005年3月30日にリリースされました。
(中略)
曲名からも、門出を祝うのにピッタリだということが分かりますよね!
後ろには明日はない、時間はかかるけど夢は叶う、だから前を向いてまずはやってみろ!というメッセージが込められたようなこの曲。
新しいことを始めるときの不安などが渦巻く感情に、やる気や勇気をもたらしてくれるようですよね!
なんだか未来が楽しみになってきませんか?
旅立ちの朝
「旅立ちの朝」は、2006年7月5日にリリースされたアルバム「ARASHIC」に収録されました。
メジャーな曲ではありませんが、歌詞がとても心に響く名曲です。

(中略)
いかがですか?
これから門出を迎える人の心に、ドーンと迫るものがありませんか?
曲調も、これからの旅立ちの春にピッタリなあたたかな雰囲気が出ています。
バラード調で少し切ない感じもしますが、歌詞は前向きで、「自分の選んだ道を精一杯進んでいきたい」という強い気持ちが込められているような気がします。
ぜひ一度聴いてほしい、門出を祝う隠れ名曲です!
果てない空
画像引用元 (Amazon)
「果てない空」は、2010年11月10日にリリースされました。
メンバーの二宮さん主演ドラマ「フリーター、家を買う。」の主題歌に起用されました。

(中略)
うまくいかない、うまくいくか分からない、そんな時でも何度でも挑戦することの大切さを教えてくれる曲です。
新しいスタートを切る上で、失敗をする可能性を考えることもありますよね。
もしかしたら、本当にこれでよかったのかと、今の選択に迷ってしまっている人もいるかもしれません。
しかし、夢があるなら真っ直ぐ追いかけて!何度だってやり直せるんだから!そんな強い思いを伝えてくれるのがこの曲です。
何かに悩んだときにも聴きたい、背中を押してくれる一曲になっていますね!
風の向こうへ
「風の向こうへ」は、2008年8月20日にリリースされました。
この曲は、生粋の卒業ソング!などというわけではありません。
しかし歌詞を見てみると、「自分の追いかける道は、未来に続いている!」という前向きなものになっています。
また、こんな歌詞も。
未来で、今のこの選択が良かったといえるように、自分の辿った道は間違っていなかったといえるように、精一杯走り抜けよう!という意気込みです。
曲調も明るく爽やかなものになっていて、気持ちを一新、新たなスタートを切る人におススメです!
新たなスタートに音楽を
いかがでしたか?
嵐の楽曲は、前向きなものが多く新しいスタートにも「頑張ろう!」という気持ちにしてくれますよね。
これから迎える人生の門出に不安や焦り、楽しみや期待などさまざまな感情を抱えている方全てに贈る、嵐の門出を祝う曲。
ぜひ、音楽と共に素敵なスタートを切ってくださいね!
TEXT mayuka
歌詞の意味を解読!?厳選歌詞コラム3選
■会社で働く毎日にオススメなのは、アラシ(嵐)の「ナイスな心意気」
■幸せのカタチを問い掛ける。合わせて聴きたい嵐『LIFE』と『素晴らしき世界』
■流れるだけで恋の予感がする『Love so sweet』。実は別れの歌だよ。

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen