『I ROCKS 2019』最終出演アーティスト解禁

『I ROCKS 2019』最終出演アーティスト解禁

LACCO TOWER主催『I ROCKS』
最終発表はTHE BACK HORNら9組

LACCO TOWER主催の音楽イベント『I ROCKS 2019 stand by LACCO TOWER』の最終出演者が発表された。

5月12日 、6月7日〜6月9日と初の4日間開催となる『I ROCKS』。今回の発表でoldflame感覚ピエロGOOD ON THE REELSourireNUBOTHE BACK HORN、メリー ガラ&結生(新宿ブルース)、mol-74ラックライフの9組が追加となり、各出演者の日割りも明らかになった。

チケットのオフィシャル3次先行は2月10日正午からスタート。4日間通し券はすでに完売している。

【塩崎啓示(LACCO TOWER、
アイロックス 代表取締役) コメント】

ついにI ROCKS 2019の出演者が出揃いました。
今年も群馬バンドをはじめ、I ROCKSには欠かせないお馴染みのアーティスト、念願叶っての初出演していただくアーティストと豪華な顔ぶれになりました。
ライブでのスピリッツや音楽性は多種多様ではありますが、今回出演してくれるアーティストには、僕たちが掲げている「目指す、挑む、越える」というロックの定義があてはまります。
何より、これ以上ないほどの愛があり、心から誇りに思える盟友です。
だからこそ、I ROCKSでしかない特別な空間、奇跡が生まれると信じています。
生で見て感じて、これからの人生に繋がるような出会いをしてくれたら幸いです。
そして今年も、昨年からスタートさせたご家族やライブが初めての方でも楽しめる空間を作れるよう、メンバー、スタッフ一同、全力で取り組んでいきます。
今後も少しずつ詳細が解禁されていきますが、いいものは継続し、新たにチャレンジもしていきます。
いずれも皆さんをワクワクさせるような内容となっております!!
開催まで残り3ヶ月、史上最幸なロックフェスをお届けするため、みんなが帰って来られる「家」であなたの帰りをお待ちしております。

『I ROCKS 2019
stand by LACCO TOWER』

5月12日(日)  群馬音楽センター(I STAGE)
開場:17:00 / 開演:18:00
出演:LACCO TOWER / SUPER BEAVER
※待望のツーマンライブとしてお届けいたします。

6月07日(金)  群馬音楽センター(YOU STAGE)
開場:17:00 / 開演:17:30
出演:松川ケイスケと真一ジェット /片平里菜 / goodtimes / 秀吉 /村松拓 (Nothing's Carved In Stone,ABSTRACT MASH)
※アコースティックセットを中心とするゆったりと楽しめるような1日になります。

6月08日(土)  群馬音楽センター
開場:11:00 / 開演:12:00
出演:LACCO TOWER / WOMCADOLE / 嘘とカメレオン / oldflame / KAKASHI / GOOD ON THE REEL / Saucy Dog / SHE'S / DJ岩瀬ガッツ with スベリー・マーキュリー / THE BACK HORN / FOMARE / BRADIO / ラックライフ

6月09日(日)  群馬音楽センター
開場:11:00 / 開演:12:00
出演:LACCO TOWER / ircle / Ivy to Fraudulent Game / WEAVER / 感覚ピエロ / サイダーガール / Sourire / NUBO / ハルカミライ / Halo at 四畳半 / メリー ガラ、結生(新宿ブルース) / mol-74 / Rhythmic Toy World
『I ROCKS 2019』最終出演アーティスト解禁
『I ROCKS 2019』最終出演アーティスト解禁
『I ROCKS 2019』
LACCO TOWER
ircle
WEAVER
KAKASHI
goodtimes
サイダーガール
DJ岩瀬ガッツ with スベリー・マーキュリー
秀吉
BRADIO
Rhythmic Toy World
松川ケイスケと真一ジェット
Ivy to Fraudulent Game
WOMCADOLE
嘘とカメレオン
片平里菜
Saucy Dog
SHE’S
SUPER BEAVER
ハルカミライ
Halo at 四畳半
FOMARE
村松拓 (Nothing’s Carved In Stone,ABSTRACT MASH)
oldflame
 感覚ピエロ
GOOD ON THE REEL
Sourire
NUBO
THE BACK HORN
メリー ガラ、結生(新宿ブルース)
mol-74
ラックライフ

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。