スカパラ トリビュート盤にACIDMAN
、氣志團、キュウソ、10-FEET、VIVA
LA J-ROCK ANTHEMS feat.TERU(GLAY
)ら全参加アーティスト発表

4月1日からデビュー30周年イヤーに突入する東京スカパラダイスオーケストラの、デビュー30周年企画の一環として3月13日に発売される初のトリビュートアルバム『楽園十三景』の第二弾参加アーティストと楽曲が発表された。
ACIDMAN / 楽曲:追憶のライラック
※オリジナルのリリースは2005年(Vocal:ハナレグミ
氣志團 / 楽曲:砂の丘~Shadow on the Hill~
※オリジナルのリリースは2005年(インストナンバー)
キュウソネコカミ / 楽曲:メモリー・バンド
※オリジナルのリリースは2018年(Vocal:スカパラ茂木欣一&沖祐市
10-FEET / 楽曲:DOWN BEAT STOMP
※オリジナルのリリースは2002年(Vocal:スカパラ)
・VIVA LA J-ROCK ANTHEMS feat.TERU(GLAY) / 楽曲:美しく燃える森
※オリジナルのリリースは2002年(Vocal:奥田民生
フジファブリック / 楽曲:戦場に捧げるメロディー
※オリジナルのリリースは1999年(Vocal:スカパラ)
HEY-SMITH / 楽曲:Glorious
※オリジナルのリリースは2018年(Vocal:スカパラ谷中敦)
(五十音順に掲載)
錚々たる顔ぶれのなか、「美しく燃える森」で参加するVIVA LA J-ROCK ANTHEMSとは、『VIVA LA ROCK』において亀田誠治がバンドマスターを務め、凄腕ミュージシャンとともに豪華なボーカリストを招いて日本のロックアンセムの数々を蘇らせるという企画ユニット。スカパラのギタリスト加藤隆志が2016年、2017年、2018年と3年連続でVIVA LA J-ROCK ANTHEMSに参加している繋がりもあり、亀田誠治からの提案でドラムにピエール中野凛として時雨)、ギターに津野米咲(赤い公園)、そして、ボーカルにはGLAYのTERUを迎え、このトリビュートアルバムだけのための奇跡的なANTHEMS BANDが実現した。
スカパラと亀田誠治といえば、スカパラがデビュー25周年イヤーの新たな挑戦として、2013年から2014年にかけて亀田誠治をプロデューサーに迎えてバンドコラボ3部作(10-FEET、MONGOL800ASIAN KUNG-FU GENERATION)を実施している。スカパラと強い絆のある亀田誠治が、今度はスカパラデビュー30周年イヤーのタイミングで自身が率いたVIVA LA J-ROCK ANTHEMS feat.TERU(GLAY)でセレクトした楽曲は、スカパラ最大のヒットナンバー「美しく燃える森」ということで、これは期待せずにはいられない。
また、氣志團がセレクトした「砂の丘~Shadow on the Hill~」は、かねてから團長の綾小路 翔がスカパラ楽曲のなかでいちばん好きと公言している曲だが、インストナンバーである「砂の丘~Shadow on the Hill~」を、何故、氣志團がセレクトし、どのような独自の解釈で完成させるのか注目。いつもの綾小路 翔の言葉を借りるなら「期待しかしないで」といったところだろうか。
先に発表された、大森靖子SKY-HIBiSH、04 Limited SazabysUNISON SQUARE GARDENLiSAの6組に加え、今回発表された7組で、全参加アーティスト・13曲が出揃い、ある意味、無双なトリビュートアルバムとなった『楽園十三景』。
ジャケット写真は、新たな浮世絵表現の画家・絵師として各界から注目されている石川真澄によるもので、花魁がスカパラメンバーの担当楽器を簪(かんざし)に見立てて身に付けた、作品名は『見立花魁須賀波羅太夫』(読み:みたておいらんすかぱらだゆう)とのこと。
なお、『楽園十三景』の特設サイトには参加アーティストのコメントも公開されている。また、3月13日に同時発売されるライブアルバム『2018 Tour「SKANKING JAPAN」" スカフェス in 城ホール" 2018.12.24』の購入特典情報もアナウンスされているので、気になる方はオフィシャルサイトにて確認を。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。