Tom-H@ckのコメントにORESAMA焦る 『
ワンダーランドへようこそ/秘密』配
信購入者限定スペシャルイベント イ
ベントレポート到着

2019年1月25日(金)、音楽ダウンロードサービス『mora ~WALKMAN(R)公式ミュージックストア~』が主催するORESAMA『ワンダーランドへようこそ/秘密』配信購入者限定スペシャルイベントが、都内某所にて開催された。事前応募者の中から高倍率をくぐり抜けた20組40名のみが参加できる、文字通りに"スペシャル"なイベントとなった。
撮影:Wataru Nishida(WATAROCK)
イベントは、ORESAMAのぽんと小島英也によるトークコーナーからスタート。まずは、2019年1月3日(木)にリリースされたばかりの配信限定シングルより、「ワンダーランドへようこそ」についての質問から始まる。司会を務めるmora"未"公認キャラクターのハイレゾマンが、「『ワンダーランドへようこそ』と、曲中で何回言っているか分かりますか?」と質問を振ると、首を横に振るぽんと小島。ハイレゾマンが回数を数えたところ、23回繰り返しているそうだ。
また「秘密」について、「今までのORESAMAのイメージとは違った曲調ですね」との問いかけに対し、「ピアノとストリングスをより良くしたくて、Yamato Kasai(Mili)さんにアレンジをお願いしました」と小島が答える。さらに2月2日(土)に控えたワンマンライブ「ワンダーランドへようこそ~in STUDIO COAST~」について、ぽんは「過去最高のワンダーランドを作っていきたいので、楽しみにしていてください」と話した。
ここで、ORESAMAのファンを公言している音楽プロデューサーTom-H@ck氏のコメント動画が到着。「ORESAMAの2人を食事会に誘っても、なかなか来てくれない」とのTom-H@ckのコメントに、小島は「本当にスケジュールが合わないかったんです!この後連絡します」と話した。
撮影:Wataru Nishida(WATAROCK)
イベント後半では、ライブ会場限定で販売予定の『WelcomeELCOME toTO WONDERLAND Vol.1』のダイジェスト映像が最速上映された。ORESAMA初の映像商品となる本作には、昨年赤坂BLITZで開催したワンマンライブ「ワンダーランドへようこそ~in AKASAKA BLITZ~」の模様が収録されている。まず流れるのは、ライブのオープニングの映像だ。ダンサーやレーザーによる華やかな演出を見ながら、「オープニングはライブのためだけに作った楽曲なので、DVDBDでしか聴けないですよ」とのプチ情報も。続いて「ワンダードライブ」の演奏の様子が大画面に映ると、「ちょっと泣きそう!蘇よみがえりますね」とぽんは語る。そして「流星ダンスフロア」では客席の風景が映し出され、ぽんは「ここに混ざりたい!」と盛り上がる。小島は「大画面で見ると、ライブ本物を見てるみたいですね!僕もBD買おう!」と話した。画像を見ながらぽんが思わず曲を口ずさむというファンには嬉しいプチサプライズもあった。
イベントの最後に、「こういう機会があまりないので、アットホームですごく楽しかったです」と口を合わせる2人。さらに参加者に抽選でサイン入りタオルが当たるコーナーもあり、イベントは盛況のまま終了した。
2月2日(土)に迫った『ワンダーランドへようこそ~in STUDIO COAST~』への期待も膨らむ内容となった本イベント、なかなかトークイベントなどを行わないORESAMAの二人の生の声を聞ける貴重な時間となった。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着