【仲村瞳の歌謡界偉人名言集】#82 プ
ロデューサー・吉田建の言葉

作詞家、作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、バンドマン、振付師、……そして、歌手。きらびやかな日本の歌謡界を支えてきた偉人たちを紹介するとともに、その方々が発したエネルギー溢れる言葉を伝えます。常軌を逸した言動の裏に、時代を牽引したパワーが隠されているのです! このコラムで、皆様の生活に少しでも艶と潤いが生まれることを願います。

アーティストのパフォーマンスや見え方
で音楽の聞こえ方も違う

より

今回の名言は、吉田建が音楽バラエティ番組『新堂本兄弟』(フジテレビ)で音楽監督、バンドマスターとして活躍していた頃のインタビューからの抜粋である。吉田は、「トーキングヘッズのメンバーがみんなロックの要素がない学生みたいな格好で演奏しているのを観て『革命だ!』と思いました」と語る。それまでのロックのイメージが崩れて早速髪を切ったというエピソードも振り返りつつ、この名言に繋げている。インタビューの中では、吉田の驚くべき音楽経歴が語られている。東海林太郎のバックの演奏をはじめ、田谷力三、長谷川きよし泉谷しげる吉田拓郎沢田研二坂本龍一、大瀧詠一、浅川マキりりィ氷室京介トータス松本KinKi Kidsなどなど、錚々たるアーティストと関わってきたことがわかる。その多彩な経歴とともに、この“気づき”こそ、吉田がプロデューサーとして異彩を放つ要因といえるのではないだろうか。

吉田建(よしだけん)
1949年11月21日生まれ、東京都出身。プロデューサー、ベーシスト、作曲家、編曲家。1972年、早稲田大学を卒業後、長谷川きよしのバックバンドでベーシストとしてプロデビュー。その後、りりィのバックバンド、バイ・バイ・セッション・バンドに参加。1980年代前半、沢田研二のバックバンド、エキゾティックスや泉谷しげるのバックバンド、LOSERなどでベーシスト&アレンジャーとして活躍。1988年、氷室京介のデビューアルバム『FLOWERS for ALGERNON』をプロデュース。同時期に、氷室京介をはじめ、吉川晃司ウルフルズ、吉田拓郎などのアレンジャー兼ベーシストとしても活躍している。1989年、『三宅裕司のいかすバンド天国』(TBS)にて、辛口審査員としてお茶の間で知られるようになる。1996年、吉田拓郎とKinKi KidsがMCを務めた音楽バラエティ番組『LOVE LOVE あいしてる』(フジテレビ)にベーシストとして出演。編曲も担当している。現在もなお、プロデュースを中心にプレーヤーとしても精力的に活動している。

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト