Da-iCE、初の大阪城ホール2Daysで全
国ツアー完遂!「たくさんの方にDa-
iCEを知っていただけて、本当に幸せ
です」

本日、1月15日でデビュー満5年を迎える5人組ダンスボーカルグループ・Da-iCEが、1月13日、14日の2日間で全国ツアー『Da-iCE 5th Anniversary Tour -BET-』のツアーファイナルを大阪城ホールで開催、2日間で2万人を動員した。

同ツアーは、昨年9月より千葉・幕張メッセイベントホール2Daysを皮切りにスタートさせた、全17ヶ所21公演、6万人を動員したグループ最大規模の全国ツアー。また、大阪城ホールはデビュー前に人気グループ・AAAのオープニングアクトとして初めてステージに立った思い出深い場所。その後もイベント出演等で何度か経験しているが、単独ライヴの開催はデビュー以来今回が初となる。7年前には大阪・三角公園にてイベントを実施していたDa-iCEにとって、念願の初大阪城ホール単独ライヴだ。
2018年1月から“5周年イヤー”と銘打ち、デビュー満5年に向けて精力的に活動してきた彼ら。メンバー5人全員が制作に携わり、Da-iCEに賭ける想いを詰め込んだ最新アルバム『BET』を引っ提げた今回のツアーは、アルバムで新たにチャレンジした楽曲とその世界観を見事に表現したステージングで、まるで1本の映画を観ているようなエンターテインメントショーに仕上がっている。ここまでコンセプチュアルに仕上げていたステージは、Da-iCE史上初めてだった。
超満員の大阪城ホールの熱気の中、アルバム『BET』収録「Flash Back」のMUISC VIDEOから続くストーリで作られたオープニング映像がスタート。「It’s not over」のイントロとともにステージ上に並んだ5面のLEDモニターがゆっくりと上にスライドし5人がステージに現れると、「大阪行くぞっ!!」という力強いボーカル・花村想太の掛け声で、大阪城ホールに集まった1万人のボルテージは一気にトップギアへ。大歓声と共にツアーファイナルが幕を開けた。「大阪城ホール、ツアーファイナルへようこそ!」と大野雄大。「記念すべき5周年イヤーラストの日ですから。みなさん、今日ファイナルですけど、ファイナルにふさわしい1日にしてくれますか?」と花村が会場を煽り、「FAKESHOW」「TOKYO MERRY GO ROUND」「トニカクHEY」などアルバムの収録曲を中心に、「雲を抜けた青空」「パラダイブ」などを含む全24曲を披露した。
今回のツアーの一番の見どころは、デビュー以来初めてチャレンジしたジャンル“ジャズ”の要素を詰め込んだ1曲「リグレット」だ。ボーカル・大野が「今回Da-iCEとして初めてジャズというジャンルにチャレンジしました。そして、今夜はこんなものを用意してみました」と指を鳴らすと、ステージ上にはグランドピアノとその横に立つ工藤。今回のライヴでは、パフォーマーの工藤がピアノの生演奏に初挑戦、更には、和田も人生で初のタップダンスに挑戦。また、ツインボーカルの花村と大野は初挑戦のジャズのリズムに乗せ、繊細な感情を歌に乗せ見事なハーモニーを聴かせると、歌詞の世界をまるで演じているかのように踊る岩岡が情熱的なダンス魅せ、初めて尽くしの演出で会場を魅了した。パフォーマンスを終えたとき、花村が「今回、僕たちがそれぞれ新しく挑戦をした1曲です。僕たちの挑戦が、みなさんの背中を押せたら」と語った。
ライヴが全て終了すると、会場から「Live goes on」の大合唱、そして曲の最後には「Da-iCE 21公演ありがとう」と書かれた紙が一斉に掲げられ、大阪城ホール一面に広がった1万のサプライズメッセージに「何!?」「ヤバい!!」とメンバーも感激。「みんなありがとう!!」とファンからのサプライズに応えた。
なお、アンコールでは、2019年4月に、現在東建コーポレーション“ホームメイト”のテレビCM曲としてオンエア中の新曲「WELCOME!」を収録したニューシングル、そして、ボーカルの大野の誕生日を記念してソロアルバムが発売されることが発表された。更には、6月にグループ初となるベストアルバムの発売と、自身最大級となる全国ツアー『Da-iCE BEST TOUR 2019』の開催も同時に発表。5周年イヤーの締め括りと同時に一気に発表された内容に、満員の大阪城ホールは、この日一番の大歓声が沸き起こった。花村は、これまでの5年を振り返り、「獲りたくて、獲れなかった賞だったり、悔しい想いもたくさんしたけど、楽しいこともたくさんあって。昔はライヴハウスが埋まるか埋まらないかだったのに、5年経ってこんなにもたくさんの方にDa-iCEを知っていただけて、本当に幸せです。ありがとうございます。この絆を音楽で繋げていって、また次にあったときにもっと最高な時間を過ごせるように僕たちも頑張ります」と、満員の大阪城ホールを見ながら語った。
1月14日のツアーファイナル公演で5周年イヤーの幕を閉じ、1月15日でデビュー満5年を迎えたDa-iCE。2019年はベストイヤーとして駆け抜けていく。
<セットリスト>
1.It’s not over
2.FAKESHOW
3.Limits
4.トニカクHEY
5.Back To The Future
6.Flash Back
7.Bodyguard
8.恋ごころ
9.リグレット
10.BET
11.Blackjack
12.Fly Higher
13.Up to the Stars
14.君色
15.わるぐち
16.雲を抜けた青空
17.この曲のせい-5 Voice & Acoustic ver.-
18.TOKI
19.Bamby Ride
20.TOKYO MERRY GO ROUND
21.いつか…
-アンコール-
EN1.エビバディ
EN2.パラダイブ
EN3.Live goes on

アーティスト

ランキングBOX

“気になる人の気になるランキング”をテーマに、様々な分野の著名人へ直撃した「MY BEST3」を紹介!オリジナルのランキングインタビュー記事をはじめグルメなどのトレンド情報やエンタメなどのストレートニュースなども毎日配信中です。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」