GDPR(EU一般データ保護規則)のニュ
ースになぞらえて制作されたプレイリ
スト『I Love GDPR』

今日の注目ピックアップ・Spotifyプレ
イリスト

I Love GDPR

Facebookユーザーの個人情報の流出などを踏まえ、EUにて2018年5月25日から施行されたGDPR(General Data Protection Regulation/一般データ保護規則)。あまりにも厳しい管理からイギリスの音楽メディア・Popjusticeがジョークも込めて制作したプレイリストが『I Love GDPR』。

GDPRの保護対象は幅広く、氏名、住所、位置データ、IPアドレス、クレジットカード番号、クッキー履歴等全てが含まれます。また違反した者には桁外れの罰金が課せられる為、GDPRが発効する5月25日前後には、EU域内の企業やグローバル企業から、個人情報に関する同意を求めるメールが大量に送信され、メールボックスがプライバシー同意のメールで埋め尽くされる事態が発生。その一連の騒動を楽曲タイトルに準えてプレイリストを制作しています。

プレイリスト内には韓国のガールズグループ4Minuteの「What’s your name?」やMichael Jacksonの「Privacy」、James Bluntの「Goodbye My Lover」 などプライバシー問題を恋愛に置き換えて作成された全24曲がセレクトされています。

GDPRについて理解を深めながら、こちらのプレイリストを聴いてみてはいかがでしょうか?
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。