『@JAM PARTY Vol.33』

『@JAM PARTY Vol.33』

@JAM PARTY Vol.34が本日開催!前回
開催の@JAM PARTY Vol.33をプレイバ
ック

今、注目のアイドルユニットが参加するライブイベント『@JAM PARTY Vol.34』が本日13日にAKIBAカルチャーズ劇場で開催。東京CuteCute、PiiiiiiiN、tipToe.、Jewel☆Ciel、つぼみの5組が出演する。

ここでは先月に開催された『@JAM PARTY Vol.33』の模様をご紹介。『@JAM PARTY Vol.33』にはTask have Fun、『インキーウップス』、Shine Fine Movement、Pimm’s、くるーずの5組が出演。
”@JAM PARTY Vol.33 第1部”のオープニングアクトには6人組ガールズユニットのくるーず が登場。客船をモチーフにしたステージで『未来少女A』などノンストップで航海を終えた。
トップバッターは7人組ミクスチャーロックグループのPimm’sが登場。『GekiヤVacation』などパワフルな歌とダンスで客席と一体となってステージを華麗に盛り上げた。
2番手は5人組グループShine Fine Movementが登場。新曲『リフレクト』『星に願いを』から『雪桜』などしっとりした曲まで初めてステージを観る観客にその存在を印象づけ、最後に『シンクロ』を披露して本日のステージを締めた。
続いて惜しくも昨年末で活動を停止した『インキーウップス』が登場。曲がかかったら会場がディスコ化、普段とは違うノリで客席が揺れた。代表曲を出し惜しみなく披露してハイスパートで駆け抜け、最後に秋葉原に爪痕を残した。
本公演のトリはその独特の歌と踊りで話題の3人組ガールズユニットTask have Funが登場。挨拶代わりに『けどハニカミ』を披露した後、本日は先に行われた東名阪ツアーで披露したソロ曲を3人全部見せてしまう特別版。最後は『3WD』で盛り上がりの中で”@JAM PARTY Vol.33 第1部”は幕を閉じた。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」