ボカロ有名曲の歌詞がたくさん登場!「砂の惑星」の歌詞に込められた意味

ボカロ有名曲の歌詞がたくさん登場!「砂の惑星」の歌詞に込められた意味

ボカロ有名曲の歌詞がたくさん登場!
「砂の惑星」の歌詞に込められた意味

ハチによる大人気ボカロソング「砂の惑星」。初音ミク、VOCALOIDを題材に作られている曲で、その深みたるや、聴いた人の心を掴んで離しません。
おしゃれで現代的なサウンドもかっこいいですよね!
この記事ではそんな「砂の惑星」の魅力にグイッと迫ります!
作者やMVにも触れていきますよ!
砂の惑星とは
「砂の惑星」はボカロP、ハチが2017年7月21日に公開した初音ミクを使った楽曲です。
前作「ドーナツホール」から約3年9ヶ月振りの投稿ということもあり、すぐさま話題になりました。
ニコニコ動画では約5時間半で10万再生を達成、その後、1週間とかからず100万再生、2018年現在では560万再生されています。YouTubeでも公開されており、こちらはなんと3300万再生以上!とんでもない人気作品ですね。
初音ミクを使った創作文化を体感できるイベント「マジカルミライ 2017」のオフィシャルアルバムにテーマソングとして収録されています。
作者はハチこと「米津玄師
作詞作曲をしたのはボカロPハチですが、彼にはもうひとつの顔があります。
それが、米津玄師。
HondaのCMソングに起用された「LOSER」やドラマ「アンナチュラル」の主題歌である「Lemon」など、数々のヒット作を生み出した、超人気シンガーソングライターです。ハチという名前は知らなくて、米津玄師なら分かるという方もいらっしゃるのでは?
もともとはバンドマンで、2009年頃からVOCALOIDを使った楽曲をニコニコ動画で発表し始めました。「マトリョシカ」や「パンダヒーロー」などのヒットを受け、ニコニコ動画を代表するボカロPに。
2013年にソロシンガーとしてメジャーデビュー。独特でおしゃれな曲調とやわらかい歌声、そして曲に込められた深いメッセージ性が受け入れられ、今では日本中から注目されているミュージシャンです。
また、CDジャケットや動画などで見られるイラストも自身で描いています。これまた独特なタッチで、曲の雰囲気とばっちり合っているものばかり。とても多才な人物ですね!
皮肉にも感じられる意味深なメッセージ性

ここからは「砂の惑星」の魅力に迫っていこうと思います!
まずは曲のメッセージ性から。
歌詞の内容についてはあとでじっくり触れていきますが、非常に意味深な言葉が多い作品です。
冒頭の歌詞を抜き出してみました。
この曲にはニコニコ動画やVOCALOIDを使った数多くの作品についての、ハチの思いが込められています。
そこで最初から「何もない砂場」「しょうもない音」など、なかなかネガティブな言葉選びがされていますね。これがファンや聴いた人の間で「どういう意味だ?」と議論を呼びました。
ハチ本人は「自分が一番ボカロPの活動をしていた頃と現状を見比べて考え、今の自分にできる形で表現した」という風なコメントをしています。
この歌詞をどう捉えるか、今の自分にどう当てはまるかをどうしても考えてしまう、そんな意味深なメッセージ性が込められた作品だからこそ、多くの人に聴かれています。

クールなサウンド、歌いたくなるメロディー
メッセージ性もさることながら曲自体、とてもかっこいいですよね!
ゆったりめなテンポですが様々な音色が使われていて、聴き飽きることがありません。バンドサウンドではなく、しかし打ち込みシンセサイザーっぽい作りでもない。音楽に詳しい人ならちょっと不思議な気持ちになるはずです。ジャンル分けが難しい。
これはいわば「ハチサウンド」と言えますね。彼にしかできない、彼だけの音楽です。
そしてメロディー!言葉数が多く、まるでヒップホップのようです。曲のクールな雰囲気とぴったりハマっていますね。
しかし、サビでの楽しげな「イェイ」。友達と行くカラオケで、みんなで一緒に歌いたくなります。
VOCALOIDらしい高速フレーズと合唱したくなる合いの手。歌いきれると本当に気持ちが良い曲ですよ!

VOCALOIDの未来を思う歌詞
ではここからは歌詞の中身を見ていきましょう!
上にも書いた通り、「何もない砂場」から歌詞は始まります。
現在の(公開の日時を考えると2017年頃の)ニコニコ動画、VOCALOID文化などを「今後千年草も生えない 砂の惑星さ」と表現しています。「草も生えない」は笑った時に使うネットスラング「草」からきています。ということで「草が生えない」=「笑えない」となります。
笑えないような状況だと、暗に示しています。
さらには運命がすり減り、衛星は墜落。砂の惑星には「立ち入り禁止の札」が立ち並びます。
ハチがボカロPとして精力的に活動していた頃は、VOCALOID文化や動画サイトなどが成長途中の時期です。今では当たり前になったYouTuberなどの数も少なく、まだまだこれから、という感じでした。
しかしそういう時期だからこそ、ある意味自由ではありました。ジャンル開拓が精力的に行われていたので、みんながみんな切磋琢磨、自分なりの表現を探して、文化を発展させていました。
その頃活動していた人からすると、現在の成熟したネット社会、VOCALOID文化は「やり尽くされた」と感じているかもしれませんね。

VOCALOID「初音ミク」は2007年に誕生しました。「砂の惑星」が公開された2017年でちょうど10周年。
10年…って長いですよね。発売当時10歳の小学生だった人なら、もう成人です。最近はボカロ曲聴いてないな…という方も中にはいらっしゃるでしょう。でも「君が今も生きてるなら」ぜひ応えて欲しい、今でも好きな人、久しぶりに聴いた人、とにかく「君」の言葉が欲しいと書かれています。

「サンゴーズダウン」はつまり夕日のこと。今日が終わります。
楽しかった今日ですが、お別れをすると「元どおり」の関係になります。
人に曲を聴いてもらうことは、直接話せる友達ができることではありません。曲が聴き終わると作者と聴き手の関係はいったん終わります。
でも誰かに自分の曲を聴いてもらえるのは嬉しいことです。作り続ければ、また作者と聴き手の関係が生まれます。
「思いついたら歩いていけ」新しいもの、やりたいことを思いついたらそこに向かって進んでいけ。もしかしたら、次にやりたくなるのは曲作りではないかもしれませんね。でもどういう形であれ「心残り残さないように」後悔のないようにしよう、と歌っています。
でもまだ日は暮れていません。今は「今日」が終わる直前です。
だから、この曲を聴いてくれている間は「友達でいようぜ」ということです。

「ハッピーバースデイ」は初音ミクの10周年のことですね。思い思いのお祝いをしようという意味です。
「そうメルトショックにて生まれた生命」このあと書いていきますが、この曲にはVOCALOIDの有名曲に関係する歌詞がたくさん登場します。その大元、初音ミクが使われた楽曲として最初期に流行した「メルト」がまずここで出てきます。
▼メルトの歌詞を見る

そして畳み掛けるように、こちら。
ここに出てくる楽曲を書き出してみますね!
【ねえねえねえあなたと私でランデブー?】
=「マトリョシカ/ハチ」
【今だパッパパッと飛び出せマイヒーロー】
=「パンダヒーロー/ハチ」
【ぶっ飛んで行こうぜもっと】
=「え?あぁ、そう。/蝶々P」
【エイエイオーでよーいどんと】
=「おこちゃま戦争/ギガP
【あのダンスホール】
=「ワールズエンド・ダンスホール/wowaka
【モザイクの奥】
=「モザイクロール/DECO*27
【太古代のオーパーツ】
=「カミサマネジマキ/kemu」
【光線銃でバンババンバン】
=「千本桜/黒うさP
【少年少女謳う希望論】
=「チルドレンレコード/じん
【驚天動地そんで古今未曾有の思い出は電子音】
=「お姫様は電子音で眠る/ハチ」
と、たくさんの楽曲が並びましたが、この辺りに関してはVOCALOIDファンの中では「別の曲では?」という議論もあります。曲の後半のフレーズには、また違う曲を示している、ような歌詞も登場。そうやって「この曲だろう」と考察する楽しみ方もありますね。

音楽には作者の色々な感情が込められています。音楽って楽しい!だけではありません。「戸惑い憂い怒り狂い」のように、ネガティブな思いで作られているものもたくさんあります。しかし、それを乗り越えて生み出された「祈り」つまり音楽たち。「君の心死なずいるなら 応答せよ早急に」ぜひ聴いて、何かを感じ取ってくれ、というメッセージですね。

また聴いてもらえるまで、つまり「仲直り」まで作者は作り続けるよ、という意味合いです。そして「思い出したら教えてくれ あの混沌の夢みたいな歌」。君が昔聴いていた、好きな音楽のことを思い出してくれ、という作り手側の願いが綴られています。もしその中に自分の曲があれば、作者は嬉しいものです。
「誰かが聴いてくれるから音楽を作る」これが商業的ではないVOCALOID文化が発展してきた理由ではないでしょうか。
プロじゃないけど、でも聴いてくれる人がいるから時間を割いて作る。創作が好きな人ならこの気持ち、分かるはず。

昔と今の状況は違うけど、自分(ハチ)からすると砂漠に見えてしまうけれど、でも「林檎の木を植えよう」また緑にあふれるといいな、と書かれています。
「あとは誰かが勝手にどうぞ」ハチ自身がVOCALOID界隈から離れることを言っているように見えますね。

笑えないような状況ではあるし、自分自身もその文化から離れたところへ行く。
でもまた、新しいものが生まれて欲しいと願っている。
「砂の惑星」に込められたメッセージの核心はここだと言えます。
この言葉で曲は締めくくられています。
大変だけども、それでも前に進んでいくVOCALOID文化。ハチの目線がぎゅっと凝縮された終わり方です。
ちなみに公式には発表されていませんが、イントロや間奏で聴こえる英語のような歌フレーズは、ファンの間では「Back to the history and remember when I was born」ではないかと言われています。
意味は「過去に戻って、そして私の生まれた時のことを思い出して」です。
「私」は初音ミクのことでしょう。ただVOCALOIDだけではなく、物作り、創作をする人なら誰しもの心に深く刺さる言葉です。

「砂の惑星」のオススメ歌ってみた動画を紹介

JubyPhonic

YuNi

男性も女性も、また英語バージョンで歌って方もいらっしゃいます!どれもかっこいいですね!もしカラオケで歌うのあれば、早口のパートで口が回るようにしっかり練習しましょう。
また、原曲を聴くと初音ミクのバックコーラスで男性が歌っています。これはハチ本人が歌っています。このようにデュエットソングとして挑戦してみるのもアリですよ!

映像と歌詞を見比べながら楽しもう
ハイクオリティなアニメーションは南方研究所という映像サークルが手がけています。有名アーティストのMV制作など、多岐に渡って活躍しているクリエイター集団です。ハチとは何度もコラボレーションしていて、そのうちハチ自身もメンバーとして加入しました。
そんな彼らのMVなので、しっかりと「砂の惑星」のメッセージ性が映像の中に落とし込まれています。
歌詞の内容がどう反映されているか、ぜひ見比べてみてください!
さらなる魅力の発見に繋がりますよ!
▼「砂の惑星」の歌詞をもう一度読む

TEXT 荒木若干

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen