三浦翔平&村井良大にインタビュー 
初共演で挑むのは二人の天才役! 舞
台『ピカソとアインシュタイン~星降
る夜の奇跡~』

ピカソとアインシュタイン、という20世紀を代表する稀代の天才二人が、もし20代の血気盛んな頃に出会っていたら? そんなとんでもない発想から生まれた舞台『ピカソとアインシュタイン~星降る夜の奇跡~』が、2019年4月25日(木)より、東京と大阪にて上演される。
本作の日本初演は1997年。さらに2000年には再演され、いずれもランダル・アーニーの演出によりピカソ役を岡本健一、アインシュタイン役を川平慈英が務めて人気を博した。
そして2019年は岡本・川平コンビによるROSEチームに加え、三浦翔平と村井良大がピカソとアインシュタインを演じるBLUEチームが誕生、2チーム制での上演となる。三浦と村井はこれが初共演。そんな二人に話を聞いてきた。
フィクションでファンタジー。だからこそおもしろい!
ーーお二人は同い年で同じ月の生まれなんですよね。そんな二人がそれぞれ世界を代表する天才を演じる事になりましたが、この作品のオファーが来たとき何を想いましたか?
三浦:この作品は再演ものであり、かつ今回は2チーム制で二役を演じるという新しい試みがなされると聞いて、楽しそうだなとまず思いました。と、同時に台詞量がハンパないなぁと(笑)。僕はストレートプレイという芝居が初めてなので、(村井を見ながら)センパイからいろいろ教えていただきたいです。
村井:え!? 僕でいいの(笑)? 三浦くんはこれまで舞台の仕事はあまりしてなかったんだよね。
三浦:はい。僕は映像畑で育ってきたんです。この前、劇団☆新感線の『髑髏城の七人』で舞台をがっつりやってきたばかりです。今回はチャンバラもなく芝居だけで見せていかないとならないので、非常に困っているんです。映像だともし間違えたとしても直しがききますが、生の舞台はそうはいかないので。
三浦翔平
ーー村井センパイ(笑)としてはこういう作品についてどのように感じていらっしゃいますか?
村井:センパイって(笑)! ストレートプレイかつコメディーは、空気感を作り出すのが難しいので、最初はそこで苦労するんです。でもハマればそのおもしろさが分かると思うんです。でも今回は台本が難解なのでそのおもしろさを掴むまでに時間がかかりそうなのと、あとは海外の演出家さんなので日本語との違い、そういうノリじゃないんだよね、といった「ズレ」があるかも。日本語と原文とで違いがあるのか、もしくは一緒なのか。その辺りの確認はありそうですね。
三浦:本国で実際に演出された方が前回の日本上演でも演出され、さらに今回は同じ人が手直ししつつ演出する……そうなると手直ししたことで、上手く伝わらない想いも出てくるかもしれないですね(笑)。
ーー今の段階では、台本が難解、日本語とのズレといった大変そうな点に目がいってしまいがちですが、逆に台本を読んでみてこれはおもしろい! と感じる事は?
村井:おもしろいところが多すぎて、これはどんなパズルなんだろうと思うんです。おそらくそれぞれのキャラクターの個性が大事になってくるんだろうなぁ。
三浦:僕はもう意味が分からなくて(笑)。交わらないはずの二人が交わるというファンタジー要素が大きすぎるので。二人が交わる事で何かを具現化する事ができるのかな。今、分からないと感じている事が分かるようになるんだろうか、と思うんです。
村井:そういえばこの作品って、ピカソだ、アインシュタインだ、と強調していない感じがいいですね。「この人はピカソでこういう人でうんぬんかんぬん~」みたいな説明がないのが逆におもしろくて。登場人物たちの会話が重なっていく事で、それぞれが新しい何かを見つけ始める……そこが演劇としておもしろそうです。ピカソとアインシュタインがもし出会っていたら? というフィクション、つまり大嘘があるのが僕はおもしろいと思っています。まぁ演劇ってたいがい大嘘だらけですから(笑)。その大嘘があるからこそ、新しいものが生まれてくると思うんですよ。
村井良大
二人の天才をどう演じるか?
ーーお二人はピカソとアインシュタインに対してどんなイメージを持っていますか?
三浦:まだまだ調べが全然足りないんですが、今知っている知識だけで見ると、ピカソは当たり前ですが、ものすごくアートな人物。でもきっと掘り下げていくにつれて、何故この時期にこんな絵を描いたのか、などが分かってくると思うので、本格的に稽古が始まる前にもっと調べてピカソに近づいておきたいです。
アインシュタインも同じく歴史的な人物ですが……僕の中では、舌を出したおじいちゃんというイメージです(笑)。
村井:僕も付け焼刃でアインシュタインを調べた程度なんですが、三浦くんが話していた舌を出したひょうきんな顔の写真。あれってあの一枚だけがひょうきんなだけで、普段は寡黙でカメラにまったく笑顔を向けない人だったそうです。でも舌を出した写真が広まったがために、ものすごくひょうきんな人だと思われるようになったと。そういう世間と本人とのギャップを今回の作品にも活かしていけたらなと考えています。
人のイメージって、芸能人だと特に多いと思いますが、写真などから受けたある一定のイメージを持たれやすい。でも芸能人も人間なのでいつもそうではない。だから僕もアインシュタインという人物を固定概念にとらわれず、台本に書いてある事に沿って演じていくほうがいいかも。僕は一人の人間として彼を演じてみたいですね。
ーーお二人が演じる「もう一役」についても聴かせてください。
三浦:僕が演じる「未来からの訪問者」は、人物像は決まってますが、みんな僕が誰を演じているのか分かるのかなぁ(笑)。まずは演出家の言う通りに演じたいと思います。
村井:僕は頭のイカれた発明家シュメンディマン役。こちらはまだ調べることもできてないんですが、自分がアインシュタインを演じる時にこの役を川平慈英さんが演じる事になるので、とにかく川平さんが演じているのを目に入れないようにしないと(笑)。川平さんは存在がもうズルいんだもん! キャラが濃いし川平さんの破壊力のまま演じるだろうから、なるべく無視しておかないと自分なりの演じ方が分からなくなってしまいそうです(笑)。
三浦:僕も『髑髏城の七人』の時も自分と同じ蘭兵衛を演じる人の演技は観ないようにしていたんです。
三浦翔平
村井:「Wキャストあるある」だと思いますが、なるべくもう一方の芝居を見ないようにする、もしくはあえて見て「俺の方がうまい」とか自信をつける人もいる。人によりますね。
三浦:全部の台詞をしっかり頭に入れていないと、片方の役を演じながらいつしかもう一役の台詞が出てきてしまいそう! あれ、いまどっちの役を演じているんだっけ?って(笑)。
村井:でも、今回は自分も演じる役を他人が演じる姿を嫌でも見る事になるので、逆に「客観的に」その役を見るという事が出来そうですね。でも僕は相手が川平さんだけに、つい気にしてしまいそうです(笑)。
ーーそうなると、今回の舞台でお二人が課題だと思っている事は?
三浦:先ほど少し触れましたが、舞台は生だという事を改めて自覚して、ぬるま湯に浸かってきた僕は一層気合いをいれないと。『髑髏城の七人』の時にもそう思いました。これからも舞台の仕事は続けていきたいですから。
ーー困った時には隣の村井センパイが助けてくれるでしょうし!
村井:待った待った! タメだから! 同い年だから! 芸歴も同じくらいだとさっき確認したんだから(笑)!
三浦:場数が違いますからね(笑)。僕は岡本健一さんにもついて行きますよ!
村井:(笑)。僕の課題は川平さんを見て見ないふりをする事(笑)。だって僕は初演だけど、川平さんは再々演でしょ? なんといっても濃さが違いますから。毎回自分がアインシュタイン役を演じる時に頭の中から川平さんのアインシュタインをどかしてやらないと。だからといって対抗する姿勢というのも違うし。どれだけ自然に自分としての役を演じられるようになるかが大事かな、と思います。

村井良大

役作りのためにはやはりパリに行くべき!?
ーーところで、お二人はパリに行ったことがあるのでしょうか?
三浦・村井:ないです!
三浦:でもちょっと行ってみたいのは事実です。ピカソって本当はパリの出身じゃないんですよね。また、ピカソの絵ってパリだけでなく、世界のいろいろな所にあるそうだから……せめてモンマルトルの“ラパン・アジール”(芸術家たちが集ったサロン)の雰囲気だけでも事前につかんでおきたいよね。(スタッフさんに目線を送る)
村井:(同じくスタッフさんを見ながら)連れて行ってください(笑)!
(「お二人ともご自身のマイルを使って行ってきてください」とスタッフさん)
村井:ああ、先手を打たれた!
三浦 :(笑)

(左から)村井良大、三浦翔平
若き二人の俳優が稀代の天才をどう演じるのか。もしかすると初演時の岡本&川平コンビと同じ壁にぶつかり、もがく事になるかもしれないが、きっとそれ以上の楽しさや収穫も期待できそうだ。再々演にして新演出となる本作、本番を楽しみに待ちたい。

取材・文=こむらさき 撮影=寺坂ジョニー

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。