元欅坂46の今泉佑唯が婦人警官の愛人
役に! つかこうへい作の『熱海殺人
事件』が LAST GENERATION 46 として
上演決定

2019年3月28日(木)~31日(日)に大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールにて、4月5日(金)~18日(木)に東京・紀伊國屋ホールにて、『熱海殺人事件』LAST GENERATION 46を上演されることが決定した。
本公演は、1973年に文学座に書き下ろされ、発表された『熱海殺人事件』はつかこうへいの代表作であり、最年少で岸田戯曲賞を受賞し、紀伊國屋ホールを拠点に、つかこうへい事務所の春の名物として、何度も再演を重ね、東京の春の風物詩とも呼ばれる程になった。その『熱海殺人事件』が今年も生まれ変わる。
つかこうへい事務所解散後も、1986年に映画化、1989年の演劇活動再開時も、 紀伊國屋ホールでの『熱海殺人事件』だけは、本人の手で上演され続けてきた作品である。タイトルを『売春捜査官』『モンテカルロイリュージョン』などと、変化しながら 『熱海殺人事件』は紀伊國屋ホールで上演され続けた。主演も、三浦洋一、風間杜夫をはじめ、阿部寛、池田成志、山崎銀之丞、馬場徹など名だたる俳優陣が歴史を作って来た。 だが、2010年、つかこうへいは永遠の眠りにつき、演劇界の巨匠が宇宙へと旅立った。しかし、紀伊國屋の『熱海殺人事件』は終わらず、今回で46年目となる。2019年の平成最後の年に、“LAST GENERATION 46”と銘打ち、新たなメンバーで『熱海殺人事件』の46年目の上演に挑む。
“LASTGENERATION 46”の木村伝兵衛部長刑事は、2017年、史上最年少24歳でこの大役を演じ、今回で3年連続の主演を務める味方良介。捨て身の潜入捜査を行う水野朋子婦人警官には、2018年に欅坂46を卒業後、今作が本格的な女優デビュー第一弾となる今泉佑唯 。彼女のファースト写真集は10万部を超える大ヒットを続けている。そして、犯人・大山金太郎には2015年「第57回輝く!日本レコード大賞 新人賞」を受賞した新鋭ダンスボーカルユニット lol-エルオーエル-の 佐藤友祐が俳優として新境地を開く。また、富山から来た田舎の刑事熊田留吉には、2016年『新・幕末純情伝』で坂本龍馬役を演じ、昨年は『熱海殺人事件』『火花』と文学作品に連続出演した、お笑いコンビ「NON STYLE」の 石田明を迎え、まったく新しい舞台を作り上げる。そんな本公演の演出は、巨匠つかこうへいの懐刀、岡村俊一が務める。
味方良介
今泉佑唯
佐藤友祐
石田明
『熱海殺人事件』はつかこうへいの遺志として、これからもキャスト・スタッフも変貌を遂げながら上演し続ける予定である。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。