【マツキヨ】わずか2日で品薄の商品
も!みんなが支持した「PB人気アイテ
ム」5選

マツキヨのプライベートブランド「matsukiyo」で2018年に人気があったアイテムをご紹介しましょう。

昨年よく買ったヒットアイテムはありますか?
この記事の完全版を見る【動画・画像付き】
いまやそのお店でしか買えないプライベートブランド(PB)製品も充実しており、製品の選択肢がどんどん増えているような印象ですが、その中でも、マツキヨのプライベートブランド「matsukiyo」は豊富な品揃えで、デザインもオシャレなので、インテリアとしても馴染むものも多いんですよね。
そんなPB「matsukiyo」で2018年に人気があったアイテムをご紹介しましょう。
みんなが愛用!人気アイテム5選今年、みんなが注目したマツキヨのPBアイテムはこちらです。
目もとパックシート
貼ってそのまま眠れる目もとパックシートは、多くの美容家さんやコスメマニアさんが愛用している大人気商品。
レチノール(ビタミンA)、コエンザイムQ10、ビタミンE+ヒアルロン酸(保湿水溶性成分)配合の角層まで奥深く浸透するビタミンのパック。
パーツケアが大好きといわれる中国の方などのインバウンド消費も相まって、2018年化粧品部門で売上トップとなりました。10枚で399円(税込)です。
洗たく槽クリーナー
高品質で高コスパなお掃除グッズとしてバカ売れの洗濯槽クリーナー。カラフルで派手なデザインの日用品が多い中、シンプルなデザインがオシャレと話題に。
カビ・洗剤カスを除去 99.9%除菌してくれます。洗たく槽を清潔に保つため、1~2ヶ月ごとの定期的な使用が効果的です。550gで158円(税込)
耳が痛くなりにくいマスク
風邪の予防に花粉対策、ノーメイクのときにも活躍するマスクは、もはや現代人の必須アイテム。耳に優しいワイドソフトタッチゴムを使用した個包装マスクは、耳が痛くなりにくい、口に付かない機能派。持ち運びにも嬉しい個包装です。
大きめサイズ / 女性・子供用/ Sピンク 個包装40枚入 各498円(税込)
わずか2日で品薄の商品
EXSTRONG
「若い男性客にマツキヨに足を運んでもらうきっかけになれば」と開発した商品が「EXSTRONG」。
カフェインが多く、炭酸も強い飲料です。発売後、『カフェイン量がヤバい』とSNSで一気に火が付き、あっという間に店舗からなくなったといいます。
想定外の液色と高カフェインで、社畜系を通り越して魔剤と呼ばれるまでになっているようです。現在3種発売。定番のオレンジ、カロリーゼロの黄色、活力系の紫(個数限定)があります。 250ml/各150円(税込)
薬用泡ハンドソープ
詰め替え用もあってコスパもよく、 デザインも香りもよく、「もっと早く買えばよかった」との声が多いのがこのハンドソープ。肌に優しいので家族全員で安心して使えると愛用者多数の商品です。300ml / 278円(税込)
そして、今話題のアイテムもご紹介しましょう。
ヒルメナイド油性クリーム
2018年9月11日に発売されたヘパリン類似物質を含む「ヒルメナイド」は発売直後からSNSで一気に話題となり、わずか2日で品薄になり、急遽追加生産を決定したほどなのだとか。
現在は追加生産も追いついているそうですが、乾燥シーズンのレスキューアイテムとして、注目度が高いクリームです。50g/1,280円(税込)
家族で使えるもの、パパに、ママにと使えるアイテムはやはり人気でした。
医薬品から日用品、化粧品までさまざまな商品が揃っているマツキヨPB。パッケージもシンプルなものやオシャレなものが多いので、家の中で、職場や外出先でも活躍してくれそうです。
2019年はどんなアイテムがたくさんの人から支持を受けるのでしょうか。
新しいアイテムもきっと登場すると思うので、楽しみですね!

アーティスト

ウレぴあ総研

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」