乃木坂46、齋藤飛鳥ら新成人メンバー
7名が乃木神社にて成人式!「大人と
してわきまえつつ、それでもまだ自然
体でいたい」

乃木坂46の新成人メンバーの齋藤飛鳥(1期生)、伊藤純奈(2期生)、佐々木琴子(2期生)、鈴木絢音(2期生)、寺田蘭世(2期生)、梅澤美波(3期生)、田村真佑(4期生)の7名が、1月11日に東京・乃木神社にて成人式を行った。

多くのファンが見守る中、艶やかな振袖姿で登場。本殿でご祈祷を行い、成人の目標を語った。13歳の頃に1期生で加入した齋藤は、「8月に20歳を迎えましたが、変わらず平和に過ごせたら」と彼女らしい意気込みを。2期生の鈴木は「まだ20歳になってはいないが、社会的には大人。客観的な視点を持って過ごしていきたい」と話し、3期生の梅澤は「あまり実感はない。自分自身の力をもっとつけて、グループに貢献出来きる存在になれたら嬉しい」と語った。まだ乃木坂46に加入して間もない4期生の田村は、「去年、乃木坂46の一員となって、まだわからないこともたくさんありますが、自分に出来ることからまずは初めていこうかなと思います」と初々しいコメントを残した。
また「実際に振袖を着てみて、心境はどうですか?」という報道陣からの質問に、齋藤は「振袖を着るのが4回目、5回目になるのですが、もう20歳なんだぞ!って言われているような感じで、新成人という実感はしています。でも20代が大人っていう認識があまりなくって。これから大人にならなければならない部分もあると思うので、大人としてわきまえつつ、それでもまだ自然体でいたいですね」と答えた。
次に、「どんな大人の女性になりたいですか?」という質問に対し、2期生の伊藤は「和服が好きなので、普段から和服を着ているような女性のようになりたいですね」と理想の女性像を教えてくれた。
2019年に齋藤、和田まあや(舞台スケジュールのため、欠席)が新成人となり、1期生全員が20歳を迎えた乃木坂46。2018年はグループ単独で海外公演を成功させ、4期生11名が新たに加入、年末には2度目のレコード大賞を受賞するなど、充実した1年となった。乃木坂46の勢いはまだまだ加速し、2019年は昨年以上に大きな活躍を見せてくれるだろう。

アーティスト

ランキングBOX

“気になる人の気になるランキング”をテーマに、様々な分野の著名人へ直撃した「MY BEST3」を紹介!オリジナルのランキングインタビュー記事をはじめグルメなどのトレンド情報やエンタメなどのストレートニュースなども毎日配信中です。