『ボヘミアン・ラプソディ』、全米で
シングアロング上映開始

ゴールデン・グローブ賞2部門(作品賞、主演男優賞)を受賞し、人気が再熱したクイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』は、北米で今週金曜日(1月11日)から上映劇場が1,080館から1,300館以上に拡大されるだけでなく、750以上の劇場でシングアロング・ヴァージョンが上映されることが決まった。
このヴァージョンには歌詞のテロップが入るという。声が枯れる観客が続出しそうだ。
また、『ボヘミアン・ラプソディ』は、第72回英国アカデミー賞(BAFTA)で英国映画作品賞、主演男優賞、撮影賞、コスチューム・デザイン賞、編集賞、メイキャップ&ヘア賞、音響賞の7部門で候補に挙がった。

ブライアン・メイは「BAFTA(s)の候補に! やったー!」「みんな、ありがとう! そして、行け、ラミ!!!」などと、つぶやいている。
第72回英国アカデミー賞(BAFTA)では、レディー・ガガ主演の『アリー/ スター誕生』も7部門(作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞、脚色賞、作曲賞、音響賞)で候補に挙がった。授賞式は2月10日にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開かれる。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。