【対談インタビュー】WING WORKS×K
、ソロを選んだ理由と音楽への向き合
い方

WING WORKSが2月3日に発売する2ndフルアルバム『ENTITY』のリリースを記念したツーマンシリーズ<機密の花園>の開催に寄せて、K(ex.BORN)との対談を行った。
『ENTITY』は当初通販&会場限定でリリースされたものの、発売日翌日に完売したことを受けて2月3日に一般発売されることが決定した。現在、ミュージックビデオも公開中。ミュージックビデオでは、ジャパネスクとフューチャー感が見事に共存した既存のジャンル感を飛び越える映像世界を楽しむことができる。
そしてWING WORKSが1月11日より開催する全5本のツーマンライブ<機密の花園>の最初の対手に迎えられたのがK。同世代ソロ・アーティストであり、共にラウドな音楽性を武器にする2人のこのインタビューから両者の熱を感じ取っていただければと思う。

  ◆  ◆  ◆
■そもそもバンドが終わった後にソロアーティストを選ぶという時点で、絶対にわかりあえる

――お二人は、どんなふうに知り合ったのでしょう?

RYO:SUKE:Kくんと俺は、同じ時代にそれぞれBORN、少女-ロリヰタ-23区としてバンドをやっていた関係です。だから、当然Kくんのことは知っていたし、Kくんはギタリストで俺はベーシストだったけど、メインコンポーザー同士というところで気になる存在だった。でも、当時は全く交流はなかったよね?

K:うん。対バンはちょこちょこしていたけど、喋ったりすることはなかった。

RYO:SUKE:バンド時代はほどんど交流がなかったんですよ。Kくんとはそういう関係性だったんですけど、その後2012年に少女-ロリヰタ-23区が活動休止になって俺はソロを始めて、数年後にBORNが解散してKくんもソロを始めて、シーンの中に於ける立ち位置がすごく近くなって。それで、話をしたりするようになって、仲良くなった。最初に直接挨拶したのは、BORNがZepp DiverCity Tokyoでラストライブをしたとき(2016.5.26)だよね?

K:そう、ちゃんと挨拶したのは、あのときだった。前からRYO:SUKEくんのことは、いろいろ噂を聞いていたけど(笑)。

RYO:SUKE:噂というのは、どういう?

K:とりあえず“グイグイ系”だと(笑)。

RYO:SUKE:ああ、それは間違いない(笑)。

K:ハハハ。仲良くなったらたしかにグイグイ系だし、熱い人だった。俺のほうは当時はボーカルの猟牙がBORNの窓口というか、いろんな人と交流していて、俺はあまり外部の人と接触していなかったんだ。だから親しくなった先輩とかに「こんなに喋る子だったんだ」とよく言われる(笑)。そういう感じだったから、俺の印象は薄かったんじゃない?

RYO:SUKE:いや、Kくんはすごくライヴ感のある曲を書く人というところで、印象は強かった。BORNの持ち味になっていたラウド感、アッパー感、ロック感を握っているのがKくんだったから。それにBORNはボーカルの猟牙くんの華がバンドを引っ張っていた印象が強いバンドだと思うけど、個人的にバンドというのはボーカルだけ華があってもダメで、バンドの顔であるボーカルの女房役というか、『キャプテン翼』の翼くんに対する岬くんみたいな人がいないとダメだと思っていて。俺は常に自分がそうありたいと意識していた中でKくんもライブでそういうオーラをバキバキに出していたから、すごく印象は強かった。でも、バンドの中で内向的だったからだと思うけど、Kくんがどういう人柄なのかということは俺のところには入ってこなかった。それに、ライブのときのKくんはすごくヤンチャな雰囲気だから、仲良くなれると思ってなかったんだよね。

K:それ、よく言われるんだよなぁ(笑)。

RYO:SUKE:でも親しくなってみると、Kくんは思った通り根っからの音楽人だったんです。すごく音楽そのものが好きな人で、そこは自分と同じだなと。そもそもバンドが終わった後にソロ・アーティストを選ぶという時点で、絶対にわかりあえるという確信があって、実際に出会ってみて、それは間違いじゃなかった。
――お二人ともソロ活動を始めると同時に歌うようになったところも共通されていますね。歌おうと決めたのは、大きな決断でしたか?

K:そうでもなかった。俺は元々ベースからギターに転向したし、ボーカルとかドラムにも興味があったんだ。ソロをやるとなったときに、事務所の人とか、周りのミュージシャンとかが歌うことを勧めるということは、それが自分の音楽人生なのかなと思って。事務所の忘年会とかで俺が歌うと、みんなが「いいじゃん、いいじゃん」と言ってくれていたし。だから、今思うとファーストライブのときが一番自信があった(笑)。それまでファンの前で歌ったことはほとんどなかったから、“ちょっと見てろよ”くらいの気持ちでライブをして、ライブのビデオを観た瞬間に、“誰だ、これ?”という(笑)。自分ではちゃんとしたピッチで歌っているつもりだったのに音が外れまくっていて、とにかく悲惨だった(笑)。そこで思いきり心を折られて、それからは地道に歌の鍛錬をするようになった。

RYO:SUKE:俺はKくんとは真逆で、周りにいるすべての人から歌うことは反対されていて、ベーシストでバンドを組んだほうがいいと散々言われてました。でも、少女-ロリヰタ-23区以外のバンドは考えられなかったし、これはどこでも公言しているんですけど、俺の中ではMIYAVIさんの存在がすごく大きかったというのもあって。彼もギターを置いて歌うことを選んだ人だから、自分もそうしようと決めたんです。だから、Kくんとは真逆で、最初のライブは一番自信がなかった。俺は初ライブの前にアルバムを作ったんですけど、レコーディングは何度も歌い直せるから、なんとかなるだろうと思っていたんだけど、完成したアルバムを聴いて歌というのはピッチ(音程)が合っていればいいというものではないことに気づいたんです。それで、「俺は自分に向いていないことを始めてしまったかもしれない」と思って。そういう心境のまま初ライブに臨むことになったから、もう心はグジャグジャだった。

K:辿った道は真逆だけど、本格的に歌ってみて心が折れたところは同じだね(笑)。

RYO:SUKE:そうだね(笑)。

――それでも“歌は無理!”みたいにはならずに、お二人とも歌っていこうと決められたんですね?

RYO:SUKE:いや、俺は“無理かもしれない”と思いながら最初は歌っていました。でもベーシストに戻る気はなかった。なぜ自分がソロアーティストになったかというと、自分が創った音楽を100パーセント自分で表現したいという思いがあったからで、バンドを組むとピースの1つだし、作家になると楽曲を欲しがっている誰かのために曲を作るということになる。自分の音楽を自分で100パーセント表現しようと思ったら、シンガーソングライターになるしかない。だから、しんどくても自分で歌い続けていこうと思って。

K:少女-ロリヰタ-23区のライブを何度か観ていたけど、RYO:SUKEくんはボーカリストみたいなベーシストだったよね。だから、歌うようになったときも俺の中で違和感はなかったな。

RYO:SUKE:少女-ロリヰタ-23区の頃の俺は、良くも悪くもどちらの要素もあったと思っていて。グイグイいくベーシストではあったけど、きっとバンド時代のMIYAVIさんほど全てを飲み込むほどでもなかった。かといって、バンドの中でベーシストして美味しく見えるポジションを狙いにいくほどのクレバーさもなくて。マックスでガンガン攻めるベーシストがいる、というのが少女-ロリヰタ-23区の面白い部分のひとつだったと思うけど、それはきっと同時に限界でもあった。ただ、当初からフロント寄りの指向だった気はしていて、そういう意味ではボーカルというポジションには違和感はなかった。ただ、歌うということになると、また別の話で。
K:そうなんだよね(笑)。俺も歌の難しさは感じたけど、バンドのギタリストに戻る気はなかった。ソロになってみていいなと思うところが沢山あったから。なにより全てを自分の思いどおりにできるのがいいよね。自分が右を向こうと思えば、すぐに向くことができる。バンドだと全員が右を向きたいと思うとは限らないし、意志が一致しても右を向くのに時間がかかったりするし。ソロは自分が先陣を切れば、あとは周りに着いてきてもらうだけだから、すごく楽だよね。それに、言い方が難しいけどバンドは犯人がわからなかったりするというのがあって。

RYO:SUKE:それは、すごくわかる。失敗したりしたときに責任の所在がはっきりしないんだよね。

K:そう。それで揉めたりする。ソロは自分が全部責任を背負っているからというところで全てが明確なんだよね。俺はそこもソロの良さだと思っている。

RYO:SUKE:ソロの良さということでは俺もKくんと全く一緒だね。そこに補足するとすれば、逆に1人という状態だからこそ仲間とか縁とかの美しさや素晴らしさにより気づけるというのがあって。1人ではやっていけないことを感じる瞬間が多いし、支えてくれている人がいるからやれていることを感じる瞬間も多い。実は俺はソロになってから、そこに負い目を感じている時期が結構長くて。“みんなに助けられている俺”みたいに感じてしまっていたんだよね。でも、やっと最近になって、みんな決してボランティアで俺に手を指し伸ばしてくれているわけじゃなくて、俺がなにか周囲の仲間にギフトできているものがあるからこそ、みんなが力を貸してくれるんだとやっと思えるようになった。不思議なほど周りに協力してくれる人がいるというところも、俺とKくんは一致していて。なんていうんだろう……ソロアーティストとしてやれている人というのは、“愛され力”が高い気がするんだよね。俺も仲間にはすごく支えてもらっているけど、同じようにKくんは愛され力が強いよね。

K:ええっ? それは自分ではわからない(笑)。……でも、ソロを始めたときのことを考えるとそうだったかもしれない。後輩と飲んだりしたときにソロは怖いなと言うと「俺が弾くから大丈夫ですよ」とか、みんなが言ってくれたんだ。それに、RYO:SUKEくんが言ったように、俺もソロをやっていろんなことの有り難さを痛感したというのはあるよ。バンドをやっていた頃は“明日朝早いのか、嫌だな”とか思っていたのが、仕事があったり、人がいてくれることのあり難さに気づいたから(笑)。スタジオリハひとつにしても、みんなちゃんと時間どおりにきてくれるし(笑)。BORNの最後のほうは、結構ヤバかったから。

RYO:SUKE:なるほどね。
■胸を張って「人生で一番いいCDを作りました」と言える

――お二人とも充実感を持って音楽活動をされていることがわかります。それぞれ音楽性の面では、最近はどういうモードでしょう?

RYO:SUKE:俺は、つい最近『ENTITY』という新しいアルバムを完成させました。自分がこれまでやってきたことを振り返ってみると、少女-ロリヰタ-23区はヴィジュアル系の王道にファンタジックな要素が入った音楽がやりたくて始めたんですね。その後ラウドミュージックとか、コンピューターミュージックが好きになって、そういう方向にシフトしていって、少女-ロリヰタ-23区が活動休止になって、WING WORKSを始めて。WING WORKSではラウドであることとコンピューターであることをすごく意識した上で、生身の自分のメッセージを伝えるという部分を尖らせて活動してきました。そして、2017年から2018年にかけて1年半少女-ロリヰタ-23区で動いて。それを経て、これまでの自分の音楽キャリアの全てのエッセンスをギュッと込めたアルバムがやっと作れたと思っています。みんなが「ヴィジュアル系なんて」と言っているこのご時世に、めっちゃヴィジュアル系のアルバムを作りました。

――聴かせてもらいましたが、いわば“良質なヴィジュアル系”……いいメロディーがあって、ラグジュアリィで、ロマンチックでというものを余すことなく形にしたアルバム、という印象を受けました。

K:ということは、少女-ロリヰタ-23区の頃に近い感じ?

RYO:SUKE:そうともいえるし、そうじゃないともいえる。WING WORKSを立ち上げたときは自分のパッションを重視していたし、少女-ロリヰタ-23区とは違うんだということを伝えたくてラウドで生の人間性を重視した方向にこだわっていて。でも、少女-ロリヰタ-23区でやっていたことも自分自身なわけだから、当然ずっと自分の中にあるに決まっていて、それをWING WORKSでもやっと素直に出せるようになった。もうね、胸を張って「人生で一番いいCDを作りました」と言えるよ。

K:それはぜひ聴きたいから、音源送ってよ。今の俺は音源のリリースというものをちょっと考え直したいというのがあって。BORNの頃もそうだったけど、音源をリリースするときはまず会議から入るんだよね。でもリリースありきの曲作りということに疑問を抱いてしまって。曲作りにちゃんと時間をかけたいというのもあるし。BORNの頃はポンポン曲を作っていたけど、今は自分の言葉が乗るから、この言葉にはどのコードが一番合うんだろうという曲の作り方になっているんだ。だからすごく時間がかかるんだよね。BORNの頃は“F→G→Am”みたいなシンプルンなコード進行で「はい、猟牙!」という感じだったけど、同じ循環コードでもニュアンスはいろいろあって。それで“これは明る過ぎる、これはせつな過ぎる、もっと真ん中はどこだろう?”みたいになるんだ。最近はそういう感じだから、俺はソロを始めて2年半以上経ったけど、まだ15曲くらいしかないんだよね。

RYO:SUKE:全然少ないとは思わないよ。

K:いや、ソロを始めるにあたってファーストライブに向けて飛ばして曲を書いたというのがあるから(笑)。最近はすごく寡作になんだよね。それにできた曲は先にライブでやっちゃって、まずファンと俺だけのものにして、そこから会社にリリースどうしましょうと話をするという。今はそういうスタンスでやりたいと思っているんだ。

RYO:SUKE:それはすごくいいやり方だと思うよ。楽曲の方向性はどういう感じなの?

K:1曲ごとにバランスを取っている感じかな。激しい曲を作ったら次はメロディアスな曲を書こう、それができたら今度はアッパーな曲を書こうという作り方をしているから。そういう意味では方向性というのは特になくて、いいと思うものはなんでもやるという感じになっている。
――自身が本当にいいと思える音楽を創られているところも、お二人は共通していますね。では、それぞれのライブにはどんな印象を持たれていますか?

RYO:SUKE:俺が最初から思っていたのは、Kくんはロックが本来持っている熱量とか、ドキドキ感みたいなものを強く持った人だなというのがあって。しかもそれをバンド時代だけじゃなくてソロでも出せていることに、一緒にライブをするたびにいつもすごく刺激を受ける。

K:WING WORKSのライブを最初に観て思ったのは、意外なくらいラウドだなということだった。少女-ロリヰタ-23区の印象があったし、WING WORKSもYouTubeでちょっと見たくらいだったから、それほどラウドじゃないイメージだったんだ。だから最初に対バンしたときに、一緒にライブをしたいと誘ってくれた理由がわかった。それにRYO:SUKEくんと俺は熱いところは同じだけど方向性が違うことを感じていて、いい感じのツーマンになると思う。

RYO:SUKE:そう。似ているところと違っているところが共存していて、その組み合わせが今度のツーマンの醍醐味だと思う。

――お二人の競演が本当に楽しみです。

K:俺も楽しみです。今度のライブは……バンド時代の俺は“数字が”とか、“新しいバンドが出てきたな”とか、そんなことばかり考えていたんだ。あとは来年バンドがここまでいけなかったらもう終わりだとか。でも、ソロになって2年くらい経った今は、フラットに何も考えていない。本当にただ音楽を楽しむようになったというのがあって。次のライブはどうしたいとかは勿論あるけど、自分の音楽をやれることが嬉しいし、もうそれだけでいい。楽しい人達と一緒にいて、いい音を鳴らして、ライブをしていれば幸せという状態だから、今度のライブもそういう気持ちがそのまま出たライブになると思う。ライブに来てくれた人といい空気感を共有して、楽しい時間を一緒に過ごせるといいなと思っています。

RYO:SUKE:俺は自分にとって新しい出発ともいえる2ndアルバム『ENTITY』を作って最初のライブになるので、そういう心機一転の日がKくんと一緒で良かったなと本当に思います。今はまず一人でも多くの人に、5年越しに完成したこのアルバムを聴いてほしいというのがあって。その上で、今回自分が創ったものに込めた熱量や気持ち……一言でいえば「命を燃やせ」とWING WORKSをはじめた時から変わらずに投げかけて続ける俺の「哲学」を、今まで以上に伝えらえるライブにしたい。今の自分ならそれを実現できる自信もあるので、期待していてほしいです。

取材・文◎村上孝之
<WING WORKS 2nd Album「ENTITY」リリース記念 2MAN LIVEシリーズ『機密の花園 with K』>

2019年1月11日(金)四谷LOTUS
OPEN 18:30 / START 19:00

[出演]
WING WORKS / K

WING-MEN(LIVE MENBERS)
Gu.鈴木俊彦
Gu.DaichiNOCTURNAL BLOODLUST
Ba.YUCHI
Dr.匠
Mp.ryu(Lavitte)

[チケット]
11月24日(土)12:00~
イープラス
https://eplus.jp/sys/T1U89P0101P006001P0050001P002279260P0030001P0006

[企画制作]
G2TD records

[問]
四谷LOTUS:03-5315-4781


<WING WORKS 2nd Album「ENTITY」リリース記念 2MAN LIVEシリーズ『機密の花園』>

2019年01月11日(金)四谷 LOTUS(with K)
2019年01月25日(金)四谷 LOTUS(with Dacco
2019年02月08日(金)四谷 LOTUS(with KING)
2019年02月22日(金)四谷 LOTUS(with DAMY
2019年03月08日(金)四谷 LOTUS(with Ricky)

OPEN 18:30 / START 19:00
前売り 4,000円 / 当日 4,500円(D別)※全日程共通

[チケット]
1~2月公演:発売中
3月公演:2019年1月26日(土)12:00発売開始


WING WORKS 2nd Full Album『ENTITY』全国流通盤

2019年2月3日(日) Release
WGWK-10011 / ¥3,000(税込)

【二枚組】
[DISC1]
01.-W・W-II [SE]
02.アヌンナキ
03.Welcome to TRICK DEATH LAND
04.SiLiConE
05.未完成サファイア
06.Burn your soul
07.INFERNO
08.El_Dorado?
09.ACID CASTLE [album edition]
10.Amadeus
11.Flower World.
12.ニライカナイ

[Disc2]
01.VAD†MAN
02.不死鳥-FENNIX-
03.FIXXTION BOY
04.メトロア3.0
05.RAVVE OF MY TRINITY
06.IKAROS

・GUEST ATRISTS
GAKU(FEST VAINQUEUR)/ Cazqui(ex.NOCTURNAL BLOODLUST)/奏 /椎名未緒(ユナイト/APPLIQUE)/ 鈴木俊彦 / Daisuke(SEVER BLACK PARANOIA)/ Daichi(ex.NOCTURNAL BLOODLUST)/ 村田祐一 / YUCHI(sukekiyo)/ YOW-ROW(GARI)/ 猟平(ex-CLØWD)※五十音順

発売元:G2TD records
販売元:ONG DISTRIBUTION


<WING WORKS 2nd Album「ENTITY」発売記念ONEMAN『天空庭園エンティティ』>

2019年03月23日(土)新宿WildSide Tokyo
OPEN 17:00 / START 17:30
前売り 4,300円 / 当日 4,800円(D別)

[チケット]
2019年1月12日(土)10:00発売開始


K LIVE Mini ALBUM『未発表音源集』

01. MY WORLD
02. 4/4Party
03. Mirror
04. PP
05. 深愛

特典:M∞CARD
STORY MV(UNENDING STORY ver.)

[PS COMPANY OFFICIAL ONLINE SHOP]
http://psshop.jp/products/detail.php?product_id=489


<PS COMPANY PRESENTS K ONEMAN LIVE『Thunderous Zeal 』>

2019年2月18日(月)町田The Play House
開場18:00/開演 18:30
スタンディング 前売¥4,200(税込・1Drink代別)

[問]PS COMPANY 03-5913-9008
[チケット]
一般発売
12月15日(土)10:00~
URL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002278358P0050001P006001P0030001

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。