「a boy」MV場面写真

「a boy」MV場面写真

家入レオ、最新MVでジャングル大帝レ
オとコラボ

家入レオの2ndアルバム『a boy』より、タイトルトラック「a boy」のMVが公開された。
今作では「ジャングル大帝」の“レオ"と家入レオのコラボレーションという、「レオ×レオ」の共演が実現。 手塚プロダクション・スタッフによって書き下ろされた、家入をイメージしたそのキャラクターが、ジャングルやサバンナを旅しながら「ジャングル大帝」にも登場するお馴染みのキャラクターたちとの出逢いを通して成長を遂げていく様が、アニメーション部分と家入が登場する実写部分の二つの軸で描かれている。今回は、手塚プロダクションを代表するアニメーター・西田正義が描きおろし制作を担当。アニメーションパートと実写の融合作業は、映像ディレクターの伊藤ガビンが務めた。

このコラボレーションは、家入の記事を偶然見つけた手塚プロダクション・スタッフが、"「レオ」という名前の由来が、彼女が大好きな映画「レオン」から、きりっとした彼女の目がライオンに似ていることで「ジャングル大帝」のレオから、その2つをヒントに名付けられた"ことを知り、家入サイドへオファー。デビューまでの歩みやその歌詞に込められた魂に、「キャラクターの世界観が重なる」と感じた両サイドのスタッフは、「a boy」の歌詞の世界観が、"外の世界に心を閉ざしていたある若者が、自身のその暗闇のような迷路の中で出逢った人達のぬくもりや優しさを感じ、少しずつ心を開いていくことで、弱かった自分自身から逃げるのではなく、弱い自分を認めることで強くなっていく様、大人に向かっていく様…そんな、大人への成長段階で誰もが少なからず経験する成長の様を描いたもの" であったことから、今回の企画が立ち上がった。

なお、MVフルバージョンは、初回限定盤DVDにのみに収録される。

「a boy」MV

手塚プロダクション・湯本裕幸(チーフ
・プロデューサー)コメント

マンガの「ジャングル大帝」のレオは、皆さんご存知のように3世代の物語なんですが、真ん中のレオが子供から大人へと成長するストーリーが今回の家入さんの楽曲「a boy」と見事にかぶって、ひとつの作品が生まれることとなりました。
家入レオさんと「ジャングル大帝」がひとつになることで何か素敵な化学反応が起こるんじゃないか?そんな期待とともに、家入さんのファン、手塚治虫ファン、どちらの反応もとても楽しみです。

家入レオ コメント

「a boy」は過去の自分に、今だから伝えられる想いを綴った楽曲で、「レオ」という芸名の由来の一つにもなっている「ジャングル大帝」が今回ミュージック・ビデオで共演、ということでとても嬉しく思います。
手塚治虫さんの漫画は、小学生の時に学校の図書館でよく読みました。「火の鳥」「ブラックジャック」「七色いんこ」…。漫画に敢えて難しい真実や現実を描いていらっしゃっていて、でもだからこそ、本当の優しさについて考えるきっかけになったとも思います。
今回のミュージック・ビデオに描かれているレオは今までの私の日々をまとって、荒野を走っています。この楽曲自体が、私がその頃かけて欲しかった言葉で綴ったものなので、もし私と同じように苦しんだりもがいたりしている方がいたら、そういう方々にぜひ見てもらえたら、と思います。

アルバム『a boy』予告編

アルバム『a boy』web限定30秒スポット

アルバム『a boy』

2014年2月19日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-641/¥3,400(税抜)
【通常盤】(CD)
VICL-64121/¥2,900(税抜)
<CD収録曲>
01.Lay it down
02.太陽の女神
03.a boy
04.Too Many
05.Message
06.Time after Time
07.チョコレート(Album ver.)
08.Free
09.イジワルな神様
10.Kiss Me
11.カーニバル
12.希望の地球
13.Papa&Mama
14.君に届け
<DVD収録内容>
01.「君に届け」MV
02.「a boy」MV
03.「SELECTIONS from 2nd Tour~Kimi ni Todoke~」
(Second Dream/太陽の女神/サブリナ/ミスター/Message/キミだけ)
特典映像:「君に届け」MV(マルチアングル)
「a boy」MV場面写真
家入レオ

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。