2018年12月25日 at 日本武道館

2018年12月25日 at 日本武道館

【UVERworld ライヴレポート】
『Premium LIVE on Xmas』
2018年12月25日 at 日本武道館

2018年12月25日 at 日本武道館
2018年12月25日 at 日本武道館
2018年12月25日 at 日本武道館
2018年12月25日 at 日本武道館
2018年12月25日 at 日本武道館
2018年12月25日 at 日本武道館
2018年12月25日 at 日本武道館
2018年12月25日 at 日本武道館
2018年12月25日 at 日本武道館
2018年12月25日 at 日本武道館
2018年12月25日 at 日本武道館
 レーザー光線にステージを囲むライトがバンドサウンドと見事に連動する演出の中、観客に向かって拳を何度も突き上げるTAKUYA∞(Vo)の姿は圧倒的勝者そのものであったーー。

 12月25日、日本武道館にて『Premium LIVE on Xmas』を開催したUVERworld。彼らとクルー(ファンの呼称)の間では、すっかり恒例行事となった日本武道館でのクリスマスライヴも今年で11年目。12,000人の観客を前にしたこの日も、彼らは筋の通った言葉と濃厚なバンドサウンドを放ち、究極にストイックな姿を観せてくれた。

 “一番強い奴は善も悪も関係ねぇー。覚悟が決まってる奴!”。「GOOD and EVIL」前に強く口にしたTAKUYA∞の言葉がこの日一番耳に残った。これぞ、彼らの真骨頂。スポットライトに照らされた真太郎のドラムソロでライヴの幕開け。誠果(Sax)、信人(Ba)、克哉(Gu)、彰(Gu)、そしてTAKUYA∞が登場し、流れるように始まったのは稲妻が走るようなサウンドに口笛が響く「7th Trigger」。TAKUYA∞の煽りに観客のハンドクラップも一段と激しさを増し、メンバーの背後にあるトーチも吹き上がる。攻撃的チューンは続き、地面を揺らすほどの凄まじい轟音で肉感的なリズムを刻む。

 そして、「DECIDED」へ。“メリークリスマス! 最高のクリスマスを一緒に迎えに行こうぜー!”。そう言い、遊び心のある「LIMITLESS」では熱くなりすぎた心を温めていく。“11年連続でUVERworld、クリスマスできてるんだけど、本当にこんな未来が来るとは思ってなかったよ”とステージを取り囲む360度の客席を眺めながら喜びを伝える。TAKUYA∞が自信を持って“お洒落な曲!”と強く提言する洋楽テイストがふんだんに混じり合った「ODD FUTURE」では、渾身のステップでその嬉しさを表現。“日本武道館やっぱり気持ち良い! このままどんどんどんどんいくぞー!!”とまるで子供のように燥ぐ。先日12月21日には誕生日を迎え歳を重ねたTAKUYA∞。しかし、彼にとって大事なのは魂の状態であり、むしろ、歳を重ねるごとに熱い男に進化していることは間違いない。

 そんな表情を一転させ、披露したのは最新曲の表題曲「GOOD and EVIL」。《振り向かずグッバイ 僕を一人にした世界を追いかけることは無い》と歌うこの曲は孤独が描かれているが、真の強さが漲る。孤独を象徴するようにTAKUYA∞だけが真っ白なスポットライトを浴びては、楽器隊による重圧なサウンドと連動するライトで、その寂しさは一気に吹き飛ばされていった。

 クリスマスライヴに11年連続で来ているというクルーに対して“結構いるねー…早く彼氏と彼女を見つけなさいよ!”と観客を笑わせながら、メンバーの背後にあたる北席に気を配る真太郎。中盤ブロックでは懐かしい楽曲を経て、サプライズゲストとしてAK-69が登場し、「Forever Young feat.UVERworld」で健闘を讃え合った。そして、「Ø choir」で観客とシンガロングし、ダンスチューン「I LOVE THE WORLD」では《Rock!》の掛け声を張り上げる。誰もが手を高くあげる「EDENへ」は360度の開放感に満ちた会場に相応しく、しっかりとあげたその手で勝利を掴んでいくTAKUYA∞の姿は逞しかった。

 “ちゃんとライヴが終わったらみんなそれぞれ今日ここで感じた想いだったりとか、そういったテンション感みたいなものをちゃんと扉の向こうに持って行って最高のクリスマスを完成させてね”。楽しんだあとには、ライヴで得た何かしらのものを実社会で生かしてほしい。クリスマスでも、普段のライヴでも、彼らはクルーの旅路を応援している。勝者とは...それを証明してくれた時間であった。

撮影:鳥居洋介/取材:小町碧音


セットリスト

  1. 1. 7th Trigger
  2. 2. DECIDED
  3. 3. LIMITLESS
  4. 4. WE ARE GO
  5. 5. ODD FUTURE
  6. 6. GOOD and EVIL
  7. 7. シリウス
  8. 8. 浮世CROSSING
  9. 9. SHAMROCK
  10. 10. シャカビーチ~Laka Laka La~
  11. 11. energy
  12. 12. Forever Young feat.UVERworld
  13. 13. 君の好きなうた
  14. 14. SHOUT LOVE
  15. 15. Ø choir
  16. 16. Massive
  17. 17. I LOVE THE WORLD
  18. 18. EDENへ
  19. 19. Q.E.D
  20. 20. ナノ・セカンド
  21. 21. PRAYING RUN
  22. 22. 零HERE~SE~
  23. 23. IMPACT
  24. 24. 在るべき形

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。