【K-POP】いま注目すべきガールズ・
グループはこの30組! 2018年新人大特

今回は2018年デビュー組を大特集。かなりの大型グループからひと癖ある個性派グループ、数多くの挫折を経験した苦労人を擁するグループまで、本当にたくさんのグループがデビューしました。ずらっと30組ご紹介します。

先日お送りした、2013~2017年K-POPガールズ・グループ名曲集に続いて、今回は2018年デビュー組を大特集します。新人当たり年となった2018年は、かなりの大型グループからひと癖ある個性派グループ、数多くの挫折を経験した苦労人を擁するグループまで、本当にたくさんのグループがデビューしました。
この記事の完全版を見る【動画・画像付き】
今回は、2018年デビューの新人グループ24組と、既存グループからユニットデビューを果たした6組、合計30組をずらっと紹介します。では、いってみましょう!
人気と話題性は超新人級!大型グループ3組2018年は、かなりの大型グループが相次いで誕生しました。その中でも、特に人気と話題性の高い3組をご紹介しましょう。
10月デビュー IZ*ONE(アイズワン)/La Vie en Rose
デビューして11日目で音楽番組1位を獲得という歴史を打ち立て、AAA新人歌手賞、MAMA女性新人賞&ニューアジアンアーティスト賞など、名実ともに2018年を代表する新人ガールズグループと言えるのが、「IZ*ONE」(アイズワン)。韓国の人気サバイバル番組「PRODUCE101」シリーズと、日本を代表するアイドルAKB48グループがコラボレーションして大きな話題を呼んだ「PRODUCE48」から生まれた12人組です。
このグループの魅力は、最年少14歳にしてセンターを務めるモデルスタイルのウォニョンさんや、その美しさが全アジアを魅了した宮脇咲良さんなど、それぞれのキャラクターが際立っていること。落ち着いた雰囲気のデビュー曲『La Vie en Rose』は、そんな彼女たちの魅力満載のMVに仕上がっています。
次から次へと美女・美少女が現れて、思わず見とれてしまうほど。その美しさのタイプが個々で違うのも魅力ですね。
このグループのもうひとつの魅力は、厳しいサバイバルを通じて育まれた、国境を越えた友情です。PRODUCE48のテーマ曲『Nekkoya(PICK ME)』をリレーダンスしている動画では、じゃれ合うようなわちゃわちゃ感が堪能できます。最高の12人がひとつになって、グローバルアイドルとしての道をひた走る!
2年半という期間限定グループではありますが、その限られた時間を思いっきり駆け抜けてほしいものです。
5月デビュー (G)I-DLE(アイドゥル)/LATATA
こちらもデビューしたばかりとは思えない超強力グループです。デビューして20日で音楽番組1位を獲得し、AAA新人賞、MelOn Music Award2018新人賞など、数々の賞を受賞している「(G)I-DLE」(アイドゥル)。新人らしからぬ哀愁漂う雰囲気の楽曲『LA TA TA』でデビューし、大きな話題を呼びました。
このグループの特徴は、かなり多国籍なルーツを持つこと。韓国人メンバー3人に、タイ・中国・台湾からのメンバーも含めた6人編成です。キュートなのにとってもクールで媚びないイメージや、アジア系無国籍な佇まいがこのグループのカラーでしょう。既に大人気のBLACKPINKにも近い印象で、女性ファンも数多くつかんでいます。
個人的に注目しているのは、リーダーでありラッパーであるソヨンさん。彼女は「PRODUCE101」、ラッパーサバイバル番組「UNPRETTY RAP STAR 3」に参戦した後、満を持してのグループデビューとなりました。同じく(G)I-DLEメンバーのミンニさんとともに参加した、人気ゲーム「LoL」キャラクターによる楽曲、K/DA『POP/STARS』は出色です。耳に残る声色で、英語と韓国語をミックスしたフロウは問答無用の強さ。こちらもグローバルなアイコンに成長する可能性は大です。
8月デビュー LOONA(ルーナ・今月の少女)/Hi High
こちらも超大型グループです。少しずつメンバーを公開していくだけではなく、それぞれのソロ曲やユニット曲を公開し続け、そのどれもがハイクオリティ。大きな注目を集めた「LOONA(ルーナ・今月の少女)」がついに完全体としてデビューしました。デビュー曲『Hi High』MVでは、高揚感に溢れるサウンドに乗せて、バラバラの世界線に生きていた少女たちが集結していくようなストーリーが展開されます。この日を待ち望んでいた!というファンの方も多いのでは?
先述のように、クオリティの高いユニット曲がLOONAシリーズの大きな魅力でもあります。完全体デビューに先がけて、5月に公開されたユニット「LOONAyyxy」による『love forever』MVは、ダークな短編映画のような仕上がり。アップテンポな楽曲にこうした陰をしのばせるのが、LOONAVERSE(LOONAの世界観)の特徴でしょう。完全体の活動のみならず、ユニット展開含めて、これからも目が離せないプロジェクトです。
成長に注目!のグループ3組
フレッシュな魅力満載!成長に注目のグループ3組例年ならば新人賞級のグループが数多くデビューしたのが2018年の特徴でしょう。ここでは、伸び盛りの3組をご紹介します。
1月デビュー fromis_9 (プロミスナイン) /To Heart
2017年に放送されたサバイバル番組「アイドル学校」で選ばれた9人によって結成された「fromis_9 (プロミスナイン) 」は、2017年11月のプレデビューを経て今年1月に正式デビュー。デビュー曲となった『To Heart』MVは、番組の学校コンセプトを継承し、制服姿のメンバーたちが学園生活を送る姿を描きます。このころのfromis_9 には、清楚で大人しいイメージがありました。
猫耳カチューシャがめちゃめちゃカワイイ『DKDK』(6月リリース)を経て、10月にリリースされた『LOVE BOMB』では、印象がガラリと変わります。髪の色も衣装も、そして表情もカラフルになって、彼女たちの魅力が大爆発。このグループの魅力は、成長して変化していく姿をファンがリアルタイムで目撃出来ることなのかもしれません。
9月デビュー 公園少女(GWSN)/Puzzle Moon
シックで幻想的なMVが印象的な『Puzzle Moon』を引っ提げてデビューしたのが「公園少女(GWSN)」。2016年デビューの「宇宙少女」、同年デビューの「LOONA・今月の少女」と同時期に音楽番組に登場、3少女が揃い踏みしていたのも話題になりました。このグループには日本人メンバーMIYAさんが所属。ボーイッシュなスタイルとキレのあるダンスで人気を集めています。
MIYAさんのダンスも目を引くのですが、このグループは全体的にキレのあるダンスが印象的です。『Puzzle Moon』と並んで披露されることの多いアルバム曲『YOLOWA』を練習室でパフォーマンスしている動画は、かなりすごい! シンクロ率も素晴らしいのですが、動きのしなやかさ、艶っぽさが新人離れしています。楽曲のアベレージも高く、次のカムバックが楽しみです。
8月デビュー NATURE (ネイチャー)/Allegro Cantabile
日本、中国出身のメンバーも擁する「NATURE」は夏に『Allegro Cantabile』を発表。2018年デビューには「新人らしくない」楽曲を選んだグループも多かったのですが、NATUREは清楚な美少女たちがポップで高揚感のある楽曲で歌い踊るという、王道中の王道な路線でデビューしました。
新メンバーロハさんを迎え、11月には早くも2曲目となる『You'll Be Mine』をリリース。ポップに始まるかと思いきや、突如アゲアゲに振りきれる展開はかなりインパクト大です。大型音楽祭MAMAにも出演、過去の名曲を集めた新人グループメンバーによるリレーダンス動画では、ロハさんが少女時代The Boys』をキレッキレでダンスしたのが印象的でした。このリレーダンスには他にも(G)I-DLE、LOONA、fromis_9、公園少女メンバーが参加しているので要チェックです。
サバイバル番組と縁が深いグループ3組韓国で大流行しているアイドルサバイバル番組。サバイバル番組からデビューしたグループや、参加メンバーを擁するグループが2018年も数多くデビューしました。
5月デビュー UNI.T(ユニティ)/No More
アイドル再起を図るサバイバル番組「The Unit」から生まれた「UNI.T(ユニティ)」には、T-ARA・Dal★Shabet・HELLOVENUS・DIA・SONAMOO・LABOUM・APRIL・THE ARKなどなど、錚々たるグループのメンバー/前メンバーが参加。デビュー曲『No More』は、ヒットメーカー・シンサドンタイガーによるレゲエサウンドに挑戦した意欲的な楽曲でした。
9月に発表された『I mean』は、こちらもヒットメーカーBravesoundによるディスコチューンとかなり音楽性も面白いグループだったのですが、10月に惜しまれつつ解散。番組を通して再起したメンバーの、これからの活躍に期待したいところです。個人的に応援したいのは、THE ARKの解散を経て、ドラマ「THE IDOLM@STER.KR」で主演したイ・スジさん。健気な印象の中に見える陰の部分に、なんだか惹かれてしまいます。
9月デビュー Dewsisters(デュシスターズ)/with you
UNI.Tに参加したイ・スジさんと同じく、「THE IDOLM@STER.KR」に出演していたヨンジュさん&ジョンジュさんという、実の姉妹によるデュオが「Dewsistars」。ヨンジュさんは、サバイバル番組「MIXNINE」にも参加していました。
『with you』は、ゆっくりリラックスできるようなアコースティックサウンドと、透明感のあるふたりの歌声がフィットしています。元The Seeyaのヨンジュさんはクールビューティ、そしてジョンジュさんは女優の久保田紗友さん似の正統派美少女で、ふたりの女優としてのさらなる活躍にも期待です。
11月デビュー AQUA(アクア)/Log In
「PRODUCE48」に出演し、BoA/メリクリのカバーなどで力強い歌唱力を見せたヘソルさんが所属しているのがAQUA(アクア)。この他にもKPOP STAR6、PRODUCE101、MIXNINEなど、オーディション番組・サバイバル番組参加メンバーを数多く擁します。デビュー曲『Log In』は爽やかな楽曲(ちょっとLOONA ODD EYE CIRCLEの『Girl Front』みたいですね)。ただし、残念ながら期間限定ユニットのようです。
まだまだいます!注目ニューカマー
まだまだいます! 要注目の新人グループ15組!2018年は本当にたくさんの新人グループが誕生しました。ここからは少しずつまとめてご紹介します。
清純カワイイ系!DreamNote(ドリームノート)・SATURDAY(サタデイ)
2018年も清純派アイドルは多数デビュー。11月デビューの「DreamNote(ドリームノート)」や7月デビューの「SATURDAY(サタデイ)」はその代表格でしょう。DreamNoteは「MIXNINE」で女性3位に入ったスミンさんを擁するグループ。DreamNote最年少のハンビョルさん、SATURDAYの最年少のユキさんは、そろって2003年生まれの満15才です。これからのガールズグループ・シーンを引っ張っていく年代ですね。
DreamNote/DREAM NOTE
SATURDAY/MMook JJi BBa
シックな大人系!KHAN(カーン)・ShaFLA(シャフラ)
K-POP STAR2出身、元THE ARKのミンジュさんと、同じくTHE ARKのメンバーだったユナ・キムさんによるデュオが「KHAN(カーン)」。楽曲を手掛けたのは、ヒットメーカーBlack Eyed Pilseung。楽曲も実力も折り紙付き! MVも落ち着いた雰囲気を醸し出しています。
そして「ShaFLA(シャフラ 正式にはS#aFLA表記)」のメンバーは、全員アラサーとかなり大人な女性グループ。経験と実力に裏打ちされた、アダルトな音楽性が印象的。MAMAMOOや、DAVICI、Black Eyed Girlsのような偉大な先輩に続く存在になれるでしょうか。
KHAN/I'm Your Girl?
ShaFLA/ DDu-Ru-DDu-PPa-Ra-Ppa
高い音楽性に注目したい6組
CHERRY ON TOP/HI FIVE
楽曲として個人的にイチオシしたいのが「CHERRY ON TOP(チェリ―オントップ)」のデビュー曲『HI FIVE』。ビートもメロディーも楽しい、2STEP感のあるエレクトロニカ・ポップスに仕上がっています。ダンスプラクティス動画も最高で、大音量に乗せたライブパフォーマンスが見てみたい!
Busters/Grapes
厳密に言えば2017年11月のデビューなのですが、2017年新人まとめ記事で取り上げられなかったのでここで紹介させてください。特撮ドラマ「アイドルレンジャー パワーバスターズ」から生まれた「Busters(バスターズ)」のセカンドシングル『Grapes』は、サビの美メロとホーンセクションが印象的。振り付けをSUPER JUNIORのシンドン先輩が手掛けていたりと話題性十分(ダンス動画もあります)。夢眠ねむさん似のチェヨンさんや、最年少13才の美少女ジスさんなど、メンバー的にも強力。このグループ、2019年の注目株かも…。
GIRLKIND/FANCI
PRODUCE101出演のイ・セフンさんが所属する「GIRLKIND(ガールカインド)」は、ガールズヒップホップ系の『FANCI』でデビュー。そして6月リリースの『S.O.R.R.Y』も爽やかなサウンドで、このグループはリリース曲に外れ無しのタイプかもしれません。
AZM/EDGE
「AZM(アズム)」のデビュー曲、『EDGE』はかなり凝った音のシンセサウンド。ほんのりラテンテイストを取り入れたビートも中毒性があります。新人がこんな曲でしれっとデビューするのが韓国ガールズグループの底力でしょう。
NeonPunch/MOONLIGHT
日本でもショウケースを開催済みの「NeonPunch(ネオンパンチ)」は、ガラージュハウスで勝負。正統派テイストのベースラインがまた泣かせてくれます。
Maywish/Hello
「Maywish(メイウィッシュ)」は、ミドルテンポのシティポップス『Hello』でデビュー。しっかりと展開のある楽曲構成で、良い意味でど真ん中ストレートのアイドルポップスに仕上がっていると感じます。ヘリポートで撮影したMVはスケール感も爽快感も高い出来栄えです。一服の清涼剤のような存在ですね。
個性とクセ強め!インパクト大の5組
個性とクセが強め! 大きなインパクトを与える5組
We Girls/On Air
デビューMVからお色気に振ってきたのが「We Girls(ウィーガールズ)」。スタイルの良さはピカイチです。クラウドファンディングで結成されたというこのグループをプロデュースするのは、音楽ユニットHouse Rulez。既に日本でもイベントを開催しています。
Sugar Tint/Heart Ppyong
「Sugar Tint(シュガーティント)」のデビュー曲『Heart Ppyong』は濃厚な80年代サウンド! Wonder Girlsのようなインパクト大のサウンドは、かなり意図的に狙って投下してきたとみるべきでしょう。
PinkFantasy/iriwa
ルックスで大きなインパクトを与えるのは、全員ウサ耳装着の「PinkFantasy(ピンクファンタジー)」。キュートなだけじゃなく、幻想的でちょっと不気味な感じもあって、個人的には映画「ドニー・ダーコ」を思い出しました。ウサギの着ぐるみも正式メンバーだとか…。そしてこのグループの作詞作曲は、SUPER JUNIORのシンドン先輩が手掛けているそう。先輩、働き者です!
PIERCE/GALAXY
先ほどご紹介したBustersもかなり平均年齢が低いですが、こちらはさらに若く、小学生年齢のメンバーが集まったグループ「PIERCE」。グループを運営しているのが子役タレントのマネージメント会社のようで、このあたり日本のアイドルシーンとかなり近しいものを感じます。
Honey Popcorn/Bibidi Babidi Boo
一転して、こちらはかなりアダルトなグループ。日本の人気セクシー女優である三上悠亜さん、松田美子さん、桜もこさんの3人で結成され、韓国語で歌唱しているのが「Honey Popcorn(ハニーポップコーン)」。アイドルとしての経験もある3人ということで、歌もダンスも本格的、楽曲もしっかりしています。惜しむらくは、お国柄の違いにより韓国ではほとんど活動出来ないこと。そして、12月23日に松田美子さんがグループ卒業を発表しました。
既存グループからも続々登場! ユニット6組2018年は、既存グループからのユニットデビューが多かった1年でもありました。最後に6組ご紹介しましょう。
意外な化学反応が発生!コラボグループ2組
スルギ(Red Velvet)Xシンビ(G FRIEND)XチョンハXソヨン((G)I-DLE)/Wow Thing
2018年のベストコラボレーションは、人気グループから3人、そしてPRODUCE101出身で精力的にソロ活動を続けるチョンハさんによるコラボ曲「Wow Thing」でしょう。ヒップホップ濃度の高いトラックの上を、4つの個性が交差していきます。ここでも目立っているのはラップを担当する(G)I-DLEソヨンさんのフロウ。彼女は今年のMVP級と言っていい活躍ぶりだったと思います。
WJMK/STRONG
宇宙少女(WJSN)とWekiMeki(ウィキミキ)によるコラボグループ「WJMK(ウジュミキ)」による『STRONG』は、原色が印象的。美女集団宇宙少女でもひときわ目立つソラさんとルダさん、I.O.I→WekiMekiという経歴を持つユジョンさん、ドヨンさんという4人の魅力が詰まったキュートなMVに仕上がっています。
OH MY GIRL BANHANA/バナナが食べれないサル
Secret Garden』で初の音楽番組1位を獲得し、人気が本格化しつつある「OH MY GIRL(オーマイガール)」からはヒョジョンさん、ビニさん、アリンさんによるユニット「OH MY GIRL BANHANA(オーマイガール バナナ)」が誕生。8bitサウンドを取り入れた元々キュートな楽曲ですが、日本語ヴァージョンはさらにカワイイ!
PRISTIN V/Get It
AFTERSCHOOLなどで知られる事務所PLEDISが2017年に送り出した「PRISTIN(プリスティン)」ですが、残念ながら2018年のリリースは無し。しかしながら、メンバーのうち5人によるユニット「PRISTIN V(プリスティン ブイ)」を始動させました。BPM遅めで力強く進行する楽曲に、ガールクラッシュなファッションの5人が絶妙にマッチしています。「世界で最も美しい顔」にランクインしたキョルギョンさん、いつ見ても麗人です…。
gugudan SEMINA/SEMINA
宇宙少女、WekiMeki、PRISTINと同様、元I.O.Iメンバーを擁する「gugudan(ググダン)」も、元I.O.Iのセジョンさん&ミナさんにナヨンさんを加えてユニット「gugudan SEMINA(ググダン セミナ)」を発足させました。元I.O.Iメンバーがそれぞれのグループで奮闘していたのも、2018年の特徴かもしれません。
FANATICS-FLAVOR/MILKSHAKE
PRODUCE48参加者から、早くもデビュー組が現れました。少女らしい可憐なルックスにそぐわぬ力強いラップで印象的だったキム・ドアさんが、「FANATICS-FLAVOR(ファナティクス フレイバー)」としてユニット先行デビュー。これからFANATICS本体が徐々に明らかになっていくようです。中国語版もあり、かなり早い時期から国際戦略を考えていることがうかがえます。
Girls' Generation-Oh!GG /Lil' Touch
2018年にユニット始動したと言えば、少女時代からのユニット「Girls' Generation-Oh!GG」もその1組。現在でもSMエンターテイメントに所属する5人が、大人の女性らしいサウンドとパフォーマンスで魅了してくれます。新人特集でレジェンドに触れるのも不思議ですが、5人という人数でのパフォーマンスにも新鮮味があります。ただ、2017年に事務所を離れた3人も、まだ少女時代のメンバー。いつかまた完全体で迫力満点のパフォーマンスも見てみたいところです。
注目の新人グループばかり! K-POPガールズ・グループの2019年はどうなる?ずらっと2018年に始動したK-POPガールズ・グループを30組ご紹介してきました。ともかく層が厚かった2018年組、これからどんな活躍を見せてくれるか、全世界が注目していることでしょう。中でも、IZ*ONEと(G)I-DLEにはシーンをけん引していってほしいと思います。
また、すでに2019年デビューがアナウンスされているグループもあります。大人気グループ「AOA」を生み出したFNCによる「Cherry Bullet(チェリーバレット)」は、日本人3人と台湾人1人を擁する多国籍グループ。PRODUCE48で歌唱力とリーダーシップを見せ、大活躍したヘユンさんも所属しています。既に公開されている動画では、全ガールズグループのお手本となる「少女時代」の『まためぐり合う世界』をカバー。ダンスだけではなく生歌が聴けるのも嬉しいところ。今からデビューが待ち遠しい!

ウレぴあ総研