撮影:Kim Daun(STUDIO DAUN)

撮影:Kim Daun(STUDIO DAUN)

【Golden Child】INFINITEやBTSから
学んだこととは? インタビューこぼ
れ話も

雑誌『韓流ぴあ』にて連載『Golden Childと過ごすGOLDEN TIME』が大好評のGolden Child。本誌では、3rdミニアルバム『WISH』にまつわるインタビューを掲載。WEBでは、本誌未掲載インタビューを公開! メイキングと合わせてお楽しみください!!

撮影:Kim Daun(STUDIO DAUN)雑誌『韓流ぴあ』9月号から連載中の『Golden Childと過ごすGOLDEN TIME』が大好評のGolden Child。この10月に韓国で3rdミニアルバム『WISH』をリリースし、12月現在、後続曲『너만 보인다(I See U)』で精力的に活動中! 『韓流ぴあ』1月号(12月20日発売)では、連載とは別に、アルバムの魅力についても語ってもらっています。WEBでは取材時の様子を交えて、本誌に載せられなかったこぼれ話を余すところなく公開します!
【画像】EXOのライブの写真を一覧で見る
取材が行われたのは11月某日、韓国・ソウルのスタジオ。10人は予定よりも早めにスタジオ入り。『Genie』の活動中とあって、ちょっぴりお疲れモードかな? と思いきや……みんな元気いっぱい爽やかに「アニョハセヨ~!」と笑顔で現れ、とたんにスタジオがにぎやかになりました。
ホームでの取材だからか、日本で取材をする時よりみんなリラックスモード。和やかな雰囲気で取材スタートです。まずは写真撮影から。『WISH』でのちょっと大人になったイメージに合わせて、気だるさを漂わせたクールな表情をメインに撮影。カメラマンの要求に応えて、次々とポーズを変え、表情を作っていくのですが……何かが笑いのツボに入ってしまったメンバーたち。Yくんを筆頭に笑いが止まらなくなる場面もあり(笑いって伝染しますよねー)、こみあげる笑いをこらえながら表情を作っている場面もありました。
インタビューでは、撮影のイメージとガラリ一変。おもむろにふざけはじめるジェヒョンくんとTAGくん。横腹をつつきあったかと思えば、スンミンくんの話に聞き入るTAGくんの横顔をジェヒョンくんが超至近距離でじーっと眺めたり、イチャイチャしっぱなし!(大好きすぎる!?) そして、次第にそのいたずら心はほかのメンバーたちにも伝染し……。特にみんなドンヒョンくんいじりが楽しかったようで、何かとドンヒョンくんをいじっていました(特にデヨルくん!)
そんな中、一人だけ飲み物も飲まずに質問に答える真面目な末っ子ボミンくん。「お水でも飲みますか?」と聞くと、「大丈夫です」と天使の笑顔(キラリン★という効果音が聞こえました!?)。でもその後、日本語の記憶をたぐり寄せるように、日本語で「ミ……ミズ……ミズ」と連発していたのはここだけの秘密です(笑)。
取材中は、スタッフが日本から大量に持ち込んだ日本のお菓子をもぐもぐ。お菓子の写真を撮ったり、珍しい味にオーバーリアクションで感動したりと、大盛り上がり。人気だったのはどれでしょう? この詳細は、本誌“はみ出し”をご覧下さい♪
そして、取材の合間には、TAGさんは顔なじみになったスタッフみんなに話しかけてくれました。久しぶりの再会を喜ぶような表情で「会えなかった間、よく過ごしてたんですか?」。……ちょっと惜しい日本語(だからこそ、もっとキュン♪)で。実は、TAGさんは、日本のスタッフが読むからということで、アンケートもすべて日本語で記入してくれていました。すごいですね!!
大人コンセプトが似合うのは?
このインタビュー……アルバムやリード曲『Genie』に関する話は本誌にたっぷり載せたので、ここでは本誌に載せられなかった“オトナ”をテーマにした話の数々を紹介します。
デビューからずっと、はつらつとした姿を見せていたゴルチャですが、実は、メンバーたちは「ずっと大人っぽいコンセプトをやりたかった」んだそう。その願いが叶い、3rdミニアルバムはパフォーマンスもビジュアルも、少年っぽさを抜け出して、寒い季節の似合う“青年”に変身! 新たな魅力を見せています。特に今回のコンセプトに似合うのは誰だったのでしょうか?
――メンバーの中で、特に大人コンセプトが似合うと思うメンバーは誰ですか?
ボミン:やっぱりグループの最年長、デヨルくんです。ミニアルバムのジャケット写真を見た時に、「ああかっこいいな。さすがデヨルくん!」と思いました。
デヨル:(ニヤリとして)特に今回のアルバムのために準備したことはなかったんですけど……僕の中にある大人の魅力が自然に漏れてしまったんですね(笑)。
メンバー一同:(ザワつく)
ジボム:僕は、TAGくんがぐっと外見が大人っぽくなったと思いました。今回、TAGくんは僕と同じように前髪をあげたんです。その姿が新鮮な感じがしましたし、大人っぽい雰囲気も似合うんだと知りました。
ジュチャン:ジェヒョンくんも、今までは爽やかな姿が目立っていましたが、切ない男の哀愁のようなものも感じられるようになりましたね。ジェヒョンくんはどう思う?
ジェヒョン:(照れながら)えへへ。今回、パーマをかけて色もグレーに変えたんです。それがよかったのかな、と思います。
TAG:もうすぐ成人するボミンくん(数え年で来年20歳)は、最近急に発言や行動が大人になったと思います。僕の方がお兄さんですが、ボミンくんから学ぶことも多いです。
ドンヒョン:僕もボミンくんだと思います! 末っ子だけど、最近、末っ子じゃないような振る舞いをするんです。顔つきも大人になったような?
ボミン:(自信満々に)そうですね。僕が大人になった証拠に、最近アイスアメリカーノを飲み始めたんです!
メンバー一同:(大爆笑)
ジャンジュン:そこ!?
デヨル:でも、最近本当にハマってるよね。今日、取材が終わったら僕にアイスアメリカーノをおごってくれるらしいです(と言って肩をポンポン叩く)
ボミン:(苦笑)ええ!? まあ……考えておきます。
まだまだ子どもなのは?
――逆にまだまだ子どもだな、と思うのは誰ですか?
ジボム:性格でいえばボミンくんですね。いたずらしたり、愛嬌を見せたり、甘えたりするところは子どもというか、赤ちゃんです。背はメンバーみんな負けてますけど(笑)。
(ボミン、背の高さをアピール)
ジャンジュン:見た目ではドンヒョンくんもまだまだ少年らしさが残っていますね。笑った時の目が無垢な少年みたいで可愛いです。
ドンヒョン:にこここ
ジャンジュン:はい、これです。
ボミン:僕はスンミンくんだと思います(笑)。ジャケット撮影でも思ったんですけど、スンミンくんは見た目が本当に昔と変わらないんですよ。
Y:そうだね。スンミンくんはまだ“男”になるには時間がかかりそうだね(笑)。自分でも「僕が一番可愛い」と思ってると思う(笑)。
スンミン:!?!?
Y:でも、ステージの上ではサンナムジャ(男の中の男)という感じの表情を見せたりもするんですよ。そういうアンバランスさが魅力な……のでは……ないかと……(笑って話せなくなる)フフフフフ。すみません。やっぱり嘘はつけません(笑)。
スンミン:メンバー全員が成熟した男になってしまったらつまらないと思うんです! 何人かはまだ可愛らしさを残しておかないとっ! その役割を僕とドンヒョンくんが担当しているんですよ!
デヨル:そういうことにしておきましょう(笑)。
先輩のパフォーマンスから学んだ
――アルバムの中で、特に大人っぽいナンバーといえば『Listen』。歌う時に気を付けていることは?
ジボム:この曲はカップルなら一度は経験したことがあるであろう倦怠期を語る曲です。悲しげで切ない表情をして歌っているのですが、一歩間違えると怒っているように見えてしまうので気を付けました。
ジュチャン:そうそう。はかない感情を表現するために表情の練習をたくさんしました。
TAG:僕たち、経験が足りなくて、寂しげな表情は少し難しかったです。
スンミン:実体験は乏しいですが、映画やドラマなどで見た経験を生かしました。僕は最近見た『君の結婚式』という映画から多くのインスピレーションを受けた気がします。
ボミン:僕は『ビューティーインサイド』という映画を見て、イメージをふくらませました。
ジボム:あとは、曲を聴いてイメージトレーニングしたり、ロイ・キムさんの『僕たち終わりにしよう』とか秋に合う別れの曲をたくさん聴きました。
Y:INFINITE先輩の曲には落ち着いたダンディな男性が主人公の曲が多いので、先輩の曲から感じ取るものも多かったです。他にも、男のセクシーさをBTS(防弾少年団)先輩方のパフォーマンスから学んだりもしましたね。
デヨル:はい。本当に“いい男”な表情とパフォーマンスをしているんですよ。なので、皆さん~~!(セクシーな声で)トゥロジュルレ(Listen)?
メンバー一同:ひゃ~!!!(絶叫)
12月20日発売の雑誌『韓流ぴあ』1月号では、連載はもちろん、このインタビュー完全版のほか、パーソナルアンケートや2019年の抱負漢字一文字も公開。そして、メンバー直筆サイン入りアルバム『WISH』のプレゼントも! さらに、綴じ込みポスターにも登場……と、ゴルチャづくしの1月号をぜひ、チェックしてくださいね♪

ウレぴあ総研